目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【111話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は111をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

111話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【110話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は110話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アモリア宮殿へ

紙を見つめていると、後ろからブレイクの声が聞こえた。

「ローズ、朝から勉強しているのですか?」

私はうなずく。

「そんなに一生懸命頑張る必要はありません。私はまだあなたの唇を読むことができますから」

彼は私の文章を見て微笑んだ。

「ペリラの葉とレモンジャムが好きなのですか?」

『はい』

私はもうアンシアであるという事実を隠したくない。

彼は私の髪を軽く撫でた。

「ローズ、今日はいつもより綺麗ですね?」

『私は綺麗ですか?』

「ええ。いつも綺麗ですが、今日はもっと綺麗です」

ブレイクが私の目を覗き込む。

「アモリア宮殿に行きませんか?温室には新鮮な野菜がたくさんあります」

驚きで彼を見つめる。

アモリア宮殿に行ける?

アモリア宮殿は、ブレイク、アンシア、そして何人かの使用人だけが入ることができる場所。

昨日まで、ブレイクは私がアンシアだと思っていたので、彼は私を宮殿に連れて行ってくれた。

しかし、その後、セルが私の姿で登場した。

まだ確認していないけれど、私よりもアンシアである可能性は遥かに高いでしょう。

それでも彼は私を再びそこに連れていってくれるのですか?

『本当に行っていいのですか?』

「もちろん、いつでもそこに行くことができます」

ブレイクは優しく告げて、私に手を差し出す。

「ローズ、行きましょう」

私は彼の手を握りながら椅子から起き上がった。

 



 

私たちは一緒にアモリア宮殿を訪れる。

温室に入るとすぐに、私は野菜畑に直行した。

昨日ここに来たとき、私はこの場所を無視した。

でも今日は、心ゆくまで育った野菜を見たい。

温室の温度は魔法で制御され、野菜は一年中うまく育っていた。

花は綺麗ですが、私は野菜の方が好き。

いたるところにある野菜を見て、喜んでジャンプしたかった。

「ローズ、好きなだけ選んでください」

『いいのですか?』

「ええ。テリーに料理してもらいましょう」

私はすぐに野菜を選び始める。

十分に育った野菜を手に取るのは楽しかった。

「ローズ」

ブレイクが私に声をかけたとき、私はまだ野菜を選ぶのに集中していた。

振り返ると、彼が赤唐辛子を手に持って美しく笑っている。

「あーん」

彼が私の口に赤唐辛子を入れた。

こういうことをしながらこんなに美しく笑うのは犯罪でしょう。

彼の行動は他の人を悩ませるが、それは私を悩ませません。

日本に住んでいたとき、上司は私が辛いものを頻繁に食べるのを見ていつも驚いていたのだから。

自信を持って微笑んで赤唐辛子を食べようとしたとき、突然女性の声が聞こえてきた。

「殿下!」

セルが明るい笑顔でブレイクに近づくが、ブレイクの表情は固まっていた。

「どうやってここに入った?」

ブレイクは冷たくセルを見つめる。

後ろに控えていたエドンはすぐに答えた。

「私が彼女をここに連れてきて、思い出を思い出すのを助けました」

エドンは嘘をついている。

彼はブレイクの命令にのみ基づいて行動した。

セルは自分がアンシアだと言ったが、彼はブレイクの許可なしに彼女をここに連れてくることはしないはず。

エドンはセルを擁護していたのだ。

「はい。エドン卿が私をここに連れてきました!」

セルは、当然エドンに責任を負わせた。

「以前はどんな場所に住んでいたのだろうと思っていました。驚くほど小さくて古い場所なのですね。陛下は酷いです。あなたが呪われたという理由だけで、彼はあなたをこのような宮殿に閉じ込めていたのですから」

