目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【117話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は117をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

117話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は116話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アンシアとの食事会

「陛下、私に何か用でしょうか?」

ブレイクがテステオンのオフィスに入ると、彼はすぐに問いかけた。

二人の間には厄介な緊張が。

ブレイクはアンシアの失踪について父親を非難しなかった。

それとは別に、しかし、彼らの関係は以前のように徐々に弱まっている。

ブレイクはアンシアを失った後、悲しみに埋もれた。

テステオンはあの事件を自分のせいにし、罪悪感のために息子に近づくことができなかった。

7年間で、彼らの関係はゆっくりと悪化していたのだ。

「あなたとアンシアのことを聞きました」

「彼女がアンシアかどうかさえ分かりません」

ブレイクは即答する。

「彼女はアンシアではないと思いますか?」

「はい」

ブレイクは躊躇うことなく答えた。

彼は彼女が間違いなくアンシアではないと確信している。

「彼女の性格が変わったからですか?」

「陛下、あなたも感じているのではないでしょうか?」

「・・・」

テステオンはブレイクの言葉を聞いても驚かなかった。

テステオンは彼女が本物のアンシアだと思っている。

外見だけでなく、彼女の力と言語スキルも理由だ。

もちろん、テステオンは彼女の言葉や行動に何かがおかしいと感じていた。

しかし、リチャードが彼女を連れてきたとき、彼はすでに彼女のスキルをテストしている。

彼はチャン帝国からの小説を含む彼女のスキルをテストするために各国から本を取り寄せた。

自分の子供を亡くして別の子供を養子にした老夫婦の小説だったが、その養子に裏切られた話。

最終的に、老夫婦は自分の子供を見つけ、ハッピーエンドに達した。

しかし、彼らはその過程で多くの浮き沈みを経験する。

アンシアはその話を読み、冷静に意見を述べた。

「彼らは馬鹿です。彼らはそもそも人間を受け入れるべきではなかった。人間は信頼できません」

彼女の声には深い憎しみが含まれていた。

テステオンは、彼女が多くのことを経験したと推測する。

おそらく、それが彼女が記憶を失った理由なのでしょう。

過去7年間経験したことは、彼女がそれについて考えたくなかったほど酷いものだったはず。

テステオンはアンシアを見つけるためにあらゆることをした。

アンシアが闇の扉に入る前に、彼女を止めるべきだった。

「ブレイク、彼女の世話をしてください」

「それは彼女の性格だけではありません。彼女を疑わせる要因はたくさんあります」

ブレイクは頑なだ。

「あの子は言語能力と光の力を持っていました。他の誰もそれを真似ることはできませんで」

客観的には、テステオンが正しいのだろう。

しかし、ブレイクは彼女を受け入れることができなかった。

彼は代わりにローズのことを考える。

もしローズに会わなかったら、自分は彼女がアンシアだと信じていただろうか?

いいえ、それでも彼女を信じなかっただろう。

ローズに会わなくても、騙されることはなかった。

ブレイクは本能的にそう感じる。

彼女が自分がアンシアであると主張するのを見たとき、彼は反発を感じていた。

「リチャードはこの背後にいる可能性があります」

「私もリチャードを調査していますが、彼が私たちに偽のアンシアを送ったとしても、彼女は本物のアンシアを模倣することはできません。ブレイク、あなたはそれをよく知っていますね?」

「・・・」

テステオンの言葉は完全に合理的だ。

その上、彼女から流れる光の力は本物。

あの光は誰にも真似できないのだから。

「一度彼女と食事をするのはどうですか?あなたが彼女を優しく扱うなら、彼女の記憶はすぐに戻ってきて、彼女は以前のように振る舞うでしょう」

ブレイクはゆっくりと口を開いた。

「・・・分かりました。私はあなたの命令に従います。しかし、1つ条件があります」

「条件?」

「私が彼女と食事をするのと引き換えに、あなたも彼女に会ってくれますか?」

「・・・混沌の谷で見つけた女性のことですか?」

「はい」

「もちろんです」

テステオンはまた、「ローズ」と呼ばれる女性に会いたかった。

アンシアが行方不明になったので、ブレイクは彼の心に誰も入れなかった。

しかし、彼は突然別の女性に興味を示したのだ。

アンシアを捨てるくらいに。

「ありがとう、陛下」

テステオンが同意したとき、ブレイクの口は笑顔に曲がった。

テステオンが7年ぶりに彼から見た本物の笑顔だ。

 



 

