目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【124話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は124をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

124話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は123話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 7年ぶりの再会

テステオンはブレイクが戻ってくるのを待っている間、仕事で忙しかった。

リチャードは、誰もが7年間探していたにもかかわらず、最初にアンシアを見つけた。

彼はアンシアを発見するとすぐに宮殿に直行したと言ったが、彼らの関係は緊密に思えた。

アンシアがリチャードを信頼し、彼に依存していることを確信した。

テステオンはまた、リチャードは最初から疑わしいと考えている。

ドアが開いたとき、彼はリチャードに関する情報を読んでいた。

ブレイクとアンシアが入ってきた。

ブレイクは今日ローズを連れてくると言ったが、彼は混沌の谷から拾った女性ではなく、アンシアと一緒に現れたのだ。

テステオンは何が起こったのか尋ねない。

いいえ、尋ねることができなかった。

目の前の女性に視線が向けられていたため、何も言えなかったのだ。

何かが違った。

外見に変化はないが、何かが異なっていたのだ。

「お父様、戻ってきました」

アンシアが微笑むと、テステオンの目は涙で溢れる。

彼女を見つめていたテステオンは席から立ち上がり、すぐにアンシアを抱きしめた。

「お帰りなさい」

ついに、彼の大切な娘、アンシアが帰ってきた。

テステオンは、彼女が本物のアンシアだと本能的に感じることができたのだ。

 



 

「申し訳ありません、アンシア。私はあなたを守るべきだった」

テステオンが私に謝罪する。

このままでは、一日中謝罪の言葉を聞き続けるでしょう。

テステオンは、誇り高く威厳のある帝国の皇帝。

それにもかかわらず、彼は悲しげな表情で私に謝罪し続けていた。

マクルに連れ去られる前にテステオンが私の名前を叫ぶ音が耳に残っている。

彼がどれだけ自分を責め、自分の行動を後悔したのか、私には計り知れないでしょう。

「いいえ、謝罪する必要はありません。私は元気ですから。マクルは光の女神からのガイドで、彼らは私を女神の元に導いてくれたのです」

わざと明るく話す。

「暗闇の扉の中は暗くて静かでしたが、それほど苦しくはありませんでした。こんなに時間が経過したことすら知りませんでしたので、私はもっと早く戻ってくるべきでした。ごめんなさい、お父様」

「・・・安全で健全な状態で戻ってきてくれてありがとう」

テステオンは私を完全に信じていないようだ。

彼の目は心配と悲しみに満ちていた。

再び私に謝罪する前に、私はすぐに「お父様、私はお腹が空きました」と言う。

「私は最高の夕食を準備します」

テステオンは当時のように自信を持って私に言った。

 



 

食事の準備をしている間、私はテステオンとブレイクに千年前に何が起こったのかを説明する。

けれど、私がラオンテルであり、ブレイクがラクシュルであることは伝えなかった。

私はブレイクがこの人生で幸せに暮らせることを望んでいるから。

私たちの前世で何が起こったのかを知る必要はないでしょう。

「以前、女神は私になりすましていた。ですが、彼女は千年の間ひどく苦しんだので、本当は誰かを騙したくなかったのです。彼女はそんな人ではないので、あまりひどく考えないでください」

私は彼らにセルを非難したり憎んだりしてほしくない。

友達が元の状態に戻ってくれて本当に良かった。

「アンシア、あなたがそう言うなら、私が彼女を責める必要はありません。でも、早くあなたに気づけなかったので、ごめんなさい」

「お父様、分からないのは当然だと思います」

ブレイクが認識したことが驚くべきだっただけ。

私が誰かを責める理由はない。

「アンシア・・・」

私が何を言っても、テステオンの表情は変わらなかった。

それで私は笑って冗談を話す。

「ちなみに、なぜお父様はそんなに変わっていないのですか?」

「私ですか?」

「はい、あなたはまだ帝国でトップのハンサムな男性としての地位から降りていません」

7年経っても、テステオンはあまり変わっていない。

むしろ、人々はまだ彼に近づくことを恐れていたが、彼のカリスマ性はさらに強くなった。

「またそんな冗談を言って・・・」

テステオンは少し眉をひそめて恥ずかしそうな表情を浮かべる。

賞賛に対する彼の免疫の欠如は変わらないままだ。

「ごほん」

ブレイクがテステオンの横から故意に咳をした。

「食事はいつ到着しますか?」

ブレイクはかなり素っ気なく尋ねた。

彼はどうして機嫌が悪いのでしょうか?

お腹が空いたのでしょうか?

