目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【127話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は127をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

127話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【126話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は126話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • カミラの告白

アモリア宮殿に着いて、私はまっすぐ温室に向かう。

そして、植えたばかりの小さな木の前に立った。

目を閉じてピントを合わせると、光の力が体に流れているのが感じられる。

ラオンテルだった記憶を思い出すと、小さな木が大きく成長した。

「成功ね」

回復したのは体だけではなく、光の力もラオンテルの時と同じくらい強かった。

いいえ、それだけではない。

さらに、私はこの力についての私の知識をすべて思い出したのだ。

もちろん、覚えていることとそれを実践することの間には違いがあるのだが。

まだ自分の力を使うのにぎこちなく感じるが、すぐにそれに慣れるでしょう。

セルは私に謝罪し、私に祝福と力を与え直した。

しかし、彼女は今どこにいるのでしょうか?

夢の中で彼女を見たとき、セルは彼女の元の体にいた。

火傷跡やシミすら見られない。

彼女は傷ついた人体を捨てて、元の体に戻ったのでしょうか?

そうだといいのですが・・・。

彼女が平和に暮らし、いつかまた会えることを願っています。

 



 

カミラがアモリア宮殿の入り口の前に立っているのを見たとき、私は光の力を使っていくつかの技術を実行した後、フォレンス宮殿に戻るところだった。

使用人が私に謝罪するために来たとき、彼女は来なかった。

カミラはもはやメイドではなかったので、貴族の娘としての地位を再開している。

彼女の目は私に対する嫉妬に満ちていた。

「皇太子妃殿下、帝国の祝福に挨拶します」

「レディ・ベンドリック、あなたは今出発するのですか?」

彼女の手にある大きな革のバッグをちらっと見ながら、私は彼女に尋ねる。

「はい、アモリア宮殿を最後にもう一度見てもいいですか?」

「それは難しいですね。この宮殿は私自身のものではありませんから」

私は彼女の願いをきっぱりと拒否した。

「・・・少しお話ししてもよろしいでしょうか?」

「もちろん」

私たちはアモリア宮殿の外の庭に入り、望楼に座る。

それから、カミラは口を開いた。

「私にとって、アモリア宮殿は夢でした。いつかここに行きたかったのです」

彼女は何とも言えない表情でアモリア宮殿を見つめる。

 



 

「しかし、結局、それはただの夢でした」

カミラは子供の頃の思い出を思い出した。

あらゆる種類の侮辱が彼女に投げつけられて育ってきた。

そんなある日、皇太子の呪いが解かれ、皇太子妃も行方不明になったので、両親は皇太子の心をつかむ仕事を彼女に任せたのだ。

完璧なエチケットを学ばせた後、彼らは娘を王子の宮殿に送る。

カミラはこの状況を嫌っていた。

親の欲望のための道具として使われたことに。

しかし、フォレンス宮殿で皇太子に会ったとき、彼女は考えを変えた。

多くの人が皇太子についての話を持っていたので、カミラは当然彼について多くを知っていた。

最初に到着したとき、彼女は噂を心配していましたが、彼女が出会った皇太子はそれらの噂で説明されたものとは完全に異なっていたのだ。

彼は怪物ではなく、光の女神に選ばれた偉大な人物でもない。

自分と同じように傷ついた子供。

皇太子の宮殿のメイドであるカミラを誰もが羨ましがっていた。

しかし、彼女は孤独を感じた。

「殿下も同じように感じたと思います。彼は私のように孤独であるに違いない。彼は私と同じです」

ブレイクは奉仕するのが簡単な主人だ。

彼はたいてい落ち着いていて静かだったが、時々怒り狂う。

「誰だ?誰が私の寝室に入ってきた!?」

皇太子の宮殿に入った人のほとんどはカミラと同じ目的を持っていた。

プレゼントを贈る者も。

しかし、誰も皇太子の心を動かすことはでいない。

彼は皇太子妃を愛していたから。

メイドたちは王女に嫉妬し、故意に持ち物を取り除いて彼女の痕跡を消した。

どんなに嫉妬しても、それは使用人にはできないこと。

しかし、貴族として生まれ育った子供たちはその間違いを犯したのだ。

「あの古いものを捨てたらどうなるって言うの?その上、私の贈り物ははるかに優れています」

それが起こったときはいつでも、ブレイクは激怒し、メイドはすぐに解雇された。

そして、彼女たちの過ちのために、彼らの家族も引きずり下ろされるでしょう。

しかし、そのような間違いは起こり続けた。

どうしてそんなにバカなの?

