目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【116話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は116をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

116話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【115話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は115話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 緊迫した雰囲気

『そのような冗談を言わないでください!本当に驚いたのですから!』

「ローズ、心配してくれたのですか?」

『当たり前です!』

「すみません。でも心配してくれて嬉しいです」

ブレイクが私の手を握る。

『そんなこと言わないでください。誰かのことを心配するのは気分が悪いです』

私はそれに応じて彼の手を握った。

彼の小さくてふっくらとした手は今や男性の手に変わっている。

ブレイクは私よりずっと背が高く、大きく、そして強かったが、それでも私は彼のことを心配していた。

「分かりました、もうしません。ですから、そのような顔をしないでください」

ブレイクは私の頭を撫でた。

笑顔を浮かべる。

ブレイクが悲しむのを見たくなかったから。

『あなたは本当に傷ついていませんよね?』

「ええ、私はまったく傷ついていません」

念のため彼の手首を再確認していると、エドンが近づいてきた。

「殿下、怪我をしたと聞きましたが、大丈夫そうですね」

「何か用か?」

「陛下がお呼びです」

「今はできないと伝えてください。これからローズに教える必要がありますので」

そう言って、ブレイクは私を見つめる。

『私のことは気にしないでください。朝、図書館に行きました。疲れたので今日は戻りますね』

「・・・分かりました」

ブレイクがガッカリした子犬に似ているのを見て、私の決意は少し弱くなった。

「ローズ、夜に一緒に勉強しましょう」

『夜ですか?』

「ええ。嫌ですか?」

「・・・いいえ。一緒に勉強がしたいです」

そう答えると、ブレイクは明るく笑う。

 



 

「ああ、どうすればいいのでしょうか!」

宮殿に入ると、なんだか緊張した雰囲気だった。

なぜたくさんの人が集まっているのかと思って、すぐにチェルシーに近づく。

「ミスローズ!」

私はすぐにノートに書き込み、何が起こっているのか尋ねた。

「シェフが怪我をしてしまったのです」

『酷い怪我なのですか?』

チェルシーは首を横に振る。

「いいえ、彼は少し滑って背中を捻ったらしいです。ですが、数日間は料理ができないらしくて・・・」

捻挫も危険だが、命に関わるような怪我じゃないことは幸運でしょう。

「シェフのテリーは他のシェフと一緒に食材を集めに行きました。メリッサは今日遅く戻ってきます。ですので、食事の準備が・・・」

メイドたちの多くは貴族の子供。

彼らは滅多に自分で料理をしないのでしょう。

『私が作ります』

「ローズ様が?」

私はうなずいて部屋に入ろうとするが、カミラが私を止めた。

「何をしているのですか?」

彼女の声は警戒心に満ちている。

「ローズ様が今日の食事を準備すると言いました」

チェルシーが説明してくれたが、カミラの表情は険しいままだ。

「何を言っているのですか?部外者は許可されていません」

「ミスローズが部外者?」

「彼女はゲストです」

「はい、でも他に方法はありません。今回はミスローズにお任せしましょう。もうすぐランチタイムになります」

「・・・」

他のメイドたちは同意したが、カミラは不満を感じて口を閉じたまま。

「食事を出さないよりも100倍優れているわ」

私を憎んだシャーロットでさえ同意した。

久しぶりにキッチンに入る。

キッチンを見て、なぜ彼らがパニックになっているのか理解した。

スープ以外は何も準備ができていないのだ。

すべてを一から作らなければなりません。

「ミスローズ、大丈夫ですか?」

チェルシーは少し緊張しているようだ。

しかし、私は彼女にニヤリと笑っただけ。

昼食まであと2時間しかない。

具材を取り出してすぐに料理を始めた。

時間もないので、馴染みのある料理を作ることに。

きのこを細かく刻んで調理する。

「殿下はキノコが嫌いなのよ」

私の調理を見て、メイドたちは嘲笑した。

(心配しないでください。これは彼のお気に入りの料理です)

料理の仕方を忘れていたらどうするか心配でしたが、幸いなことにすべて覚えている。

チェルシーも私のアシスタントに入ってくれた。

 



 

