目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【141話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は141をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

141話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は140話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • リチャードの動向

確かに、この3人が来なかったら、次のターゲットはテステオンでしょう。

皇后陛下の席は長い間空いていた。

テステオンには皇后や側室がいなかったので、皇帝の二度目の結婚を自分たちで確保したいという人が多いのだ。

チェルシーによると、テステオンは、何人の貴婦人が彼らに恋をしたかという点で、ブレイクに次ぐものでした。

もしこれらの3人が明日欠席した場合、テステオンは彼の再婚について尋ねられるでしょう。

テステオンがパーティー中に腹を立てるのは難しいだろう。

ですが、彼はそれらの3人を盾として使用することを計画していた。

お父様はとても悪い上司です!

私がテステオンをちらっと見たとき、彼は私の前に別のデザートを置く。

「アンシア、食べて。スタミナを取り戻すにはたくさん食べる必要があります」

「はい、お父様」

チーズケーキをスライスする。

チーズケーキが口に入るとすぐに溶けて、美味しいチーズの味が五感を刺激しました。

「とても美味しいです!」

テステオンは私に微笑んだ。

「お父様、あなたも食べてください」

「私はあなたを見ているだけでお腹がいっぱいです」

彼がお菓子が好きではないことを知っていたので、私はそれ以上主張しないことにした。

一人でデザートを全部食べたので、お腹が爆発するような気分に。

運動したほうがいいと思ったのですが、とても寒くて震えてしまう。

少し歩いてすぐ目の前の図書館に入った。

「殿下」

「コリン!」

コリンを見たとき、私はすぐに彼に挨拶する。

「あなたはここで本を読んでいたのですか?」

「ええ、そうです」

「コリンはよくここに来るのですか?」

以前に研究に行ったとき、私は彼に会いませんでした。

彼は図書館にいたに違いないでしょう。

「はい、今日は仕事をそろそろ仕事を終わろうと思っています」

「こんなに早く?病気ですか?」

まだ時間は早い。

その上、研究にはたくさんの文書が積み上げられているようでした。

私は彼が病気かどうか心配したが、コリンは首を横に振る。

「いいえ、私は病気ではありません」

「じゃあ・・・?」

「明後日の件で」

「ああ・・・」

コリンの言葉の意味に気づき、私はうなずいた。

彼は意図的に仕事を遅らせていたのだ。

「ロンの結婚式に出席しないの?」

「はい、その通りです」

彼は躊躇うことなくしっかりとうなずく。

「ですが、お父様はあなたが私たちと一緒に来ると言いました」

「私は行きません。私は決して行きません」

彼は決心した表情で話す。

コリンはしばしばテステオンに泣き言を言ったことはあるが、陛下の命令を拒否する日が来るとは思ってもみませんでした。

このような彼を見ると、彼は本当に行きたくなかったようだ。

「コリン、私はあなたがあなたが望むものを手に入れることを願っています」

誠実に伝える。

彼はとても哀れだったから。

テステオンは彼を結婚式に引きずり込み、彼が行きたくなかったとしても彼を盾として使うつもりでしょう。

お父様が何を言ったとしても、私はコリンの味方です。

「ありがとう、殿下」

彼は感謝の気持ちを伝えてくれた。

コリンがこんな風になっているのを見たことがない。

私が彼の味方に立ったことに本当に感謝しているようです。

「コリン、彼女についてのニュースはまだありませんね?」

光の女神であるセルは、ブレイク、テステオン、コリンと私だけが知っていた秘密。

今のところ周りには誰もいませんが、念のため、名前を伏せて尋ねる。

「いいえ、まだ何もありません」

「椿孤児院はどうですか?」

椿とは、リチャードが所有していた孤児院の名前。

その場所は、セルが最初に現れた場所でもある。

「孤児院にもいません」

テステオンは、偽のアンシアを連れてきたとしてリチャードを調査したが、すぐに彼を解放した。

リチャードはセルの存在をまったく知らない。

彼はセルが本当に私だと思ったので彼女を宮殿に連れてきた。

しかし、それも嘘かもしれません。

セルファニアがリチャードの元を訪ねた理由が正確に分からなかったので、私はまだ警戒していた。

私の過去の人生について話すつもりはありませんが、リチャードがフィリップであることは彼らに知らせている。

今も、彼がどんなことを計画しているのか分からないのだから。

闇の扉から出た後も、セルはフィリップについて長引く感情を持っているかのように話していたし・・・。

「手がかりがあれば、すぐにお知らせします」

「はい、お願いします」

最初は、セルが私の目の前に現れるのを静かに待つつもりだった。

けれど、私の心の不安は高まり続けている。

 



