目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【136話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は136をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

136話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【135話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は135話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side リチャード②

離婚の通知を見た後、リチャードはウェスティン侯爵の屋敷に直行する。

リチャードが到着したとき、ソフィア・ウェスティンは大きな笑顔で彼に挨拶した。

「どうしたの、リチャード?」

リチャードは答える代わりに、ウェスティン侯爵から受け取った婚約解消通知を彼女に手渡した。

「これは何ですか?」

「婚約解消の通知です」

「あ、あなたは私と別れたの?」

リチャードの表情はくしゃくしゃになる。

封筒のシールには、ウェスティン家の記章が刻印されている。

どのように見ても、婚約解消の通知を送ったのはウェスティン侯爵であり、リチャードはそれに抗議するためにやって来たのだから。

しかし、ソフィアは無知に状況を誤解している。

(なんてバカな女だ)

リチャードの異母兄弟フランクは、婚約者のソフィアに不満を持っていた。

彼女の黒い髪とそばかすを笑って、彼女の顔を嘲ることは何度も。

リチャードはまた、ソフィアが美人だとは思っていない。

しかし、彼は彼女の愚かな性格にもっと苛々していた。

それでも、ソフィアの反応を見ると、彼女は婚約解消について何も知らないようだ。

「ソフィア、今はそれを読んでください」

「はい・・・」

ようやく、ソフィアは封筒の中の内容を読む。

「いいえ!私はこのようなものを送った覚えはありません!」

最終的に状況を理解したとき、ソフィアの顔は青ざめた。

リチャードが推測したように、ウェスティン侯爵が独断で決定したようだ。

その通りだろう。

彼はこの少女のために多大な努力を払っていた。

彼女はこのように彼を裏切ることはできなかったでしょう。

リチャードは、元々の生活を取り戻すことができるように、多くのことを許容していた。

しかし、どんなに一生懸命頑張っても、元の地位を取り戻すことができない。

場合によっては、人々は爵位を受け取るためにお金を払うことができたが、それは無名の庶民にとっては不可能なこと。

テステオンは称号よりも個人の能力を重視し、アステリック帝国の最も著名な皇帝の一人。

一部の貴族はまた、これが彼らの称号の価値を低下させたと不平を言ったが、これはリチャードには当てはまらなかった。

テステオンはリチャードを信用せず、彼のあらゆる動きを見守っていたのだから。

リチャードが何か素晴らしいことを成し遂げたとしても、テステオンは彼に称号を与えなかった。

 



 

リチャードは多くの検討の末、ついに道を見つけた。

それは結婚を通すこと。

彼が貴族の娘の一人と結婚したとき、彼は称号を取り戻し、貴族社会に戻ることができるでしょう。

さらに、貴族の間には階層が存在する。

もし彼が称号を買うか皇帝からそれを受け取ることによって庶民の地位を逃れたならば、彼は貴族の間の階層の最下位にいるでしょう。

しかし、彼が強力な家族の義理の息子になった場合、彼は少なくとも階層の上位にランク付けすることができた。

リチャードは候補者を探し、その中からソフィア・ウェスティンを選んだ。

ウェスティン侯爵は、カシル家の崩壊以来ずっと衰退している。

しかし、彼らはまだ高貴な家系であり、たくさんの富を持っていた。

さらに、ウェスティン侯爵には子供が娘1人しかいなかったので、リチャードが義理の息子になるのは簡単なこと。

ソフィアはフランクとの婚約が途絶え、重度の鬱病に苦しんだ後、自宅に閉じこもっている。

ウェスティン侯爵は彼女にぴったりの相手を見つけようとしたが、それは簡単ではなかった。

負傷した女性を誘惑するよりも簡単なことはありましたか?

