目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【115話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は115をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

115話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【114話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は114話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 模擬戦

図書館で自分の制限についての本を読んだけれど、言語能力がなかったのでほとんど読めなかった。

文章は難しく、魔法で作られた特別な言葉が混ざっているのだ。

言語能力があれば、簡単に読むことができたでしょう。

けれど、このまま諦めるつもりはありません。

ブレイクに助けを求めたり、皇居の魔法使いを見つけたり、何か他のものを思いついたりすることができるはず。

制限を解除するために最善を尽くし、ブレイクに私とセルについての真実を伝えないと。

セルに会うのがこれを終わらせる最も速い方法だと思うが、彼女は露骨に私を避けていた。

さらに、私たちがお互いに会ったとき、彼女は敵対的でさえある。

私が彼女に話しかけたら、代わりに彼女を挑発することになるかもしれない。

本を閉じると、突然目眩を感じたので、しばらく椅子に座ってから起き上がった。

このまま怠惰になり続けることはできない。

軽い散歩に行くべきでしょう。

「こんにちは」

一人で散歩していると、誰かが挨拶をしてくれる。

振り返ると、ジェイデンだと分かった。

彼は快適な服を着て、手に訓練用の剣を持っている。

私は彼に手紙を書いた。

『まだトレーニング中ですか?』

ジェイデンは私の文章を見てうなずく。

「はい」

創立日の前、皇居の騎士たちには小さな休憩が与えられた。

もちろん、彼らは仕事をしているが、創立日の終わりまで正式な訓練は行われないのだ。

誰もが休んでいたにもかかわらず、ジェイデンはまだトレーニングを続けていた。

『あなたは素晴らしいです!』

ジェイデンに手紙を書くと、彼は恥ずかしそうに頭をかく。

「大したことではありません。まだまだ未熟なので努力しないといけませんから」

彼の言葉は過度に控えめだ。

ジェイデンの鈍い態度に不満を言った彼の先輩でさえ、彼のスキルを認めていた。

彼は騎士アカデミーの主席卒業生だったので、彼が本当に優秀なのは当然のことでしょう。

『あなたは謙虚すぎます』

ノートにもう一度書いたが、彼はすぐにそれを否定する。

「いいえ、私は皇太子に匹敵するものではありません」

ジェイデンがそう言うなら、ブレイクは彼のスキルで認められているということだ。

幼い頃からの彼の努力が報われたのを見て、私は自分が称賛されているように感じた。

すると突然、後ろからブレイクの声が聞こえてきた。

「お二人で何をそんなに楽しく話しているのですか?」

彼はさりげなく私の側に近づき、私の手をしっかりと握る。

アンシアと同じ姿の女性が現れても、彼の態度は変わらなかった。

けれど、まだ頭の中に疑問がある。

なぜブレイクは私にとても親切なのでしょうか?

『ジェイデンはトレーニング中です』

「本当に?」

言葉を口にすることで、ブレイクと話すのが簡単になった。

『休日にトレーニングをするのは素晴らしいことではありませんか?』

「ジェイデン、訓練しましょう」と言ったとき、私はジェイデンが喜ぶのを見た。

「光栄です」

ジェイデンは突然の対立に驚いたに違いないが、彼はすぐに頭を下げる。

 



 

彼らは畑に向かった。

皇太子とジェイデンが戦うのを知った人々は、多くの騎士が立ち寄って彼らを見守っている。

「ああ、ミスローズもいたのですね」

「こんにちは、ミスローズ」

彼らは私に挨拶した。

彼らはすでに私に慣れていたので、以前のように眉をひそめたり、見つめたり、不快な表情をしたりする人は誰もいない。

「あなたはとても美しくなったので、私はあなたが誰であるか気づきませんでした」

「その通りです。別人のように思えます」

彼らは友好的に私に話しかけた。

軽く微笑んで彼らに挨拶した後、再び畑を見る。

ジェイデンは大きな体格の騎士の1人。

ジェイデンの体格とは対照的に、ブレイクは細くて背が高かった。

そのせいか、お互いの前に立っているのを見て、どういうわけか心配になる。

ブレイクは大丈夫でしょうか?

緊張して向かい合っている二人を見ていると、後ろから騎士が話しているのが聞こえた。

「今回はどれくらいもつでしょうか?」

「ジェイデンは大丈夫ですか?」

「多分・・・」

「殿下は最近機嫌が良いので、大丈夫だと思うが・・・」

戸惑う騎士たちを見ていると、剣がぶつかる音がする。

振り返ると、ジェイデンが後ろに投げられているのが見えた。

え?

