目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【130話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は130をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

130話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【129話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は129話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 創立パーティー

ついに創業の日が訪れた。

「皇太子殿下が到着しました!皇太子妃殿下が到着しました!」

ブレイクが私を護衛して宴会場に入る。

その瞬間、みんなの目が私たちに向けられた。

久しぶりに参加したパーティー。

緊張することはなく、少し圧倒されただけ。

私はブレイクと一緒に宴会に参加している。

この日が来るとは思ってもいなかった。

ブレイクの呪いが解かれた後、私は去らなければならないと思ったので、彼がみんなの前に誇らしげに立っていたとき、私がブレイクの隣にいるとは想像もしていなかったから。

しかし、今日、私たちは隣同士。

貴族たちは一歩下がって私たちのために道を作った。

ブレイクは今日、非常に自信を持って威厳のある顔をしている。

いつもの可愛くて親しみやすい姿とは違う姿を見ると、胸がドキドキした。

テステオンは席から立ち上がって、私たちを喜んで見つめる。

私たちが台上に登ったとき、テステオンは私に軽い抱擁を与えた。

「アンシア、今日はいつも以上に綺麗に見えます」

「お父様、ありがとうございます」

テステオンは暖かく微笑んだ後、振り返って貴族を見回す。

「アステリック帝国に、王女、そして私の大切な娘、アンシアが戻ってきた」

テステオンが王女の帰還を宣言したとき、貴族たちは皆一斉に頭を下げた。

「帝国の祝福である王女の帰還おめでとうございます」

私は貴族の中にダイアナを発見する。

彼女は騎士学校の赤いローブを着ていた。

元々、アカデミーのユニフォームは紺色だったが、少なくとも一度はトップの座を獲得した学生には赤いローブが与えられるのだ。

ダイアナは、私が失踪して以来、アカデミーのイベント以外のパーティーには参加していなかったと話している

彼女は社交デビューすらしなかった。

だから、本当は今日はダイアナにドレスを着てもらいたかった。

ブレイクが私のために用意してくれた多くの美しいドレスを提供したが、ダイアナは彼女がそれらを嫌っていると言って拒否したのだ。

少しがっかりしたけど、彼女がアカデミーの制服を着ているのを見て、とても誇りに感じた。

一流の学生だけがその赤いローブを着ることができたので、彼女はさらに格好良く見える。

 



 

「どうもありがとうございます。皆さん頭を上げてください」

「はい、皇太子妃殿下」

私が命じたとき、貴族たちは一斉に頭を上げる。

群衆の中には初めて見る人が大勢いた。

これは、カシル公爵の没落後、他の多くの貴族が現在宮殿に入っていたため。

帝国のほとんど全ての貴族が招待されたが、私はリチャードに会っていない。

リチャードは偽のアンシアを連れてきた。

したがって、法律により、彼は罰せられなければならない。

繰り返しになるが、彼女は単なる偽物ではなく、光の女神セルファニアだ。

セルは姿を消し、リチャードは調査されたが、彼は何も知らず、彼女が光の女神であるとは知らなかったと証言している。

セルはリチャードのことを騙していたようだ。

だから私は彼をこれで罰することができなかった。

リチャードは侯爵の義理の息子であるはずだったので、ウェスティン侯爵夫人と一緒に宴会の参加する資格がある。

しかし、リチャードもウェスティン一家もどこにも見られなかった。

なぜ彼らは来なかったのですか?

今回のパーティーは、アステリック帝国の建国を記念する壮大なパーティー。

リチャードの社交界復帰を宣言するのにこれ以上の場所はないだろう。

彼はこのパーティーを見逃すような人ではないはず。

なぜ彼はこのパーティーに出席しなかったのですか?