「これは何ですか!?殿下にこんな料理を食べさせるつもりなのですか?」

カミラは驚いて声を上げる。

他のメイドも同情していた。

「ミスローズ、あなたがとても自信を持っていたので、私たちはあなたを信頼できると思いました!しかし、これはどのような奇妙な料理ですか?」

「発言に注意してください。これは東部料理です」

私が説明しなかったにもかかわらず、チェルシーはこの料理が東からのものであることを認識していた。

「東部料理?」

「はい、皇太子殿下は当時、東洋料理を楽しんでいたと聞きました。ですから問題はありません」

「本当に・・・?」

チェルシーの家系は、帝国で最高の1つと見なされていた商人ギルドを所有していたため、あらゆる種類の情報とそれらを収集する優れた能力を持っていた。

彼女の説明を聞いた後、みんなが黙り込む、

しかし、カミラは固執していた。

「それは殿下が子供の頃の話で、彼は今キノコ料理を嫌っています。彼が東洋料理を食べるのを見たことがありません 」

「ローズ様が作った料理なので、殿下は気に入るはずです。カミラ、あなたはもう少し礼儀正しくしてください。ミスローズは殿下の大事なゲストなのです」

「チェルシー、私に警告しないでちょうだい。あなたはメイドの中で最後に来ました。私はあなたの先輩です」

「はあ?」

チェルシーは唖然とする。

「私はあなたの先輩です。もちろん、あなたは私に従う必要があります」

カミラは私を冷たく睨みつけた。

「別のシェフに連絡しました。シェフがもうすぐ到着しますので、ミスローズは出て行ってください」

「なぜ今言うのですか!?料理はすでにできました!最初からこれを行うつもりなら、慌てる必要はありませんでした!」

「彼女がこんな料理を作るとは思わなかったからよ」

「嘘をつかないで!あなたは台所にも来ず、シェフに連絡しました!ローズに最初から料理させたくなかったのです!」

チェルシーが言ったように、カミラは台所にさえ入らずにシェフに連絡していた。

彼女は私の料理を見ずに連絡したのだ。

嘘がバレたにもかかわらず、カミラは自信を持っていた。

「どうすればそのような女性が作った料理を殿下に与えることができますか?彼女の病気が広がったらどうするのですか?」

「それ以上の無礼な発言は___!」

「まあ、それは間違いではありません」

シャーロットがカミラに同意したとき、他のメイドも同意する。

「その通りです」

「私もそう思います」

「あなたたち!」

私はすぐにチェルシーの袖を引っ張った。

『大丈夫』

「ですが、ミス・ローズ。私たちはすでに料理を完成しました・・・」

私はノートにもう一度書いた。

『本当に大丈夫ですから』

私はチェルシーに微笑んで、台所を出ていく。

ホールに沿って歩いていると、突然、エドンが現れた。

「ローズ様、どこへ行くのですか?」

『アモリア宮殿に行きます』

大丈夫なふりをしていたけれど、それでも動揺していた。

アモリア宮殿に行けば、心が落ち着くかもしれない。

それからエドンは微笑んだ。

「分かりました。私がミスローズを宮殿に連れて行きます」

『必要ありません』

首を横に振って手を振ったが、彼は離れない。

「殿下は私にあなたを護衛するように命じました。一人で向かわれると私が困ります」

エドンはそう言って微笑んだ。

『ありがとうございます』

丁寧に頭を下げた。

「ミスローズ、私はとても感謝しています」

彼は突然私に感謝する。

「正直なところ、殿下は皇太子妃様が行方不明になった後、非常に苦労しました。ですが、彼はミス・ローズに会って以来、ずっと明るくなっています」

「・・・」

「私が最後に殿下の笑顔を見たのは何年も前のことです。これはすべてミスローズのおかげです。本当にありがとうございます」

ブレイクに対するエドンの愛情を彼の言葉で感じることができた。

ブレイクが彼の側に多くの良い人々を持っていたのは幸運です。

 



 

チェルシー以外のメイドをクビにしてください!

ブレイクがこの光景を見たら、彼女たちは解雇だけで終わらない気がします。

ブレイクがテステオンに呼ばれた理由は想像がつきますね・・・。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【117話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は117話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...