 

宮殿は明日から大規模な修理が予定されていた。

7年間空いていたので、修理する場所がたくさんあるらしい。

もともとは欠陥を修理するだけのはずだったが、ブレイクとテステオンの強い主張から、すべてを修理することにしたそうだ。

最後にもう一度修理するもののリストをチェックして、チェルシーに渡す。

「じゃあ、続けましょう」

「はい、殿下」

自分の体に戻ってからそれほど長くはありませんが、すでにやるべきことがたくさんある。

チェルシーは機知に富んでいたのでとても頼りになります。

セフィア宮殿の修理が完了し、再び王女として働き始めた後、私はチェルシーを公式のアシスタントとして選ぶことを計画していた。

彼女はメイドというよりは助手に近い。

「実は昨日、椿孤児院に行きました 」

チェルシーは昨日私に休日を求めていたので、その時彼女はリチャードの孤児院に行ったのでしょう。

「どうでしたか?」

「施設はとても良かったです。彼らはそこで子供たちに読み書きの仕方を教え、そして彼らに素晴らしい食べ物と衣服も提供していました」

「そうですか・・・」

コリンも同じことを言っていた。

万が一に備えてリチャードを監視し続けているが、問題はないようです。

彼は花にちなんで孤児院を椿と名付けました。

結局のところ、リチャードは母親のお気に入りの花にちなんで孤児院に名前を付けたのでしょう。

それは私がリチャードが変わったと信じていたということではありません。

彼の細心の注意の性格のため、彼は彼自身の施設で違法な活動をしなかっただろう。

たとえ彼が何か悪いことをしたとしても、皇室が彼を監視している間、彼は彼の名の下にあった孤児院で悪事を働いていないはずだ。

けれど、彼がロウム族の血の子供たちさえ受け入れたのは少し驚きだった。

「ですが、ロウム族の子供たちの扱いにはわずかな問題があります」

「彼らは差別されていますか?」

「そうではありませんが、他の子供たちはロウム族の子供と遊ぶことにかなり消極的であるように見えました。彼らは別々のグループを形成しています。それと・・・」

「それと?」

チェルシーがどんなに賢くても、1回の短い訪問で子供たちの関係を把握するのは難しいでしょう。

「戦いがありました。ロウム族の子供です。彼は怒り、すぐに肉体的な戦いに変わりました。教師たちはショックを受け、すぐに彼らを止めたのですが・・・」

「誰かが怪我をしましたか?」

「はい。すぐに終了した可能性がありますが、ロウム族の子供は止められるまで殴ることを止めませんでした。それはカルオという名前の小さな男の子です」

チェルシーによると、それは本当に子供たちの間の喧嘩のようです。

リチャードが何かをしたようには見えません。

しかし、実際に見ていないので、簡単に結論を出すことができない。

「彼らが喧嘩をしていた時、リチャード・カシルは子供たちと一緒でしたか?」

「いいえ、彼はそこにいませんでした」

最近孤児院に立ち寄っていたそうですが、偶然にも昨日は来ていないらしい。

セルが彼を隠したのか、結婚の準備で忙しかったのかは分かりませんが、最近、ウェスティン侯爵が家から出てこなかったと聞いている。

 



 

「ああ、それとリチャード・カシルの結婚式の日付が前に進められました」

チェルシーの言葉を聞いて驚く。

「いつですか?」

「明日です」

「明日?どうして?」

「ウェスティン侯爵が危機的な状態にあると言われています」

原作の内容を思い出す。

ウェスティン侯爵は、小説の後半まで登場しなかった人物だ。

彼が健康状態の悪さや慢性疾患に苦しんでいるという説明は一行もなかったはず。

そのような人が突然危機的な状態に陥った?

チェルシーは、ウェスティン侯爵が突然危機的な状況に陥ったと話している。

だから早く結婚式を開くと。

一見もっともらしいように聞こえましたが、疑わしいことがたくさんあります。

 



 

リチャードの結婚式。

明らかに怪しいですよね。

ソフィア令嬢は無事なのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は142話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...