それらの厄介なメイドに対処する代償に、ブレイクは彼らの名前さえ覚えていない。

彼に少し近づくことを望んでいたメイドはすぐに何らかの方法で解雇された。

しかし今、カミラも解雇される事に。

自分は彼のそばにい続けるだろうと思っていたのに。

自分はメリッサに次ぐ皇太子に仕える2番目に長いメイドなのに。

しかし、皇太子はまだ自分の名前を知らなかった。

まあ、それほど驚きではありません。

皇太子はほとんどの時間を混沌の谷で過ごし、他の時にはアモリア宮殿に滞在していたのだから。

したがって、カミラはブレイクに頻繁に会うことができなかった。

けれど、彼女はまだ諦めず、いつか彼の隣に立つと信じていた。

自分たちが同じような痛みを共有していることを知れば、それは彼の閉ざされた心への扉を開くと信じて。

しかし今、カミラはもうそれを夢見ることさえ出来ない。

自分は最終的に解雇されたのだから。

カミラは目の前の女性を見た。

ローズ、いや、アンシア・ラエル・ベラシアン。

彼女は帝国の王女であり、ブレイクが探していた女性。

「私は皇太子に恋をしていました」

カミラは5年間心に隠していた愛を告白する。

もちろん、誰もがそれを知っていたが、カミラがそれを大声で言ったのは初めてだ。

「私はこの世界の誰よりも彼を愛していました」

数え切れないほどの人々が彼らがブレイクを愛したと言ったが、彼らの愛はすべて偽物。

彼らはブレイクの美しい外見、彼の地位、優れた剣術などが好きなだけ。

しかし、自分は違う。

「私は彼の外見や能力に惹かれていませんでした。私は彼をブレイクとして愛していました。彼が再び呪われても私の心は変わらないでしょう」

アンシアはカミラを乾いた目で見る。

「獣と女性」

アンシアはその小説のおかげでずっと昔からそれを知っていた。

カミラは原作の小説で必死に彼女の愛を告白した。

ブレイクではなく、リチャードに。

彼女はリチャードを愛していたので、ブレイクに対して虐待的な言葉を使い、彼を嫌っていた。

『いったいなぜあの怪物をここに置いておくの?彼は堕落した魂です!彼の呪いは解かれましたが、過去は変わりません。今すぐ彼を南の島に送る必要があります!」

もちろん、今はそうではない。

今、彼女が愛したのはリチャードではなくブレイク。

しかし、それを考慮しても、カミラの言葉を信じることは難しいでしょう。

「私はあなたがとても嫌いです。なぜなのかご存知ですか?」

カミラは、皇太子妃ではなくローズと話していた。

彼女の言葉はとても失礼だったが、アンシアは特に気にしなかった。

「分かりません」

「あなたが来た日、殿下は言いました、 『チェルシー、ローズの世話をしなさい』と。彼は5年経っても私の名前を覚えていませんでしたが、あなたのせいでチェルシーの名前を覚えたのです」

混沌の谷から戻ってきた皇太子は、そこから醜い女性を連れてきた。

彼女の言葉は私への直接の攻撃だが、私はそれを無視する。

「彼は無関心な人だと思っていましたが、結局、彼は私に興味がなかったのです。その時私が感じた悲惨さをあなたは決して知らないでしょう」

カミラはアンシアを羨ましがったが、彼女を嫌いではなかった。

結局のところ、彼女はすでに死んでいたのだから。

過去の人に過ぎず、皇太子の隣に立つことはできないのだから。

偽のアンシアが現れた後、本物のアンシアが戻ってきました。

カミラは皇太子がアンシアの手をしっかりと握っているのを見た瞬間、彼女の羨望は憎しみに変化する。

「あなたはとても幸運な女性です。ベラシアン家の長女として生まれ、その後皇太子妃になりました。あなたは彼より年上ですが、私はあなたを羨ましく思います」

自分が三女でなければ、皇太子妃になるチャンスがあったでしょう。

自分が長女として生まれたとしたら、自分は皇太子が今愛している人になっていたでしょう。

人々は、彼が以前に呪われていたにもかかわらず、彼の世話をしたことで皇太子妃を賞賛しました。

しかし、カミラは彼らに同意しなかった。

「もし私が祝福の少女だったら、彼の呪いをすぐに取り除いたでしょう。力があっても目をつぶるのは犯罪ではないですか?」

カミラは、アンシアはタフな相手ではないと思っている。

アンシアは幸運にも、彼の呪いを解く光の力を手に入れることができただけ。

自分がその力を持っていれば、彼女はすぐに彼の呪いを解いたでしょう。

実際、彼女は彼への愛がアンシアよりも大きいと確信していた。

しかし・・・。

「レディ・ベンドリック、これ以上失礼な発言をすることは許しません」

アンシアは低い声で言った。

 



 

カミラ・・・、救いようのない人物でしたね。

皇太子妃に対しての数々の侮辱。

ブレイクがこれを知ったら、カミラは解雇だけで終わらないのでは?

その前に、アンシアが怒っていますが。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【128話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は128話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...