リチャードはソフィアのメイドを買収し、彼女を孤児院に連れて行った。

ソフィアは計画通りに孤児院を訪れ、両親に見捨てられた子供たちを見ながら涙を流す。

リチャードは泣いている彼女に近づき、ハンカチを手渡した。

「あ、ありがとうございま___!」

リチャードを見たとき、ソフィアの目は大きく開く。

「レディ・ソフィア、お久しぶりです」

「どうしてここに・・・」

「ここは私が運営している孤児院ですから」

「そ、そうとは知らなかったので。じゃあ、私はこれで失礼します」

ソフィアは元婚約者の弟に出くわしたので、急いで背を向けた。

リチャードは孤児院の少年、カルオにウインクする。

カルオはすぐにソフィアに抱きついた。

「お姉ちゃん、行かないで!一緒に遊ぼう?」

子供が彼女にぶら下がったとき、ソフィアはどうしようもなく立ち尽くした。

「カルオ、彼女を困らせたらダメだ」

「お姉ちゃん!」

カルオは素晴らしい子供だ。

彼はリチャードの合図を理解し、泣き始めたのだから。

「ごめんなさい。な、泣かないで」

ソフィアはリチャードを避けようとしていたことを忘れ、子供をなだめ始めた。

ソフィアが悲しそうに少年を見たとき、カルオは泣くのに疲れて眠りに落ちるふりをする。

リチャードは自然に近づき、彼女と話し始めた。

「レディ・ソフィア、本日はカルオのお世話をありがとうございました」

「いいえ、大丈夫です」

ソフィアは首を横に振る。

リチャードと一緒にカルオをなだめるのに時間を費やしたせいか、彼女は最初に会ったときのように彼を避けなかった。

「ちなみに、この子の姉はどこへ行ったの?」

「・・・彼女は亡くなりました」

「え?どうして・・・?」

「彼の名前から推測できるように、カルオはロウムです。彼の姉は、彼女がロウムだったので、厳しい仕事を与えられた後、彼女自身の命を奪われたのです。だから、カルオだけが私たちの孤児院にやって来ました」

実際、姉のカランはまだ生きていたが、リチャードは躊躇うことなく嘘をつく。

「犯人は捕まりましたか?」

「いいえ、ロウム族は人間のように扱われません。事件を調査する方法はありません」

「信じられない。それは酷すぎます・・・」

「私に力があれば、その子を助けていたでしょう・・・。私は無力です・・・」

「いいえ、あなたはこのように彼の世話しているじゃないですか」

ソフィアはリチャードの善行に感動したようだ。

「私立の孤児院は通常、ロウム族を拒否していると聞いているので、あなたは本当に素晴らしいです」

「結局のところ、私はロウム族でもありますから」

リチャードは率直に彼の欠点について彼女に話した。

とにかく、彼がカシル家の裁判中にロウムであったことはすでに明らかにされていたのだから。

「ああ、それは・・・」

ソフィアは姉弟の悲劇に同情を感じたが、リチャードもロウム族だったという事実を思い出したとき、彼女はすぐにぎこちなく凍りついた。

リチャードは歯を内側に食いしばる。

自分は間違いを犯しましたか?

彼女の反応は予想外ではない。

アステリック帝国のロウム族に対して根深い憎しみがあることは知っている。

ロウム族を気の毒に思って親切なふりをした人たちの間でさえ、実際にロウム族に会ったときに彼らを避けて誓った人々を見るのは珍しいことではないのだから。

 



 

「レディ・ソフィア、以前に起こったことについて謝らせてください」

「え?」

「私は彼らを止めるべきだった・・・」

リチャードがフランクの話題を持ち出したとき、ソフィアは慌てて首を横に振る。

「い、いいえ。そのせいであなたも苦労したことは承知しています」

「いいえ。私はあなたを助けるべきだった。実際、彼があなたを憎んだのは私のせいです。彼も私を嫌っていた。それが彼があなたを嫌った理由です。あなたの髪色が私のものと同じだからです」

「それは違います。私は醜いだけなのだから・・・」

ソフィアは黒い髪の後ろに顔を隠しながら頭を下げた。

フランクはソフィアと婚約するのが好きではなく、彼女に厳しく話しかけていた。

ソフィアは苦しんでいたが、彼女の父親は彼女にそれを我慢するように言っただけ。

彼女は父親が言ったようにそれを我慢することに決めたのだ。

しかし、それだけでは終わらない。

「どうして私に触れた!とても不愉快だ!侯爵という肩書きがなかったら、誰があなたを求めたでしょうか?」

フランクは宮殿のパーティーでソフィアを侮辱したのだ。

その日の後、ソフィアは外に出るのを恐れるように。

彼女はまるでみんなが自分を嘲笑っているように感じた。

フランクの死から数年が経過したにもかかわらず、その傷はまだ彼女の心に残っている。

「いいえ、これまで考えたことはありません。もし私がフランクだったら、あなたを傷つけることはなかったでしょう。今更になってしまいますが、彼に代わってお詫び申し上げます」

リチャードは丁寧にお辞儀をする。

「ありがとうございます」

これまで誰も彼女を慰めたことがなかった。

フランクと別れて屈辱を与えられたとき、彼女の友達は皆去っていった。

ソフィアは初めての心からの謝罪を受けて涙を流す。

リチャードは何の悔恨もなく内向きに微笑んだ。

「レディ、泣かないで」

リチャードはソフィアの手を取るが、彼女は彼の手を振り払わなかった。

「私はあなたを訪ねて謝罪するべきでしたが、手遅れです」

「いいえ、今伝えてくれてありがとう」

「よろしければ、頻繁に来てください。カルオはあなたをとても気に入っているようですから。・・・そして、私もあなたに会いたいです」

「・・・はい」

ソフィアの顔は赤く染まり、リチャードも大声で笑う。

(単純な女だ)

彼女の壁を壊したので、次のレベルに進むのは簡単なことだった。

そして、すべてがリチャードの計画通りに進んだ。

 



 

リチャードのクズっぷりは健在ですね!

フィリップがセルファニアにしたことと同じことを繰り返しています。

ソフィアが可哀想なので、彼女に救済を!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は137話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...