テーブルの上で韓国料理を見るやいなや、私は明るく笑った。

これらは私が好きでよく作った料理。

テステオンは本当に私のために特別に用意してくれたのだ。

「お父様、ありがとう」

「他に欲しいものがあれば教えてください」

「いいえ、十分すぎるほどです。ですが、ブレイクは食べることができますか?とても辛いに違いありません」

テステオンが私の好みに合わせて料理を作ったので、それらのほとんどはかなりスパイシーだ。

ブレイクが食べるのは難しいでしょう。

「大丈夫です」

ブレイクは、スプーン一杯のコチュジャンを口にすくい上げながら静かに言った。

「ブレイク!」

思わず驚いて叫んだ。

彼はそんなに辛いものを食べることができません!

コップ一杯の水を渡そうとしたが、ブレイクは軽く微笑んだ。

「本当に大丈夫ですか?」

「私は何歳だと思っているのですか?私はもう子供ではありません」

ブレイクの顔を観察する。

我慢しているようには見えなかった。

私のブレイクは本当に成長したようです。

「アンシア、なぜあなたはとても誇りに思うのですか?これは自然なことです」

ブレイクの眉はしわが寄っていた。

彼はまだ子供のように扱われるのが好きではないみたいだ。

「当時、私はあなたの食べ物に少量の唐辛子粉を加えただけでしたが、あなたはそれを食べることができませんでした」

「一体いつの話を___」

「覚えてないの?」

「・・・いいえ。もちろん覚えています」

覚えていないふりをするのは可愛かった。

「アンシア、あなたはまだあなたの夫をからかうのが好きなのですか?」

ブレイクの口角が上がると、彼は私の手をしっかりと握る。

「私はあなたが私のために作ったすべてのものをいつも楽しんできました。私はとても良い夫ですから」

彼は恥ずかしそうに言って無邪気に微笑む。

ブレイクの可愛らしさのおかげで、7年ぶりに胸がドキドキした。

私のウサギはまだ可愛いです。

何も変わっていない。

私はブレイクをしっかりと抱きしめ、彼の髪を撫でたかった。

しかし、反対側から咳が聞こえる。

「ごほん」

びっくりしてテステオンを見た。

「アンシア、あなたはお腹が空いているに違いありません。どうぞ食べてください」

「はい、お父様」

花婿の可愛さで、テステオンが一緒にいたことを忘れていた。

私はすぐにスプーンを手に取る。

それぞれの料理を味わうたびに、私は明るく微笑んだ。

これがテリーの料理だとすぐに分かった。

私が去った後、彼は東洋の料理を作らなかったと聞いたが、彼のスキルはまったく錆びていません。

私を笑顔にしたのは味だけではない。

ブレイクとお父様の両方がいるから。

私たちがまた一緒に食事をするという考えだけで、すでに私を幸せだった。

「お父様、塩辛いものは食べないでください。それはあなたの健康に良くありません」

「分かりました」

「ブレイク、辛すぎるものは食べないでください」

「はい」

ブレイクはうなずき、素直に同意する。

短い沈黙が私たちにやってきた。

(昔に戻ったような気がする・・・)

何も言わなかったとき、部屋に静まり返った。

他の2人は食事中ほとんど話さない。

テステオンはブレイクと話すのを躊躇い、ブレイクは私だけを見ていた。

テステオンに剣術を必死に教えてもらうことで必死に築き上げようとした父と息子の関係は、もはや見えなくなった。

これは私のせいだったので気分が落ち込んでしまう。

「「アンシア、どうした?」」

ブレイクとテステオンが心配そうに私に尋ねる。

「私のために二人の関係が厄介になっているのではないかと思って・・・」

「「そんなことはない!」」

二人とも急いで否定した。

「本当?」

「もちろんです。陛下、これを食べてみてください」

ブレイクがテステオンに料理を勧めたとき、彼はすぐにうなずいた。

「・・・ありがとう、とても美味しいです」

会話を交わしても、ぎこちなさは消えない。

私が心配するのではないかと心配していたので、彼らが演技をしているのは明らかだった。

それでも、どちらもお互いに嫌悪や恨みの兆候は見られない。

すぐに良くなるでしょう。

「「アンシア、あなたもこれを食べてみてください」」

二人がほぼ同時に話す。

彼らはいくつかの点で非常に似ているが、彼らがそれを認識していないのは残念です。

私が彼らを強制したとしても、彼らはただぎこちなく行動し続けるでしょう。

アンシア、リラックスしましょう。

私たちは今、永遠に一緒なのだから。

私もブレイクも消えません。

たくさんの時間があるのだから、ゆっくりと進んでいきましょう。

 



 

久しぶりの親子3人!

この光景が見たかったです!

テステオンとブレイクの関係は以前のように戻ってしまいましたが、アンシアがいるので大丈夫でしょう。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【125話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は125話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...