目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【122話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は122をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

122話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【121話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は121話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • side セルファニア③

千年の間に、私は少しずつ変わっていった。

すべての希望を失い、この場所から逃げ出して二度と光を見ることがないだろうと思ってたのだ。

しかし、ラオンテルが現れたとき希望を取り戻す。

「親友のラオンテルに・・・、ラオンテルに会わなきゃ!」

必死になって自分自身を引き寄せ、なんとか封印を破った。

しかし、フィリップの子孫が再び彼女を封印し、私は絶望する。

これを経験している間、私はラオンテルが幸せに暮らしているのを見ていた。

「アンシア、あなたは私から離れることはできない!」

王子はラクシュルの生まれ変わり。

二人は毎日とても幸せそうに見えた。

彼女は皇太子のことだけを考え、私のことを忘れている。

「私は忘れられました・・・」

ラオンテルのことは嫌いだけど、彼女は私の唯一の友達。

私は、ラオンテルが私との思い出を思い出すのを助けるために最善を尽くした。

記憶を取り戻すのを手伝うために彼女に何度も呼びかけた。

そしてついに、ラオンテルが私のことを思い出してくれたのだ!

彼女は私の封印を解いてくれた。

「なんでこんなに遅かったの!?あなたは遅すぎます!ラオンテル、あなたは私を救うと言った!あなたは私の唯一の友達なのに!」

「ごめんなさい、ごめんなさい・・・」

ラオンテルが私に謝罪する。

「私はあなたが嫌い・・・、私はあなたが嫌いです!何度も連絡しました!私が持っているのはあなただけです・・・」

千年後に再び会った友人に悲しみをぶつけたが、それがラオンテルのせいではないことを私は知っていた。

私を救ってくれたのはラオンテルだけ。

これはすべてフィリップのせい。

彼が所有していたすべてのもの、彼の子孫、そして彼が設立した国を取り除きたい。

全てを取り除けば、ラオンテルは私と一緒に暮らすでしょう。

他には何も必要ない。

それなのに・・・。

「セル、やめてください。復讐の名の下に罪のない人々を殺すべきではありません・・・」

それなのに、ラオンテルは私を止めようとした。

私を選ばず、代わりに汚い帝国を護ろうとした!

裏切られたような感覚に。

ラオンテルは私よりもフィリップを選んだの?

フィリップの帝国と彼の子孫は私よりも重要だったの?

それとも、皇太子のせい?

皇太子・・・、そうです、彼が原因だ。

ラクシュルがラオンテルに近づこうとした瞬間が、このすべての破壊の始まり。

彼がいなかったら、フィリップはあのような方法を使わなかっただろう。

だからフィリップは私を裏切って無数の罪のない人々を殺したのです!

それはすべてあの皇太子のせい!

千年後に生まれ変わったラオンテルが私の言うことを聞かなかったのも皇太子のせいだ!

彼女は皇太子を愛したので、私の言葉に耳を傾けてくれなかった!

フィリップの裏切りに耐え、千年の間暗闇の扉に閉じ込められた後、私の心は完全に崩壊していた。

「彼がそんなに大切な人なら、代わりにあなたの人生をください」

「今すぐ殺してください。ですが、私の人生と引き換えに、彼に触れないでください」

その瞬間、自分でも止められない怒りが急上昇したのを感じた。

「それなら死ね!私のために死ね!私はあなたを信頼し、長い間待っていました!」

私は怒っていた。

ラオンテルが皇太子のためにとても簡単に彼女の人生を諦めたという事実に。

アンシアを攻撃する。

彼女はラオンテルの生まれ変わりだったので、彼女は私が与えた光の力を持ってた。

だからもちろん、アンシアは私の攻撃を止めるだろうと思っていた。

皇太子のために自らの命を捧げることはないと信じて。

彼らの愛は浅い。

しかし、アンシアは私の攻撃を止める気配を見せなかった。

「ラ、ラオンテル?」

慌てて癒しの呪文を唱えようとしたが、すでに手遅れだった。

「私がラオンテルを殺した?」

立っているのが辛い・・・。

突然、白い光がアンシアのブレスレットから現れて、彼女の全身を包み込んだ。

ブレスレットがアンシアを保護していたのだ。

「ラオン!ラオン、ダメ!死んじゃダメ!」

ブレスレットは彼女を守ったが、それだけでは十分ではなかった。

ラオンテルの微かな鼓動を感じる。

彼女はまだ呼吸をしていたが、長くは続かなかったでしょう。

私はすぐに体を切り替えて彼女を救った。

この体は彼女の魂のために生き残っただけ。

100日程度しか生きることはできない。

しかし、それでもアンシアが無駄に死ぬよりはましだった。

緊急事態のため、私はすぐに体を交換する。

しかし、他人の体を乗っ取るのは黒魔術。

意図は良かったが、それでも私は罰せられた。

気持ちと記憶がガラスのように打ち砕かれていく。

愛、思いやり、憎しみ、憧れ、孤独などの感情が消えた。

 



 

アンシアを闇の扉から送り出す。

私の魂はなんとかアンシアの体を癒した。

しかし、私の気持ちと記憶はもはや損なわれていた。

「私はあなたが嫌いです!私はあなたが嫌いです!」

アンシアに対する恨み。

自分よりも男を選んだことでラオンテルを嫌っていた。

ラオンテルが自分を捨てたことを嫌っていた。

同時に、心配していた。

ラオンテルが私と同じことを経験した場合は?

