目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【137話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は137をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

137話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【136話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は136話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side リチャード③

その後、ソフィアはリチャードの孤児院を頻繁に訪れるように。

彼女はリチャードに完全に惹かれて、彼の言うことを何でも聞いた。

彼女を洗脳する必要はないでしょう。

「リチャード、私はそれを送りませんでした。本当です。信じてください」

リチャードが何も言わなかったとき、ソフィアは泣き出す。

彼女はとても迷惑だが、それは今では重要ではありません。

婚約解消を止めることが今は優先なのだから。

「知っています。あなたのお父さんがやったのでしょう」

「その通りです!お父様がそれをすべて自分で送ったはずです!本当に、私は今まで知りませんでした」

リチャードは微笑みながら彼女を抱きしめる。

「分かっています。ソフィア、あなたはいい子だ。私が悪い状況にあることを知っていたとしても、あなたが私を残酷に裏切る方法はありません」

「リチャード、私は何があってもあなたの味方です!」

「ええ、私はあなたを信頼しています」

彼女はどうやって私に彼女を信じてほしかったのですか?

彼女は自分の父親とさえ話すことができないのに!

リチャードは彼の苛立ちを抑えた。

「侯爵と話をしたいのですが。彼は邸宅にいますか?」

「はい、彼はオフィスにいます」

「ありがとう」

リチャードがオフィスに入る直前、ソフィアは突然彼の手を握る。

「父が私たちに別れるように頼んだら、私は彼に別れることを許しません」

彼女が立派なことを言うのは久しぶりだ。

「それでも固執するなら、私は家族を捨てます。リチャード、私は家を出てあなたと一緒に行きます」

リチャードの表情は歪む。

何?

彼女は家族を捨てることをいとわなかったのですか?

侯爵の地位のためでなければ、彼女のような愚かな女と結婚する理由はありません!

 



 

「リチャード・・・?」

リチャードの考えが顔に現れ、ソフィアは驚いて彼を見た。

リチャードは、ソフィアが無知でイライラすることを長い間知っている。

けれど、彼は前向きに考えようとし、ソフィアは扱いやすいことを思い出した。

しかし、本物のアンシアを見た後、ソフィアのすべての動きに耐えることは特に困難に。

この瞬間でさえ、アンシアの存在は完全にブレイクの心を埋め尽くしていた。

リチャードは彼ができるだけ早くブレイクを取り除く必要があると思った。

アンシアは私のものです!私は彼女を取り戻さなければなりません!

リチャードは彼女を所有したいという願望に満ちていた。

自分が理解できないという強い欲望が全身を飲み込んだ。

『大嫌い』

ラオンテルという女性の声がリチャードの耳に再び響き渡る。

それから、彼は頭痛になり、彼の欲求はさらに激しくなり始めた。

(今回はきっと彼女を迎えます)

彼は歯を食いしばった。

子供の頃、ベラシアン家が主催するパーティーに行くたびに、アンシアは自分を見つめていた。

リチャードは彼女が自分を好きであることを知っていたが、彼女が自分の助けにならないので彼は気にしなかった。

それにもかかわらず、リチャードは怒りに満ちていた。

まるでアンシアが昔から自分の物であるかのように。

「どうしたの、リチャード?」

「何でもありません。婚約解消のために頭痛がします。もう会えなくなるかもしれないので緊張しているからだと思います」

リチャードは悲しそうに見えるふりをした。

いずれにせよ、彼は侯爵の地位を引き継ぐまで「ふり」をしなければなりませんでした。

「リチャード、あまり心配しないでください。私にとって唯一のあなた。彼が同意しない場合は、一緒に逃げましょう」

ソフィアは、オペラの悲劇的なラブストーリーのヒロインの表情でリチャードを抱きしめる。

彼女はどんなナンセンスを言っているのですか?

リチャードはイライラを抑えながら微笑んだ。

「すぐ戻ってきます」

 



 

「ここから出ていけ!」

ウェスティン侯爵は、リチャードがオフィスに入るとすぐに怒鳴った。

(懐かしい)

リチャードがウェスティン侯爵に会うたびに、彼はカシル公爵の邸宅での日々を思い出す。

当時のように侮辱に我慢したくなかった。

ソフィア・ウェスティンと結婚した後、すぐにその老人を殺すでしょう。

しかし、それはまだ早い。

リチャードは今のところ丁寧に話した。

「婚約解消の通知が届きました。どういうことでしょうか?」

「あなたは私に尋ねているのですか?あなたが偽の王女を宮殿に連れてきたなんて信じられない!恥ずかしかったので、創立祭にも参加できませんでした!ソフィアがどれほど動揺していたか知っていますか!?」

