目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【139話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は139をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

139話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は138話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • いい人

「暖かいです」

「本当に?」

「ええ。妻の手はいつも暖かいです。当初からそうでした。私があなたの手を握って以来、私の痛みはすべて消えました」

ブレイクは微笑んで笑う。

ブレイクがすべて良くなった今、私はこれを笑顔で言うことができる。

「もっと早くやるべきでした・・・」

その言葉にブレイクは首を横に振った。

「アンシア、そんなこと言わないで。あなたが私と一緒にいるだけで十分です」

彼は握りしめた手を彼の顔に上げ、私の手を彼の頬にこすりつける。

「アンシア、あなたのマナは揺らいでいます」

心拍の変動がマナの流れに影響を与えたようです。

恥ずかしくなって、すぐに手を離した。

「あ、あなたはすでにマナの流れを見ることができるのですね。それは素晴らしいことです!」

ブレイクは無邪気に微笑んで、また私の手を掴んだ。

「アンシア、私のマナはどう?」

目を閉じて、マナが彼の体を流れるのを感じる。

彼のマナはとても純粋に感じた。

呪いが解かれると、大量のマナが彼の体に入った。

それは彼の体を圧倒する原因となるはずなのに、彼は非常にうまく管理している。

やっぱり私の夫は天才です。

しかし、それだけではありません。

彼は子供の頃からそれを制御する方法を学んだに違いありません。

それで、ブレイクは彼のマナを抑制し、コントロールする彼の能力を発達させたのでしょう。

「ブレイク、あなたのマナは純粋でよくコントロールされています。けれど、私はあなたがそれを送る方法を学ぶべきだと思います」

「はい」

ブレイクはそっとうなずく。

彼は先生の話をよく聞いてくれる良い生徒のようでした。

「ブレイク、あなたの心に焦点を合わせてください。そして、私がほんの少し前にしたのと同じように、あなたの指先でマナを集めて、それを私に流してください」

「分かりました」

「最初はうまくいかないかもしれません。落ち着いて時間をかけてください。」

「はい」

しかし、私がそれを言うとすぐに、ブレイクのマナは私の手に流れ込む。

「凄いわ、ブレイク!」

「アンシア、私は良い仕事をしましたか?」

「はい、あなたは素晴らしい仕事をしました!私の夫は天才です!」

ブレイクはすぐに適度な量のマナを出すことができた。

熟練した魔道士だけがこれを行うことができます。

過去の経験に関係なく、ブレイクは本当の天才でなければなりません!

「えへへ・・・」

ブレイクは恥ずかしそうに笑う。

彼は小さな褒め言葉で恥ずかしくなったようだ。

彼はとても可愛いです!

「ブレイク、今感じたマナの波長と流れを思い出してください。私たちのマナは同じソースから来ているので、いつでもお互いを見つけることができます。もちろん、多くのトレーニングが必要ですが、私の夫はすぐにそれを行うことができると信じています」

「はい。アンシア、私は最善を尽くします」

私が彼の頭を撫でると、ブレイクは明るく微笑んだ。

「ブレイク、私はいつもあなたのそばにいるので、もう緊張しないでください。騎士に謝罪しますね」

ブレイクが善意でそれをしたとしても、彼は騎士同士の戦いに巻き込まれて彼らを傷つけるのは間違っています。

「・・・」

私がもう一度言ったとき、ブレイクは何も言わなかった。

「ブレイク、私は良い人が好きです」

私がそう言ったとき、彼はすぐにうなずいた。

「分かりました、アンシア。私は良い人なので、あなたの言う通りにします」

 



 

