目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【118話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は118をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

118話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【117話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は117話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ローズの料理

チェルシーはブレイクを完全に諦めていた。

彼女がローズのメイドになったのは好奇心から。

彼女は、7年間閉ざされていた皇太子の心を開いた女性に興味を持ったのだ。

ローズがどんな女性なのか気になっただけ。

チェルシーは、皇太子が最終的に誰を選ぶかについて興味はない。

しかし、彼女はこの状況を嫌っていた。

彼女は、些細な嫉妬のためにローズの料理が無駄になるのを見たくなかったのだ。

「食品には細菌が含まれている可能性があります」

「あなたが細菌なのでは?」

「何ですって!?」

「細菌が何であるか分からないのですか?あなたは無知なのですか?」

「ちょっと!」

両陣営がさらに熱くなる中、周囲の人々は止めるつもりもなくただ立ち止まって見守っていた。

それから、時計を見た後、シャーロットはもう我慢できずに口を開く。

「それが何であれ、とりあえず持って行きましょう。殿下と皇太子妃が待っています!」

「殿下がこの種の食べ物を食べて病気になっても構わないと言っているのですか?」

カミラはシャーロットの発言に反論する。

シャーロットは自分の味方だと思っていたが、彼女は裏切ったのだ。

「皇太子が病気になった場合、チェルシーとミス・ローズが責任を負います。とりあえず行きましょう。言い争いが原因で遅れていることに気付いた場合、私たちは罰せられます」

シャーロットは何よりも叱られるのが嫌だった。

彼女がそう言ったとき、他のメイドも同意する。

カミラはチェルシーの手にある皿を静かに見つめた。

皇太子が昔、東洋の料理を楽しんだことはよく知られていた話だ。

でもキノコだらけだったので、皇太子が食べるかどうか分からない。

それどころか、彼は腹を立てることさえあるかもしれなかった。

チェルシーが罰せられることを想定し、カミラは内心で微笑む。

「そうですね、選択の余地はありませんでした」

ローズの料理が出されることになったが、別の問題が。

「メインディッシュはありません。おかずと前菜を組み合わせてみましょう」

カミラは前菜としてキノコの卵を提案する。

「ええ、そうしましょう」

チェルシーは軽くうなずいた。

今、彼らは皇太子に料理を提示しなければならない。

他のメイドはローズが作った料理に触れたくなかったので、チェルシーが代わりにそれをブレイクに提供することに。

その時、ブレイクは退屈な表情で座っていた。

目の前に皿が置かれているのを見ると、彼は大声で叫ぶ。

「誰がこれを作った?」

チェルシーはびっくりしたが、すぐに「ミス・ローズが作った」と答える。

「ローズが・・・?彼女は今何処にいる?」

「ミス・ローズはアモリア宮殿にいます」

ブレイクはすぐに席から立ち上がった。

その様子を見て、セルは動揺しながら彼に声をかける。

「で、殿下・・・。先に食事をしましょ___」

しかし、ブレイクは彼女の言葉を聞き終える前に手を振り解いた。

 



 

