目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【142話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は142をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

142話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【141話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は141話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 温室のイチゴ

健康状態が悪かったとしても、彼はまだウェスティンの侯爵。

もしそれが慢性疾患だったら、彼はずっと前にそれに気づいていたでしょう。

骨折のようなある種の怪我だったら、彼らはそれを世話することができる専門の医者か司祭を持っているはず。

彼がわざわざ司祭や医者に連絡をせず、結婚式の準備のために治療を諦めると言ったと考えるのは無意味だ。

また、明日はロンの結婚式の日。

皇帝だけでなく、多くの貴族が結婚式に出席するように設定されている。

もちろん、ブレイクと私も出席する予定だ。

ウェスティン侯爵が重病で、レディ・ウェスティンが父親のために結婚を急いでいたとしても、リチャードは明日は不可能だと言って反対したでしょう。

リチャードが良い評判を取り戻したいのであれば、その日は非常に重要なのだから。

明日の日付を設定する理由はなく、代わりにロンの結婚式に出席したために多くのゲストが表示されなかったため、彼の評判を失うリスクがある。

何か奇妙なことが起こっていると確信した。

 



 

ジェイデンが突然私に「殿下、何か心配がありますか?」と尋ねたとき、私はまだ考えを失っていました。

「い、いいえ」

首を横に振る。

結局、ジェイデンは私の護衛になりました。

騎士たちの混沌とした雰囲気を見て、エドンは状況を処理し、ジェイデンを私の護衛に任命したのだ。

もちろん、私も同意しています。

「ジェイデン、本当に良かったの?」

「どういう意味でしょうか?」

「皇太子を護衛したかったから、帝国騎士団に加わったはずなのに、代わりに私の護衛に割り当てられました」

「いいえ、とても光栄です。私は気にしていませんがですが、時々、背中にたくさんの視線を感じることがあります・・・」

「え?」

「いいえ、何でもありません」

ジェイデンははっきりと言わなかったので、私は彼が最後に言ったことを理解すること
ができませんでした。

「ねえ、ジェイデン」

「はい、殿下」

「・・・私がいなくなっている間、ダイアナはどうしていたの?」

ダイアナは彼女がうまくやっていると言っただけで、他の誰も彼女について正直に私に話していない。

彼女は本当はどうだったのだろうか?

ジェイデンなら正直に話してくれるでしょう。

「彼女は勇気があり勤勉です。決して諦めず、友達に親切です」

ジェイデンの答えを聞いて少し安心しました。

ダイアナは悲しむのにあまり時間をかけなかったようだったので、私は嬉しくなる。

「ダイアナは非常に自信があり、自然に人々を導く能力があるので、誰もが彼女を好きです。彼女は特に女性に人気がありました」

「男性には人気がなかったのですか?」

「分かりません。ですが、私は彼女が好きです」

その言葉に、私は驚く。

彼はダイアナが好きだと告白しましたか?

「ダイアナが好きなのですか?」

「はい」

ジェイデンは単調に答える。

彼は友達としてダイアナが好きだと言っているのでしょうか?

彼の口調を考えればそうだったのだろう。

「殿下が戻ってきたとき、私はとても幸せでした。ダイアナがあなたをどれだけ逃したかを見ていましたから。あなたが戻ってきたと聞いてすぐに、私はあなたの許可なしにダイアナに連絡をしたのです」

「でも、あなたは前に彼女に話しませんでしたよね?」

ジェイデンは、セルが私になりすまして現れたとき、ダイアナに連絡していないはず。

「正直なところ、私は以前彼女を疑っていました。陛下の反応は冷たすぎましたから。不確かな情報でダイアナを失望させたくありません。ですが、戻ってきたときは、今回は本物だと思いました。私はあなたの許可なしに誰にも言えないことを忘れて、ダイアナに話しました。申し訳ありません」

「いいえ、あなたのおかげで、私はダイアナに会うことができました」

「彼女が幸せだったので、私も幸せでした」

ジェイデンはさらに大きく笑う。

ダイアナの単なる考えは彼を笑顔にするのに十分なのでしょうか?

それは私の仕事ではなかったので、私はそれをただ仮定するべきではない。

しかし、この時点で、私は確信していた。

「ジェイデン、あなたは・・・」

「はい?」

「ダイアナについてどう思いますか・・・?」

「彼女は私の良い友達です」

 



 

「アンシア」

アモリア宮殿に入ると、ブレイクが私を待っているのが見えた。

「どうしたのですか?寒かったでしょう」

「妻がいなくて寂しかったです」

彼は大きな笑顔で私の手を取る。

「それで、何をそんなに真剣に話していたの?」

「私はダイアナについて尋ねていました。ジェイデン卿はダイアナと友達ですから」

「分かりました。次回はぜひお聞かせください」

ブレイクは明るく微笑んでジェイデンの手を握った。

その瞬間、ジェイデンの顔が青ざめる。

どうしたの?

彼は緊張しましたか?