私は不吉な予感を抱いていた。

 



 

今までのパーティーは、アステリック帝国の最初の皇帝であるフィリップを称賛することから始まっていた。

しかし今回は違う。

代わりに、私たちは光の女神を称賛したのだ。

しかし、貴族たちは私の帰還に気を取られ、その違いに気づいていない。

「皇太子妃殿下の美しさは変わりません」

「はい、私は彼女を一目で認識しました」

「彼女が健康に見えて嬉しいです」

「殿下が笑っています!」

「私はあのような殿下を見たことがありません」

「殿下が微笑む姿を長い間見ていません」

チェルシーは皇太子妃のメイドだったので、夜明けから忙しかった。

スカイブルーのドレスを着るアンシアの姿は、とても神々しく見える。

「似合っているでしょうか、ブレイク?」

「アンシア、とても可愛くて綺麗です」

ブレイクの愛情深い視線は一瞬でもアンシアから外れない。

チェルシーは冷たい皇太子の痕跡すら見ることができなかった。

しかし、それは悪い変化ではない。

チェルシーはアンシアとブレイクを喜んで見つめていた。

(私も結婚したいです)

彼女は人生で初めて、パーティーの準備をしているときに幸せを感じた。

突然、宮殿の廊下に声が響き渡る。

「エドン、誰もがアンシアを見る。私はどうすればいい?彼らの目を抉り出したい」

チェルシーは彼の恐ろしい言葉にとても恐れ、無意識に身を隠す。

ブレイクとエドンは廊下で話していた。

アンシアと一緒にいたとき、彼はとてもフレンドリーで素敵に見えましたが、今のブレイクはとても怖かった。

驚いたのはチェルシーだけではない。

エドンも驚いて、彼を思いとどまらせようとした。

「殿下、それは止めてください」

「誰かが彼女と踊りたいと申し出たら、私は彼らの手首を切り落とします」

「それはできません!」

「じゃあ、今すぐそれらを取り除こうか?」

「殿下!」

ブレイクの言葉は本気だったので、エドンは必死に止めようとしている。

冷たい汗がチェルシーの背中に流れ落ちた。

実際、皇太子妃についての噂がある。

誰かがアンシアを攻撃したり傷つけようとしたり、あるいは何らかの形で彼女を不快にさせたりすると、不幸に呪われるだろうと。

カシル公爵とハメル侯爵は王女に対して無謀に行動し、今や彼らは滅びの末路を辿っている。

帝国の著名な衣料品店の1つであるペリオンも一夜にして崩壊した。

実際、彼らの崩壊と皇太子妃との間に相関関係はない。

王女の悪口を言ったために不幸に悩まされたと言われる宮殿の女性は大勢いる。

しかし、彼らは皇太子の所持品を捨てたために解雇されたのだ。

それらは全て自然な結果でしょう。

結局のところ、噂はさまざまな出来事を含む陰謀説に過ぎない。

しかし、ブレイクが話しているのを聞いた今、チェルシーはそれが単なる噂ではないかもしれないと感じた。

そういえば、ディックス家もローズを見下ろして崩壊した。

昨日、カミラの家族であるベンドリックスが汚職について調査された。

「皇太子がアンシアに危害を加えるすべての人に対処した場合、それは噂を証明するかもしれません・・・」

彼女は今何が起こっているのかを理解し、聞き続けることに。

「国外追放はどうですか?」

「いけません!」

「あなたはすべてにノーと言いますね。アンシアと関わろうとする人々の手首を切り落とすのが最善だと思いますが」

「殿下、お願いします!」

チェルシーは彼らの話を聞くのをやめた。

彼女は、ブレイクが愛する人を失った後で初めて、ブレイクが冷たくなったと思っていた。

事件の結果、彼は冷たく、誰にも心を開かなかったのだと。

しかし、違ったのかもしれない。

「何てことでしょう・・・」

王子はただの怖い人だった。

 



 

創立パーティーに参加していないリチャード。

まだ悪巧みを考えているのでしょうか?

そしてブレイクの怖さを知ったチェルシー。

ブレイクのアンシアへの愛は、とても深いですから(笑)

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【131話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は131話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...