目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【133話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は133をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

133話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【132話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は132話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 大きな誤解

小指を引っ掛けた後、ブレイクが私にキスをする。

唇にかろうじて触れるようなキスではなく、本物の大人のキスで。

長い間お互いの体温を共有していたが、止まるとすぐに巨大な爆竹が大きな音で爆発した。

暗い空が明るく輝く。

見事な花火大会は大祭にふさわしかった。

煌めく光がゆっくりと消えていくと、静かな雰囲気に。

「終わりました」

キスを終える頃には花火は終わっていました。

どれくらいの間キスをしていたのでしょうか?

「ちゃんと見ることができませんでした・・・」

「花火を再開するように頼むべきですか?」

ブレイクが愛情を込めて尋ねる。

「大丈夫です」

「もう一度見たいかどうか教えてください。妻がやりたいことは何でもします」

彼がとても自信を持って話すのを聞いて、私は深く感動した。

小さな宮殿の屋根裏部屋で花火を見たのは昨日のように思えるが、今では好きなように祭りができるようになったから。

彼は帝国の王子であり、すべての人に認められていたから。

「大丈夫です。来年も見ましょう」

花火が終わった後、人々は一人ずつ去っていく。

しかし、みんなが去った後も、私たちはそこに立っていた。

7年前からの約束だったから。

彼の抱擁に寄りかかっている間、私は真っ暗な夜空を見ていた。

「ブレイク、あなたが私と結婚したとき、少しがっかりしませんでしたか?」

「それはどういう意味ですか?」

「あなたの結婚相手が私だったから」

「・・・どういう意味でしょうか?」

「ダイアナがあなたの初恋の相手だったことを私は知っています」

当時は知っていても知らないふりをしていた。

でも今回は言った。

なぜ突然これを持ち出したのか、私自身も分かっていない。

「ダイアナ?」

ブレイクの声が怒っているように聞こえる。

私は驚いて彼を見た

「ブレイク・・・?」

「私の初恋の相手がダイアナだと?」

「・・・違うのですか?」

「いつからそんなナンセンスな事を考えていたの?」

いつから・・・。

それは最初から思っていたものです。

結局のところ、それは元の話で書いてあった事だから。

ブレイクはダイアナが好きで、テステオンは彼とベラシアン家を結婚させることに

ギルバート・ベラシアンは、愛するダイアナを呪われた皇太子に送りたくなかったが、彼は巨大な結婚式の贈り物を望んでいた。

そのため、代わりにアンシアが宮殿に送られることに。

「ダイアナと結婚できなかったので、私と結婚したのではないのですか?」

「いいえ、最初からあなたを望んでいました。アンシア、あなただったから結婚しました。もしそれが他の誰かだったら、私は拒否したでしょう」

「ダイアナじゃなくて、私を・・・?」

考えてみると、皇帝は元の話で誰と結婚するかを実際には指定していない。

状況を考えると、ブレイクと同い年でベラシアン伯爵に大事にされていたので、当然ダイアナだと思っていた。

さらに、ダイアナが主人公だったので、疑うことはなかった。

でもそうではなかったの・・・?

「アンシア、私は最初からあなたが好きだと言いました。私はあなただけだと言った。あなたは私を信じていなかったのですか?私がダイアナが好きだと思っていたのですか?だからあなたは去りたかったのですか?」

ブレイクがこんなに怒っているのを見たことがない。

それは大きな誤解だったに違いありません。

彼に謝罪しようとするとすぐに、冷たい水滴が私の顔に滴り落ちた。

え?

雨が降っていますか?

雨が降っていることに気づいた途端、ゆっくりと滴り落ちる雨滴がどんどん降りてきた。

大雨が一瞬で私たちの服を濡らす。

風は冷たく、雨が降ると気温は下がっていく。

このままでは、皇居にたどり着く前に行き詰まってしまうでしょう。

「アンシア、あそこに行きましょう」

突然の状況に焦っていると、ブレイクは広場の隣のホテルを指さした。

それは首都で最大のホテル。

私はうなずいて、時間を無駄にすることなくホテルに入った。

 



 