「それはほんの小さな間違いでした。あの女性は王女にとてもよく似ていたので、皇帝でさえ騙されました。その上、私が無実であることはすでに明らかなはずです」

ウェスティン侯爵は、リチャードの堂々とした態度に激怒する。

「恥知らずになるには限界があります!これだからロウム族の血は!」

「・・・侯爵、あなたは一線を越えています」

「私は何か間違ったことを言いましたか?これが私があなたを受け入れるべきではなかった理由です!」

リチャードは侯爵を冷たく見つめる。

「私は無実です。離婚解消は受け入れられません。解消したいのなら、裁判を提出してください」

ウェスティン侯爵がどんなに大騒ぎしたとしても、リチャードはすでに婚約していたので絶対的な優位性を持っていた。

離婚解消の裁判が行われた場合、結論が出るまでに少なくとも1年以上かかるだろう。

最長でも3〜4年かかる可能性があります。

さらに、試用期間よりもはるかに大きな問題が。

破局裁判では、それぞれの側の汚れた経歴が放映されます。

すべてが開示され、女性側への被害は最も深刻になるでしょう。

その女性は嘲笑されるか、性欲のある女性として指摘され、新聞にそれについてのいくつかの報告が掲載されます。

「あなたはこれを準備せずに私に離婚通知を送ったのですか?」

リチャードは傲慢に微笑んだ。

これまでは結婚までの時間があまりなかったので、適度に抱きしめていた程度。

しかし、ウェスティン侯爵が離婚解消をしたいのであれば、彼は何も我慢するつもりはありませんでした。

「よくもそんなことができるな!あなたはカシル公爵の息子だったので、私はこれまであなたを優しく扱ってきました!」

リチャードは唖然とする。

侯爵はそもそも自分に対して敬意を持って扱ったことがない。

彼はフランクとネオンを公爵の息子のように扱ったが、リチャードは奴隷の血を持っていたので、彼を召使いのように扱っていた。

「閣下、ソフィアと私は諦めません」

「リチャード、私はあなたが彼女にしたことすべてを知っています!」

ウェスティン侯爵が叫ぶやいなや、リチャードの表情は固くなる。

(彼は気づいていたのか?)

ウェスティン侯爵は、リチャードとソフィアの結婚に反対していた。

彼は一年間反対し、彼女を別の男と結婚させようとしたのだ。

結局、リチャードは最後の手段を使わなければならないことに。

彼はウェスティン侯爵と飲み会を手配し、それから、彼は酔った侯爵に洗脳の呪文をかけ、婚約書類に署名させたのだ。

翌日、ウェスティン侯爵は、婚約文書が署名されているのを見てショックを受けた。

『私は酔っ払って署名しました!これは無効です!』

リチャードは侯爵に囁く

『私はソフィアを皇后にします』

『・・・何?』

ウェスティン侯爵は貪欲な男だ。

フランクがいい男ではないことを知っていたとしても、彼はソフィアを自分の利益のために婚約させた。

リチャードは彼の野心をよく知っている。

ウェスティン侯爵は、自分が次の皇帝になると信じていれば、彼の血統を無視し、彼を完全にサポートするでしょう。

しかし、それはリチャードが彼の計画についてすべてを話すという意味ではない。

『皇太子は今、死んだ皇太子妃を待っています。その間、彼はすべての女性から距離を置いています。彼が結婚しなければ、皇太子の座は結局私のものになるでしょう』

『あなたはロウム出身で、爵位すら持っていません』

『私がソフィアと結婚して爵位を取得した場合、私には皇太子になる権利があります』

『・・・』

『それはあなたの助けがあれば可能です。あなたが私を選ぶなら、あなたは間違いなく多くを得ることができるでしょう』

ウェスティン侯爵は頭の中で計算を始めた。

リチャードの言葉は、最初に聞いたときはブラフのように聞こえたが、ブレイク王子が結婚したり事故に遭ったりしなければ、完全に不可能ではありません。

ウェスティン侯爵は賭けに出たのだ。

しかし、彼のギャンブルは惨めに失敗した。

本物のお姫様が帰ってきたからだ。

アンシアが戻ってきた今、リチャードが皇帝になる可能性はほとんど不可能でしょう。

さらに、リチャードは偽の皇太子妃事件さえ引き起こした。

侯爵は、皇帝になる可能性がなく、爵位のない人間を義理の息子にすることはできなかったでしょう。

「私はあなたのような義理の息子を受け入れるべきではありませんでした!」

リチャードは安心した。

侯爵は娘と別れるように強制しようとしていたが、リチャードが黒魔法を使っていたことに気づいていない。

「頑固にならないでください。閣下は自分で署名しませんでしたか?」

「あなたは何か汚いことをしたに違いありません!なんらかの黒魔術を使ったに違いない!」

「・・・」

「そう、黒魔術だ!ロウム族が女神を裏切って黒魔術を実践したと聞きました!」

「・・・」

「カシル公爵夫人を殺したのはあなたでした!彼女は自殺していない!彼女はそもそもそのような人ではありません。汚いトリックを使って彼女を殺しましたか?」

 



 

ソフィアが可哀想です・・・。

ウェスティン侯爵はどうでもいいですが、彼女には救済を!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【138話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は138話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...