彼女が私のように捨てられた場合は?

いいえ。

ラオンテルは生きなければならない。

私は、私の唯一の友人を救うために生きなければならない。

ラオンテルを助ける必要がありました。

私はラオンテルに愛がどれほど役に立たなかったかを知らせなければなりません。

アンシアに占領されていた私の体は持ちこたえられず、声を失った。

しかし、アンシアは頑固であり続けた。

だから、私は彼女の祝福と光の力を返さなかった。

「これは、私の唯一の友人であるラオンテルへのすべての教訓です。ラオンテルは最終的に理解するでしょう」

私はそう考えたが、それは役に立たなかった。

現在アンシアであったラオンテルは、私の言葉に耳を傾けてくれない。

 



 

ラオンテルは私ではなく皇太子を選び、皇太子もラオンテルから背を向けなかった。

彼女は別の体を持っていて、声がなく、光の力を失っていたにもかかわらず、皇太子は彼女を認識していた。

「なぜ?なんでなの?どうして!?」

私は混乱した。

混乱して、私はリチャードの元へ。

なぜ私はここに来たのですか?

自分でも分からない。

リチャードはフィリップの生まれ変わりであるだけでなく、顔もフィリップの顔に似ていた。

フィリップがとても嫌っていた銀の髪は今や黒く、ゼルカン帝国の王室に似ている。

彼の外見は千年前とほぼ同じ。

リチャードは渡すに親切だったので幸せだった。

しかし、彼が親切だったほど、私は空っぽに感じてしまう。

「どうして?なぜ私はあの暗闇の中で立ち往生したのですか?フィリップが私を裏切ったのはなぜですか?見た目が原因なの?私が火傷跡を得たので、私に対するフィリップの行動は変わりました。ラオンテルは可愛くて、美しい体に生まれ変わったのに。だから好きなの?どうして・・・?」

自分が何を言っているのかさえ分からなくなる。

今、私は過去に起こったすべての出来事を思い出すことができなかった。

悲しくて惨めな思い出しか覚えていない。

やがて、リチャードは彼の本性を示した。

私に多くの悪いアドバイスをした後、彼は毒の瓶を私の手に置いたのだ。

「私たちが一緒になるためには、皇太子を殺さなければなりません」

彼は再び私を利用しようとした。

リチャードが自分にしたこと全てを知っていたが、それでも私は洗脳されたふりをして、リチャードが指示したように宮殿に入る。

人間は貪欲で強迫的だ。

皇太子もそうなると確信していた。

アンシアと同じ姿の女性が現れたら、皇太子はすぐに本物のアンシアを忘れてしまうでしょう。

「私が偽物であるにもかかわらず、皇太子が彼女を捨てて私に恋をするのを見たら、ラオンテルはどう思いますか?」

アンシアに対して罪悪感と申し訳ない気持ちを感じたが、私は諦めなかった。

ラオンテルが捨てられれば、彼女はすぐに何が正しくて何が間違っているかを理解するでしょう。

しかし、皇太子はそれほど簡単ではなかった。

どうして?

アンシアの体は美しい外観だが、皇太子は目もくれない。

彼は私の外見に動揺せず、代わりに本物のアンシアを認識した。

彼はアンシアを救うために命を捧げさえしたのだ。

「光の女神、もし私があなたの呪いで死んだら、あなたの恨みは消えますか?」

過去を思い出しても答えを見つけることができない。

分からない。

自分が何を望んでいるのか分からなかった。

「私の夢の中で、あなたはとても痛々しいほど悲鳴を上げましたが、目が覚めたときはいつも忘れていました。私はあなたのことを思い出せなかったので、あなたを助けることができませんでした。本当にごめんなさい」

ごめんなさい。

ごめんなさい。

ごめんなさい。

その言葉を聞いて、涙が私の顔に流れ落ちた。

 



 

セルファニア・・・。

フィリップに裏切られて、千年もの間閉じ込められたら気が狂うのも当然のことでしょう。

体を交換した理由はアンシアを救うためだったのですね。

ブレイクの言葉を受けて、セルファニアの心境に変化は起きたのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【123話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は123話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...