どうしたの?

状況が分からなかった。

「続けますか?」

「はい!お願いします!」

ジェイデンは苦労して立ち上がったが、表情はワクワクしている。

ブレイクはかつてジェイデンの立場にあった。

当時、彼は倒れ続け、剣を適切に握ることができなかったにもかかわらず、テステオンに直面したとき、彼の顔は興奮と情熱に満ちていた。

昔を思い出して、私は微笑みながらブレイクを見つめる。

しかし、ブレイクは過去のテンステオンとは異なっていた。

テステオンの暖かい視線とは異なり、ブレイクの目はかなり冷たい。

いいえ、そんなはずがありません。

彼はそのような人ではありません。

ジェイデンが力を取り戻したとき、戦いは再び始まった。

しかし、もう一度、彼は10秒も経過する前に投げられる。

剣術を理解していなくても、ジェイデンがブレイクに匹敵しないことが分かった。

ブレイクは容赦なくジェイデンを叩きつける。

少し過剰ではないでしょうか?

興奮して見ている騎士はさらに没頭していた。

ブレイクは立ち止まるつもりはなく、ジェイデンは戦い続けたいと思っている。

誰も皇太子を止めようとしない。

ジェイデンはダイアナの大切な友達だ・・・。

ジェイデンが何度も転倒するので、私はこれ以上我慢できなくなった。

彼に近づく。

『大丈夫ですか?』

彼は私の口を読むことができなかったので、私はノートに書く。

『あなたは大丈夫?怪我をしていませんか?』

「大丈夫です」

ジェイデンの答えとは対照的に、彼はまったく大丈夫に見えなかった。

彼は話すのも苦労しているようだ。

『一度休憩した方がいいと思います』

ジェイデンは首を横に振る。

「いいえ」

 



 

頑固なジェイデンを説得しようとすると、ブレイクが後ろで呻き声を上げているのが聞こえた。

「ああ!」

驚いて彼の方を向くと、彼が地面に座っているのを見た。

私の心は一瞬で沈み、すぐに彼の元に急いだ。

『殿下、どうしたのですか?怪我をしたのですか?』

「手首が・・・」

ブレイクは剣を落とし、手首を指さしている。

彼は戦闘中に怪我をしたのですか?

「殿下、大丈夫ですか?」

「殿下!」

「殿下が怪我をしました!」

怪我の知らせを聞いて、騎士たちは私たちの側に駆けつけた。

騎士は私よりも応急処置が優れているでしょう。

横に移動しようとしたとき、ブレイクは私の手を引っ張って、私を彼の腕の中に引き込んだ。

「捕まえた」

『で、殿下・・・!?』

「立ち去れ」

ブレイクが騎士たちに立ち去るように命じると、すぐに騒がしい雰囲気は落ち着いた。

どうなっているの?

状況を見たいけれど、ブレイクの腕に閉じ込められていたので分からない。

「殿下、本当に大丈夫で___」

「ジェイデン、早くこっちに来い!」

近づこうとしたジェイデンを他の騎士たちが抑える。

彼らはすぐにいなくなった。

『殿下、大丈夫ですか?』

「さあ?」

『怒っているのですか?』

「ローズ、あなたは他の人だけを気にします。あなたは私に何の興味も示さない」

『私が?』

「なぜあなたはジェイデンにとても親切なのですか?」

は?

ジェイデンは最初から私を優しく扱ってくれた。

彼は私の外見で決して判断しない。

だから本当に感謝しているのだ。

『殿下、それよりも手首の怪我は?』

ブレイクの手首を観察すると、彼の手首はまったく腫れていない。

「ああ、痛いです」

『痛いのですか?』

早く止めるべきだった。

彼のスキルがどれほど優れていても、彼らの体重には明らかな違いがあった。

手首を捻挫した可能性がある。

『医者を呼びましょうか?』

「いいえ、その必要はありません」

見上げると、ブレイクはコケティッシュな笑いを浮かべていた。

私は笑いながら彼の腕を平手打ちする。

彼は嘘をついていました!

 



 

ジェイデンに嫉妬するブレイク。

すぐに嫉妬するのは変わっていませんね(笑)

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【116話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は116話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...