ホテルに入ると、支配人が待っていたかのように最上階のスイートに案内してくれた。

「予約していたのですか?」

祭りのため、すべての宿泊施設は満員だ。

こんなに素敵な部屋が残っていたはずがありません。

「はい。人が多すぎてVIP席が不快な場合は、ここで見ようと思っていました」

窓の外を見る。

首都で最高のホテルだったので夜景は綺麗だった。

今は大雨に覆われているが、広場はまだ少し見えている。

「ここから見たかったですか?」

ブレイクの質問に、私は首を横に振った。

「ここも好きですが、それでも広場で見たいです」

ホテルで花火を見れば気持ちよく花火を楽しむことができましたが、お祭りの雰囲気を逃してしまいまず。

「良かった」

「・・・ブレイク、怒ってる?」

ダイアナの話題を取り上げて以来、ブレイクの表情は固いままだ。

彼は私の質問に首を横に振る。

「いいえ、でもあなたは私の最初で最後の愛です。それを忘れないでください」

「はい、私はそれを忘れません」

ブレイクの固い表情はリラックスし、彼は明るく微笑んだ。

「ブレイク、そのままでは風邪をひくでしょう。さあ、シャワーを浴びてきてください」

今、彼には呪いがありません。

けれど、私はまだ彼のことを心配していました。

私はブレイクの額を触って熱があるかどうか確かめるふりをしたが、彼は私の手を取った。

「アンシア、あなたの手が冷たいです。先に入ってください」

彼が若い頃とは異なり、今では彼の手は暖かかった。

彼はもはや壊れやすい小さな男の子ではありません。

「はい」

彼の言葉通り、私が先にバスルームに向かう。

シャワーを浴びた後、私はブレイクにシャワーを浴びるように言った。

ブレイクはバスルームに入り、私は大きなホテルの部屋に一人で残されることに。

私はバスローブを着て窓の前の椅子に座って、景色を見下ろしていた。

雨は以前よりも強く、暗闇、窓に当たる雨、薄暗い街灯以外は何も見えない。

屋台やお店は閉まり、人々は広場を去りました。

突然の雨に驚きましたが、花火が無事に終わって良かったです。

 



 

キィ・・・。

ドアの開く音が聞こえた。

頭を向けると、ブレイクが黒いバスローブを着ている。

「・・・」

言葉が途方に暮れた。

ブレイクは本当に違うと感じたから。

ここは私たちが子供時代を一緒に過ごしたアモリア宮殿ではない。

子供の頃に選んだものでいっぱいだったのもフォレン宮殿ではない。

この場所が私の記憶から完全に切り離されているから?

私が若い頃、彼が入浴するのを手伝ったとき、私は彼の裸をよく見ていた。

呪いが広がったのではないかと心配して、毎日彼の体をチェックしていた。

けれど、バスローブだけを着て目の前にブレイクが現れたときは、とても違った感じがする。

銀髪の男性は背が高く、何とも言えない視線で私に向き合った。

私は彼の視線に出会ったが、無意識にすぐに目をそらす。

「アンシア、どうして私の目を避けているの?」

「・・・」

ブレイクが私の近くに来る。

「・・・」

そして、彼は私の髪に触れた。

「髪が濡れています」

バスルームで乾かしておけばよかった。

しかし、ブレイクも雨に濡れていたので、できるだけ早くシャワーを浴びてほしいと思っていたのだ。

「か、乾かしますね」

椅子から立ち上がるとすぐに、彼は私の肩をつかんで、私を再び座らせた。

「私が乾かします」

「大丈夫です・・・」

「やってみたいのです」

そう言われて、私は結局椅子に座り直す。

ブレイクは私の後ろに立ち、髪を乾かし始めた。

彼の長い指が私の髪をゆっくりと通り抜ける。

「アンシア、今日はあまり良い日ではなかったでしょう?」

「いいえ、それは夢のようでした。」

夜明けに起きて、ダンスの準備で忙しかった。

でも、大雨が降っていたのに、とてもいい日だった。

体が少し変な感じだっただけ。

ブレイクの存在を非常に意識していて、彼の指が私の髪や首の後ろに触れるたびに頭が真っ白になる。

体も熱くなっていた。

自分の状態を隠すために、私は素っ気なく答えて、すぐに口を閉じる。

お互いに沈黙し、窓の外の雨音だけが部屋を満たす。

今回は、ブレイクが沈黙を破った。

「アンシア、私はどれくらい待たなければいけませんか?」

 



 

ブレイクの初恋がダイアナだと信じていたアンシア。

実際、ブレイクの初恋はアンシアなのですが、元の話だけだと分かりづらかったのでしょう。

そしてホテルに入った二人。

ブレイクの最後の問いかけの意味は?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【134話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は134話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...