目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【128話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は128をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

128話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【127話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は127話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 片思いの終わり

カミラの言葉は、最初はもっともらしいように聞こえたが、実際、彼女の言葉はすべて隠された意味を持っている。

当時、皇太子の呪いが解けるとは誰も思っていなかったが、アンシアは全力で呪いを解こうと頑張っていた。

休みをとらず、常に彼の状態を観察して。

しかし、アンシアの警告にもかかわらず、カミラは話し続ける。

「私はあなたより長く殿下と一緒にいました。しかし、あなたが戻ってきたとたんに、私は追い出されました。世界は不公平です。どんなに一生懸命頑張っても、すぐに運が尽きる可能性があるのですから」

カミラが自分の努力は運だったと言ったとき、アンシアはイライラした。

そして、返事をする前に別の声が聞こえてくる。

「よく喋る口だな」

カミラは驚いて振り返った。

「殿下・・・」

ブレイクが私たちの前に立つ。

カミラは哀れな声で彼を呼んだが、ブレイクは彼女を通り過ぎてアンシアに近づく。

「あなたはアモリア宮殿にいたのですね・・・。あなたがいなくなったとき、私はとても驚きました」

「少しの間彼女と話す必要がありましたので」

その時ようやく、ブレイクはカミラをちらっと見た。

「チェルシーを除くすべてのメイドが解雇されたのに、なぜ彼女はまだここにいるのですか?」

「私がメイドだったことをご存知なのですか?」

ブレイクは彼女を冷たく見たが、カミラは彼が自分を認識していたという事実に感動する。

しかし、彼女の期待はすぐに崩壊した。

「アンシアの皿を捨てようとしたメイド」

ブレイクは、カミラが5年間彼に仕えていたにもかかわらず、カミラの善行を知らなかった。

ローズを虐めていた女性として記憶されていたことに、カミラはショックを受ける。

「妻に負担を感じさせたくないので、あなたを解雇するだけで終わらせようとしました。もっと早くあなたを追い払うべきでしたね」

「ブレイク」

アンシアは驚いて、ブレイクの名前を呼ぶ。

それから、ブレイクは彼女に愛情を込めて微笑んだ。

「どうして・・・」

カミラは悲しくなる。

彼女はそれが失望なのか他の何かなのか見分けがつかなかった。

そしてその一方で、彼女の怒りは急上昇した。

「殿下、私はフォレンス宮殿のメイドで、長い間ここに滞在しました」

「それで?」

「私はあなたを愛してます!彼女以上にあなたを愛しています!」

解雇の通知を受けた途端、今まで言えなかった言葉を告げる。

「あなたの呪いが解かれていなくても、私はあなたを愛していたでしょう!見返りを期待せずにあなたを愛してくれるのは私だけです!」

「これは冗談ですか?」

ブレイクは皮肉を込めて吐き出した。

「冗談?」

「私はその言葉をすでに百回以上聞いたことがあります」

カミラは唇を噛んだ。

しかし・・・。

「私は彼女たちと違います!私は真剣です!私には光の力がありませんが、私は私の人生であなたを守ります!」

「あなたは自分自身を過大評価していますね」

「え?」

「あなたがすることはあなた自身の努力ですが、他の人がすることは単なる運なのですか?」

ブレイクはカミラを冷たく見る。

「あなたが私を守ってくれる?なんて浅い考えなのでしょうか」

カミラは青ざめた。

彼女はブレイクを誰よりもよく理解していると思った。

彼女はブレイクが自分に似ていると思い、彼は同じような痛みに苦しんでいたので、自分だけが彼を完全に理解することができたと。

しかし彼は、カミラが彼にきちんと向き合ったことさえなかったと告げた。

「今すぐにここから出てください。あなたが再びアンシアに無礼に行動した場合、私はあなたを許しません」

ブレイクは彼女に警告した後、アンシアと一緒に去っていく。

一人にされたカミラは、すすり泣きながら地面に倒れる。

彼女の片思いはそのように終わった。

 



 