セルは悲しそうな表情で言った。

「エドン・・・。私は、私の許可なしにアモリア宮殿の中に誰も入れないようにあなたに言ったはずです」

「・・・申し訳ありません」

「彼女を連れて行ってください」

「はい、殿下。行きましょう」

「彼女はどうなのですか?」

エドンがセルを連れて行こうとしたとき、彼女は私を指さす。

「彼女はここにいるのに、なぜ私に戻るように言っているのですか!?」

セルがブレイクの服を握りしめる。

「殿下、あなたは私が好きではないのですか?私が今とても変わったことに失望しているのですか?私のことが嫌いなのですか?私は負担になっていますか?」

「・・・」

「ブレイク、私はアンシアです。私はあなたを呪いから解放した人です。あなたは私に親切でなければなりませ___」

「妻の名前を二度と口にするな」

「え?」

「あなたは記憶を失ったと言いました。にもかかわらず、なぜあなたは自分がアンシアであると確信しているのですか?」

「それは・・・」

「あなたが本当にアンシアなら、セフィア宮殿に行ってゆっくり考えてください」

「殿下・・・」

セルはブレイクの態度にショックを受ける。

もちろん、私も驚いていた。

セルが私の体を乗っ取ったので、彼女をアンシアと考えるのは自然なことでしょう。

けれど、ブレイクは彼女を疑い続けている。

「戻りましょう」

「・・・」

エドンは再びセルを引き離そうとし、彼女はついに頑固になるのをやめた。

彼らが去ったとき、ブレイクが私の元に。

「ローズ、向こうに新鮮な果物があります。そこに行きませんか?」

彼は私の手を握りしめながら言った。

さっきの彼の冷淡な態度はどこにも見られず、彼はいつものように私に親切だ。

『はい、行きましょう』

私はうなずいた。

エドンがメイドのオフィスに入ると、メリッサは急いで彼のところに。

「エドン卿、どうしてこんなに早く戻ってきたのですか?」

「殿下が私たちに戻るように言いました」

「ローズ様がいたからですか?」

「はい」

彼がうなずいたとき、ハンスは唖然とする。

「ローズ様がいるから、殿下はアンシア様を追い出したというのですか?」

アンシアは突然フォレン宮殿に現れ、ブレイクがどこにいるのか尋ねた。

彼がアモリア宮殿にいると言ったとき、彼女は彼の元に行くと言ったのだ。

エドンは、殿下の許可なしに宮殿に入ることができないと説明したのだが。

『私が記憶を失ったので、あなたは私の命令が聞けないのですか!?人間は本当に迷惑です!あなたはただの下僕よ!あなたはあなたが言われたことをするべきです!あなたは誰の味方なの!?あの女の味方?』

アンシアがそのように話しているのを聞いて彼らは驚いた。

アンシアはそのような女性ではなかった。

彼女は、その地位、職業、外見を理由に、誰に対しても差別をしたことがない。

エドンとテリーは庶民だったが、アンシアは彼らを優しく扱い、賞賛さえしていた。

けれど、今はまるで別人のよう。

しかし、今は違っていたとしても、彼女はアンシアだ。

エドンはアモリア宮殿で何が起こったのかを思い出す。

「殿下は彼女をアンシア様とは考えていません」

「「え?」」

メリッサとハンスは驚いた。

もちろん、彼らはアンシアに何か問題があると感じている。

彼女は大きく変わった。

顔は同じだが、性格、話し方、行動が非常に異なっていたため、彼女は別人のようにさえ感じてしまう。

メリッサは昨夜、ブレイクとアンシアが一緒にセフィア宮殿に向かう姿を思い出す。

彼らの間には厄介な緊張感が。

子供の頃の雰囲気は感じられなかった。

むしろ、ブレイクとローズが一緒にいたとき、彼女はその雰囲気を感じることができた。

メリッサはブレイクとローズがお互いを暖かく見ていると思ったが、彼女はすぐにその考えを消す。

なぜなら、本物の王女が帰ってきたのだから。

「何か確証があるのでしょうか?」

ハンスは尋ねたが、エドンは首を横に振る。

「分かりませんが、私たちが知らなかった何かがあるに違いありません」

彼らの表情は厳しくなった。

ちょうど昨日、彼らはアンシアが戻ってきたと聞いて喜んだ。

彼女が戻ってきた今、これからは幸福だけが宮殿全体を埋め尽くすだろうと考えていた。

しかし、フォレンス宮殿で別の問題が発生する。

 



 

ブレイクはハンスにリチャードを調査するように命じた。

「リチャードの孤児院は、他の孤児院よりも優れた施設があることで有名でした。彼らは多くの衣服や食料を供給しているだけでなく、良い教育を提供しています」

ハンスが報告を続ける。

「さらに、彼らはロウム族の子供たちと障害者を差別なく受け入れました。一部の人々はそれを否定的に見ましたが、ほとんどの人々は賞賛しています」

帝国が運営する孤児院とは異なり、私立孤児院はしばしば差別されていた。

リチャードがすべての人に門戸を開いたことは本当に称賛に値したが、ブレイクはこの状況について何かが非常に間違っていると感じずにはいられなかった。

 



 

ブレイクだけでなく、メリッサたちも今のアンシアに疑問を抱いています。

ローズがアンシアだと確信しているのはブレイクだけですが、彼女たちも気づく日が訪れるかもしれませんね。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【112話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は112話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...