ブレイクは約束通りアンシアを夕食に招待する。

アンシアは着飾って訪れ、彼女はとても美しく見えた。

しかし、ブレイクは彼女に何の反応も示さない。

「ブレイク、あなたが私を招待してくれてとても嬉しいです。夢のように感じます」

「座ってください」

「はい」

アンシアはブレイクの反対側に座って、大きく笑う。

彼女は突然、変わった形の本をテーブルに置いた。

ブレイクがそれをちらっと見たとき、彼女は広く微笑んだ。

「これは本です。内容は読みづらかったですが、とても面白いです!」

彼女はその本を開いて声を出して読み始める。

「子供は神によって選ばれます。彼はすべての人から尊敬されています。しかし、彼がその力を乱用した場合、神は子供を罰するでしょう」

それは王国の創設についての本であり、その内容は複雑で困難。

ブレイクは突然、その本を持ってくるという彼女の意図に気づいた。

彼女は自分が多言語であることを自分に見せようとしているのでしょう。

ブレイクは眉をひそめる。

彼はすでに彼女が偽物であると確信していた。

しかし、彼はそれを明らかにしないように一生懸命努力する。

彼女が偽物であったとしても、彼女の能力は本物だ。

彼女はアンシアと関係があるに違いない。

より多くの情報を見つけるために、彼はうまく行動する必要があった。

できるだけ早くこの位置から抜け出したいと思っていたが、食事はまだ準備ができていないようだ。

 



 

「チェルシー、あなたはどんなナンセンスを話しているのですか!?」

「なぜナンセンスなのですか!?」

カミラとチェルシーは台所で口論していた。

「これを殿下に本当に与えるつもりですか?」

「何か問題があるのですか?」

チェルシーはローズが作った料理を持って、誇らしげに頭を上げる。

彼女はローズの料理を皇太子に贈ろうとしていたのだ。

そのため、彼女はローズを追いかけず、代わりに食べ物を守るために後ろに留まっていた。

「シェフは問題ないと言ったわ」

チェルシーは密かにシェフから許可を得ている。

ローズの料理を味わった後、彼はその料理がユニークで風味豊かであると賞賛したのだ。

シェフも料理を提供しても大丈夫と言っている。

にもかかわらず、カミラはまだ反対していた。

この戦いの真っ只中に、料理人は口を閉じて後退することしかできない。

「陛下はきのこが嫌いです」

「アレルギーではないので、大丈夫です!」

「チェルシー、殿下がその料理を食べると本当に思いますか?」

「ローズ様が作ったと言えば、殿下は喜んで食べてくれるでしょう」

カミラはチェルシーを睨みつける。

「殿下が気に入らないと確信しているのはなぜですか?」

「私は・・・!」

カミラは激怒した。

「私は長い間、殿下に仕えてきました!彼の好みは私が一番分かっています!」

しかし、誰もカミラの言葉に同意しない。

「私はあなた方よりも殿下をよく知っています。私は彼と長い間一緒にいたので・・・」

彼女の声は徐々に弱まった。

カミラは確かに長い間ブレイクに仕えていたが、彼は自分の名前すら知らない。

カミラは自信を失い、「不器用な料理で宮殿の名誉を傷つけることはできません」と激しく付け加えた。

カミラはブレイクを愛している。

実際、彼女は皇太子妃が戻ってきたことに満足していなかった。

しかし、王女は子供の頃に結婚した女の子に過ぎなかったので、自分にはまだチャンスがあると考えている。

カミラはローズが嫌いだった。

あの女性を好きになったことは一度もない。

彼女はローズが作った食べ物をブレイクが食べているのを見るのに我慢できなかった。

彼女はローズと皇太子ができる限り近づくのを止めたかったのだ。

「カミラ、なぜあなたは知らないのですか?皇太子殿下は以前、東洋料理を楽しんでいました。だからこの料理は完璧になるでしょう」

他のメイドは、チェルシーがローズの料理にとても自信を持っていることを笑っただけ。

チェルシーもかつて彼らのようだったが、今では皇太子の女性になりたいと思っていない。

もちろん、ブレイクは魅力的な男性だったので、最初は彼女も彼に興味を持っていた。

しかし、彼を近くから見た後、彼女はその考えを諦めた。

ブレイクは一生を一人の女性に捧げていたのだから。

彼はすでにその女性に心を尽くしていて、他の誰のためのスペースもない。

チェルシーは情熱的な愛を望んでいたが、少なくとも人生の重荷を一緒に分かち合うことができるパートナーを望んでいる。

彼女はすでに別の女性に心を捧げていた男の背中を見て、孤独に苦しむことを望んでいなかった。

 



 

偽物のアンシアと食事を取ることにしたブレイク。

このままでは毒薬を入れられてしまうでしょう。

ローズの料理は提供されるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【118話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は118話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...