「わ、私は失礼します」

ジェイデンは頭を下げ、逃げるかのように素早く向きを変えた。

「ジェイデン卿に何かしたことはありますか?」

私が彼にそれを尋ねたとき、ブレイクは首を横に振る。

「いいえ、もちろん違います。私はいい人ですから」

ブレイクは微笑んで私の手を握った。

「温室に行きましょう。見せたいものがあります」

「分かりました」

私は彼と一緒に温室に入る。

すると、温室の片側に咲く白いバラが目に留まりました。

昨日ブレイクに種を蒔いて、1日で育つなんて。

「ブレイク、あなたはこれをやりましたか?」

「はい、昨日あなたが教えてくれたことを練習しました」

私は昨日ブレイクに植物を育てる魔法を教えました。

しかし、彼は魔法を完璧にマスターしたので、たった1日で開花させたようだ。

「すばらしいわ!メイジでさえこれほど速く学ぶことはできませんでした!」

「妻が良い先生であることに感謝します」

「いいえ、これはあなたの生まれながらの才能です!なんて天才なんでしょう!」

「ええと・・・、私は違います」

ブレイクの顔はほんの少しの褒め言葉で赤くなった。

彼が背を向けているのを見るのはとても可愛いです・・・。

「練習するのに苦労しましたよね?」

彼は一人で練習するのに疲れていたに違いない。

「いいえ、今日も学ぶことができます」

「やりすぎないでください。急ぐ必要はありません」

「そうではありません。妻から学ぶのが好きです」

ブレイクは微笑んで私の目を覗き込んだ。

私は彼の銀色の髪に軽く触れた。

あまり強く押したくなかったので、昨日彼と一緒に学んだことを振り返ることに。

ブレイクはマナを使って少し前に植えられた木にイチゴを出現させた。

私はイチゴを選んで彼の口に入れる。

彼がイチゴを食べたとき、彼の口は膨らみ、その光景は私たちの子供時代を思い出させた。

彼はとても可愛いです。

彼はまだ年齢とともに変わらない若々しい顔を浮かべていた。

「味はいかがですか?」

「妻のイチゴは甘くて美味しいですが、私のものは少し味気ないです」

「それは何の関係もありません。魔法はイチゴを育てるだけです。この魔法は、もともと短期間でゆっくりと成長する作物を育てるのに使用されますから」

「分かりました」

「あなたは一生懸命働かなければなりません。それらに水をやるだけでなく、マナもコントロールする必要があります」

ブレイクの手を握ってマナを流す。

「くすぐったい?」

「少し」

「これが、作物全体にマナを届ける方法です」

「はい、やってみます」

ブレイクは発芽したばかりのイチゴにマナを注入した。

魔法を勉強するとき、彼はいつも真面目です。

イチゴは大きくなり始める。

少し前より小さかった葉っぱが緑になり、元気いっぱいに。

ブレイクがマナに心を集中させたとき、彼の額に汗の滴が形成される。

私は彼の額をハンカチで拭うと、彼の肩は震えた。

彼は照れているのでしょうか?

彼はとても動揺したので、私は面白くなって彼の耳たぶをこする。

今回、ブレイクはさりげない反応を示しましたが、私は彼の耳がどんどん赤くなっているのを見ました。

夜は獣のように振る舞っていたので、こんなに軽いタッチで恥ずかしい思いをするのがとても可愛かったです。

「つ、妻!?」

彼は赤い顔で叫んだ。

「私の夫の耳はとても綺麗です」

「そ、そんな風に触られると・・・、恥ずかしいです・・・」

ごふ・・・!

真っ赤な顔を見たとき、私はもう我慢できなかった。

ブレイクは大陸全体で一番可愛い人です。

最後に、私はコントロールを失い、彼をしっかりと抱きしめました。

「つ、妻・・・!」

ブレイクは恥ずかしがる。

私は完全に彼に寄りかかって、私が土に落ちないように彼は私を支えてくれました。

「私の夫はとても可愛いです!」

「本当に?」

「はい!」

「・・・まだ長い道のりのようです」

「え?」

「いいえ、何でもありません」

ブレイクは首を横に振り、彼はイチゴを拾い上げて私の口に入れた。

「アンシア、どうですか?」

「美味しい」

「本当に?」

「はい」

彼は別のイチゴを選び、自分で試した。

「それはあなたのものと比較してまだ不足しています」

私が作ったイチゴはまだずっと甘かった。

それでも、それは最初に比べて素晴らしい発展です。

「まだ2回目です。すぐに上達するわ」

私は不機嫌なブレイクを慰めた。

しかし、私は礼儀からそれを言ったわけではない。

彼は本当に魔法に対して自然な才能を持っていました。

 



 

ダイアナの気持ちも気になりますね。

ジェイデンは友達と言っていますが、実際はどうなのでしょうか?

アンシアとブレイクは相変わらずの仲の良さ。

リチャードの問題が早く解決されることを願っています。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【143話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は143話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...