ブレイクが騎士に会いに行く途中。

アンシアと一緒にいた時からの無邪気な表情は跡形もなく消え、冷たさだけが表情から染み出していた。

訓練中の騎士たちはブレイクを見て挨拶をする。

彼の冷たい表情を見て誰も驚かなかった。

彼はいつもそうだったから。

ブレイクは彼の後ろに立っていたアレックスを見る。

「アレックス、あなたの手はどうした?あなたが私に言ったら、私はあなたを治療したでしょう」

アンシアの護衛を選ぶために試合を終えた後、ブレイクは負傷したすべての騎士を治療している。

「あ、はい。少し前にトレーニング中に転んで・・・」

アレックスは恥ずかしそうに頭をかいたが、内心はとても動揺していた。

ブレイクは、それほど目立たなかったにもかかわらず、自分が怪我をしていることに気づいたのだから。

ブレイクはアンシアに会って戻った後、突然気を配り出した。

「ここに来てください」

「はい、殿下」

アレックスはすぐに彼に近づく。

ブレイクはアレックスの状態を見て、腫れた手首に手を置く。

アレックスは驚いて手を離した。

「いいえ!大丈夫ですから!」

ブレイクは再びアレックスの手を引く。

「殿下・・・」

アレックスはブレイクの行動にとても感動する。

他の騎士もそう思っていた。

この冷淡な人が突然彼らに何らかの愛情を示したとき、彼らは皆感動したのだ。

ブレイクは落ち着いて話す。

「そのように動揺されると、妻が誤解してしまいます」

アレックスは固まる。

しかし、雰囲気を弱めた人は彼らの反応に注意を払わず、アレックスの治療に集中した。

ブレイクはアンシアに叱られたが、彼女が他の男を心配していたため、彼の気分はさらに悪化していた。

もちろん、彼はアンシアが騎士に特に興味がないことを知っていたが、それでも彼はそれを嫌っていた。

アンシアが彼らの治療をする光景を想像するだけでも嫌だったのだ。

「怪我をしている人は皆、一列に並んでください」

ブレイクは冷たく叫び、治療後にアレックスの腕を手放す。

「い、いいえ。私たちは元気ですので・・・」

騎士たちは辞退したが、ブレイクの視線は冷たくなった。

「今すぐ来てください!」

 



 

秋の天気は気まぐれだ。

昨日は冬が来たかのように寒かったが、今日はまだ夏のように暖かい。

それでも、暖かい秋の太陽を見て嬉しかった。

散歩をしていると、突然、人々のグループを発見する。

それは帝国騎士。

「殿下!!!」

彼らは私を見るやいなや私に向かって走ってきた。

どうしたの?

「こんなところで出会ったなんて信じられません!なんという偶然なんでしょう!ははは!」

偶然?

でもわざと会いに駆け寄ってきたように思えましたが・・・。

「ええ、そうですか・・・」

「最高の気分です!皇太子殿下は今日私の怪我を治療してくださいました!」

「私はとても気分がいいので、トレーニンググラウンドからここまで走りました!」

「皇太子殿下はとても親切です!私の意見では、彼は帝国で最も素敵な男性です!ハハハッハッハ!」

彼らの台本のようなコメントに笑ってしまう。

彼らの笑顔でさえ、彼らが公共サービス広告をしているように見えた。

「そうなのですね」

そっとうなずく。

彼らが真実を語っていることは知っていましたが、それについての何かが奇妙に思える。

途中でも、私は他の何人かの騎士に出会い、そして彼らも彼らがしていることを続ける
前にブレイクについて賞賛を歌う。

何が起こったのですか?

ブレイクは今日騎士を訪ね、負傷した騎士を細心の注意を払って治療したそうです。

彼は私が言ったことを聞いた後、後悔して騎士の状態を見直したに違いありません。

私が幸せな笑顔で皇居に入ると、使用人が頭を下げる。

「殿下、今日は少し待たなければならないと思います」

「陛下に訪問者がいるのですか?」

「そうではありません。陛下は今、騎士団長と決闘をしています」

テステオンがロンと決闘を?

ロン卿は剣の達人だったので、宮殿で最強の騎士と見なされていた。

しかし、人々はロン卿でさえテステオンに比べて不足していると言う。

「彼らがいる場所に私を導いてください」

「はい、殿下」

決闘の現場に近づくと、金属が金属を叩く音が聞こえてきた。

剣術についてはあまり知りませんが、音を聞くだけで緊張してくる。

私は静かに横を歩いた。

テステオンとロンは剣で決闘していた。

私の知る限り、ロン卿はテステオンより若かったのですが、ロン卿の方が年上に見えます。

初めて彼に会ってから気づきましたが、父はとても若く見えました。

それはまるで彼が時間の流れに逆らったかのように。

二人の決闘は思ったよりずっと激しい。

現在、テステオン、ロン、ブレイクは帝国で最高の剣士。

騎士同士の大会やコンテストをよく見かけましたが、この決闘はそれとは違うレベルにあると感じました。

時間が経つにつれて、ロンが遅れ始める。

剣の刃はテステオンの胸の近くに向けられていたが、彼はそれを簡単に躱す。

しかし、その結果、テステオンのボタンの1つが外れた。

「陛下、大丈夫ですか?」

ロンはびっくりしてテステオンに近づく。

「大丈夫だ」

テステオンはボタンをなくした後、シャツを脱いだ。

きゃあ!

かろうじて悲鳴を抑える。

な、なんてことでしょう!

テステオンは10年前より素晴らしく見えました。

いいえ、どうすれば彼はさらに良く見えるでしょうか?

当時で既に完璧だと思っていたのに。

「続けましょう」

「はい、陛下」

二人は再び決闘を続けた。

以前よりも激しかったのですが、テステオンに気を取られて戦いに集中できません。

その時、突然大きな手が私の目を覆う。

「妻、何をしているのですか?」

驚いて振り返った。

「ブレイク・・・」

「アンシア、何を見ていましたか?」

「け、決闘です」

ええ、私は戦いを見ていました!

だけど、どうしてこんなに緊張したのでしょうか?

私は真実を語っているはずなのに。

ブレイクはテステオンとロンの決闘をじっと見つめ、低い声で話す。

「先に戻りましょう。私たちは彼らを邪魔することはできませんね?」

「ええ・・・」

 



 

ブレイクの独占欲がますます大きくなっていますね。

7年も経っているはずなのに若く見えるテステオン。

アンシアがテステオンに夢中になっているのがブレイクにバレたのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は140話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...