ブレイクと私はフォレンス宮殿に戻った。

カミラは私たちが去る瞬間まで涙を流していたが、私は彼女を気の毒に思っていない。

原作の小説を読んだとき、そして今もカミラは決して誠実ではなかったと思うから。

元の小説で、彼女はリチャードの痛みを理解できると思っていたが、今回は彼がブレイクに置き換えられただけ。

小説で、カミラがリチャードのために処刑される寸前。

ギロチンが首を切ろうとしたとき、彼女はリチャードが自分を救うために来ることを期待していた。

『リチャードが私を助けに来ると確信しています。私は彼を理解しています。彼は来ます。彼が本当に彼を愛している女性を捨てるはずはありません」

しかし、彼女の期待は崩壊し、彼女の頭はギロチンによって切り落とされた。

小説とは異なり、カミラが今回選んだのはブレイク。

そして彼女は不当に処刑されていない。

彼女は解雇されただけ。

「洗わなければなりません」

私が考え込んでいると、ブレイクは私の耳たぶを擦り、囁いた。

「なにを洗うの?」

「汚い言葉を聞いたはずなので、私はあなたの耳を洗う必要があると思います」

「気にしていません」

「これからはそんな言葉は聞かないでください。それらに対処する必要はありません」

「次回からはそうしますね」

「私は後悔しています。彼女をすぐに排除すべきでした」

「冗談ですよね?」

「・・・もちろん。冗談です」

ブレイクはぎこちなく微笑んだ。

「ブレイク、あなたは以前とは少し違う行動をしますね」

「私が?」

「・・・私のせいですか?」

当時はいつも優しいブレイクのことを思い出す。

もし彼が変わっていたとしたら、私が原因だったのでしょう。

しかし、ブレイクは首を横に振ってそれを否定した。

「そんなことはありません。もちろん、当時はあなたのことを心配していたので少し敏感でしたが、あまり厳しく行動したことはなかったので、心配しないでください」

彼は以前のようにぎこちなく微笑んだ。

「そしてメイドが言ったことを気にしないでください」

「心配しないでください。聞いてすぐ忘れてしまいました。創業日はもうすぐです。他のことを気にする時間はありません」

 



 

3日後、ブレイクは正式に私の帰国を発表した。

大人になってから7年ぶりに参加するパーティー。

もちろん、私は王女だったので直接パーティーを担当していないが、出席するためだけに準備することは山ほどある。

「アンシア、まもなくパーティーに参加しますので、一緒に楽しみましょう」

彼は私の心配事を知っているかのように、優しく私の手を握った。

「そして、お願いがあるのですが」

「教えてください」

ブレイクは明るく笑う。

「アンシア、あなたは私があなたに何を求めているのか知っているのですか?私があなたに奇妙な好意を求めたらどうしますか?」

「私は気にしません。できることは何でもします」

それは本心だ。

私はブレイクのために何でもすることができた。

その上、彼は私を傷つけるようなことは何もしないだろうと信じている。

「ダメです。あなたがいつも自分を第一に考えていることを願っています」

ブレイクの表情が悲しみに。

彼はおそらく私が彼のために犠牲にしたことで自分を責めているのでしょう。

私が何を言っても、罪悪感は簡単には消えません。

だから、ブレイクを慰める代わりに、私は明るく微笑んだ。

「ブレイク、あなたは私があなたに頼んだことは何でもしますよね?」

「もちろん」

「じゃあ、私はあなたのために何ができますか?」

「あなたのドレスを選んでください?」

「私のドレス?」

パーティーのためのドレスでしょうか?

3階のホールに案内されると、私は美しいドレスの列を見た。

「自分でドレスを選んでください。気に入らない場合は、他のドレスを並べます」

「い、いいえ。全部好きです」

実際、最も苦痛だったのはドレスだ。

創業の日を祝う壮大なパーティー。

同時に、帰国を発表する場所でもある。

しかし、ドレスを作るのに十分な時間がなかった。

すでに完成したドレスを入手して変更するのが最善でしょう。

でも、ホールを埋め尽くすドレスを見るやいなや、その悩みは一瞬で消えた。

私は近づいてドレスを調べる。

生地や装飾はすべて美しく、丁寧に準備されたように見えた。

「これをどのくらいで準備したのですか?」

「私があなたを宮殿に連れ戻した日です」

私がまだローズだった時、彼はすでに私と一緒に創設の日に出席することを計画していたようだ。

「・・・ブレイク、ありがとうございます」

「いいえ、戻ってきてくれてありがとう」

ブレイクは私の肩に腕を巻きつけ、私はしばらく彼に寄りかかった。

ドレスの準備の問題が解決されたとき、別の問題が発生する。

ドレスはどれもとても綺麗だったので、私はそれを選ぶことができなかったのだ

よく考えて、ドレスを一枚だけ選んで階下に行くと、突然大きな音が。

「お姉さま!」

ポニーテールで髪を結んだ黒いアカデミーの制服を着た女性が私に向かって走ってくる。

私は彼女に会うとすぐに叫んだ。

「ダイアナ!」

 



 

カミラの恋は玉砕されましたね。

アンシアとブレイクの間に割り込めることが出来る人はいないでしょう。

そして、ようやくダイアナとの再会!

姉妹の会話が楽しみですね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【129話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は129話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...