アモリア宮殿はとても静かだった。

アンシアが去って以来、この場所はいつもこうだった。

ブレイクはすぐに宮殿の中を探すが、ローズを見つけることができない。

急いで階段を駆け上がり、アンシアの部屋の前で立ち止まった。

長い間閉まっていたドアが何故か開いている。

慎重に中に入ると、彼はついにローズを見つけた。

アンシアの部屋は珍しいアイテムでいっぱいだ。

世界最大のピンクダイヤモンド、金で作られたテディベア、そしてマナストーンで作られたネックレス。

アンシアが皇帝とブレイクの両方から受け取った宝物が彼女の部屋を埋め尽くした。

ローズは机の上の花を見つめていた。

彼女は物欲しそうな表情で赤いバラを見て、花びらに軽く触れる。

それが世界で最も貴重な宝物であるかのように注意深く。

ブレイクがその光景を見た瞬間、理性の糸が彼の中に飛び込んできた。

今まではローズに関しては完全に確信が持てなかったので、まだ少し躊躇いがあった。

けれど今、彼は確信する。

ただの花にそのように反応する人は他にいない。

「アンシア」

ブレイクは彼の唯一の妻の名前を呼ぶ。

この部屋は少しも変わっていなかった。

彼らは私が戻ってくると信じていたに違いないので、部屋はそのままだった。

机の上のバラを見つける。

それはブレイクが私にくれた最初の贈り物。

花びらをじっと見つめながら、慎重に触れる。

バラは魔法で保存されていたが、時間が経っているから悪くなるのではないかと心配だった。

柔らかい花びらに指が触れた瞬間、強い懐かしさを感じる。

「アンシア」

突然の音に驚いて振り返ると、ブレイクがドアのところに立っているのを見つけた。

気づけば、彼は私を抱きしめていた。

「アンシア」

彼はまた私の名前を呼ぶ。

ブレイクの瞳を見つめる。

尋ねる必要はなかった。

彼は私がアンシアだと確信していたから。

私も自分がアンシアだと言いたかった。

けれど、私の全身は再び固くなるでしょう。

ブレイクが私の頬を撫でる。

「アンシア・・・、あなたはアンシアですよね?」

「・・・」

「初めてあなたに会って以来、私はあなたに惹かれていました。私の心はいつもあなたに応えました。笑うと幸せになり、泣くと悲しい。あなたが他の男性を見たとき、私は嫉妬しました。それはいつもあなたでした。私はあなたに対してこのように感じたことがあります。あなたはアンシア、私の妻です」

「・・・」

「アンシア、答えてください。私はあなたの夫です」

私が何も言わずにそこに立ったとき、ブレイクは私に懇願する。

私も言いたかった。

唇を動かそうとしたが、まるで唇がくっついているような感覚に。

頑張って唇を少し開く。

『ブレイク・・・』

彼の名前を呼んだ。

口にしかできなかったが、彼の名前を初めて呼べた。

自分がアンシアだと言いたいけれど、何も言えない。

突然、ブレイクが私にキスをした。

突然のキスに一瞬驚いたが、すぐに返事をする。

いつも彼を取り囲んでいた薔薇の微かな匂いが。

私たちの唇はしばらくして別れ、彼は再び私を抱きしめた。

「アンシア、あなたがいなくて寂しかった。私はあなたがいなくて寂しかった・・・」

ブレイクが私の頬を撫でる。

同じと言いたかったが、突然全身が熱くなり、口から血が滴り落ちた。

急いで口を閉じたが、すでに指から血が滴っている。

「アンシア!」

ブレイクの緊急の叫びを聞く。

大丈夫だと彼に伝えたかったが、私は気を失ってしまった。

 



 

ブレイクが食事中に突然去った後、セルはセフィア宮殿の彼女の部屋に戻る。

シェルはアンシアを追ってアモリア宮殿に行き、彼女が見たものをすぐに報告した。

セルはシェルの報告に耳を傾け、頭をドアの方に向ける。

ドアが開き、ブレイクが中に入ってきた。

シェルは驚いて、すぐに身を隠す。

セルは無邪気な表情を浮かべていた。

「殿下、あんなに急に立ち去ってはいけません。私は一人で待っていました」

「もう演技をする必要はありません」

ブレイクはセルの手を激しく振り落とす。

セルは目を広げて彼を見た。

「殿下、何のことを言っているのですか?演技とはどういう意味ですか?」

「アンシアに何をした?」

アンシアが気を失った瞬間、彼は彼女の周りを流れる小さな光を発見した。

ブレイクは最初はそれが何であるかを分からなかった。

しかし、彼は小さな光がセフィア宮殿に飛んでいくのを見たのだ。

「え?それはどういう意味ですか?」

「演技をやめろ。私はあなたのそばに小さな光が動いているのを知っています」

ブレイクは剣を抜いてセルの首に向けた。

「人間は愚かですが、あなたは見つけ出すことができたのですね」

「お前は誰だ?そして、アンシアに何をした?」

 



 

ついにブレイクがアンシアを確信しました!

アンシアの大好きだった料理がキッカケなのは感動です。

チェルシーがいなかったら、セルに毒を盛られていたかもしれません。

セルを問い詰めるブレイクでしが、アンシアを救うことはできるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【119話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は119話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...