目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【110話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は110をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

110話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は109話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アンシアへの違和感

彼女たちは本当に皇太子が好きだったが、それは彼らの家族の圧力のせいでもある。

家に帰ったとき、彼らはなぜ皇太子の心をまだ捕らえていなかったのかについて耳を傾けなければならなかった。

誰もがアンシアの復帰を聞いたとき、彼らはすぐに諦めた。

けれど、カミラは違う。

王女が戻ってきたにもかかわらず、彼女は諦めることを拒否したのだ。

「正直なところ、彼女の家族の評判は大幅に低下し、彼女は皇太子より年上です」

カミラは苛立ちに満ちた声で言った。

「それはそうですが・・・」

「ですが、私たちに何ができるでしょうか?二人はすでに結婚しています」

メイドたちが不満を言ったとき、シャーロットは言いました。

「皇太子妃殿下はラオンテル・ベラシアンの子孫です!皇太子の呪いが解かれたのはそのためです!」

彼女の外見、光の力、そして彼女が呪いを解いたという事実のために、誰もが思っていた。

シャーロットがそれを叫んだとき、誰もがすぐに口を閉じる。

もはや手遅れだと。

アンシアがいなくなったとき、彼らはブレイクの心を捉えるべきだったと。

「彼女はその怪物よりも100倍優れています。彼女はとても美しいです。彼女は若い頃も綺麗でしたが、今ではもっと綺麗になりました」

メイドたちは代わりにローズを攻撃した。

彼らは彼女がアンシアを打ち負かすことができないと思っていたから。

ローズは皇太子のパートナーになる価値がない。

彼女には良い資質がまったくないのだから。

話すことすらできず、外見は怪物そのもの。

「私たちはローズの正体について何も知りませんが、彼女は書き方を知らなかったので、せいぜい庶民であるに違いありません。そのような女性が皇太子の心を捉えたとしたら、彼女は何年も嘲笑されるでしょう」

「ええ!彼女を皇太子妃殿下と比較することすらできません!」

「しかし、これから彼女はどうなるのでしょうか?」

「昨日彼女は追い出されると思っていましたが、意外にも追い出されませんでした」

「ねえ、やめて。チェルシーは私たちの話を聞くと怒ってしまいます」

「待って、チェルシーはどこ?」

メイドたちは周りを見回すと、ローズとチェルシーが彼らに向かって進んでいるのを発見する。

「・・・え?」

メイドたちは一目で言葉を失った。

自分たちの会話が聞かれてしまったと焦ったわけではない。

ローズの変化に驚きを隠せなかったからだ。

髪型とメイクは彼女の傷跡のほとんどを隠し、目に見えるのはほんの僅かだけ。

さらに、白いドレスは細身の彼女をさらに魅力的に見せていた。

それだけではない。

昨日までのオドオドした雰囲気とは違い、彼女は自信を放ち、本当にエレガントでカリスマ性を感じた。

(ローズはこんなに綺麗でしたか?)

彼らはローズの外見を鑑賞するのに忙しかったので、挨拶するのを忘れさえした。

ローズが彼らに挨拶として微笑むと、メイドたちは急いで頭を下げる。

それは無意識の行動。

まるで王族へ挨拶をするかのように。

 



 

ブレイクは今朝セフィア宮殿に向かった。

アンシアが病気だと連絡したからだ。

ブレイクが部屋に入ると、アンシアだと主張する女性は、まっすぐ飛び込んできた。

「殿下!私はあなたに会えなくて寂しいです!」

ブレイクは彼女を振り払い、単調に尋ねる。

「あなたが病気だと聞いたが?」

「一人でいるのは怖かったので病気になりました。私はあなたの宮殿であなたと一緒に寝ると思っていました。とても怖かったです」

「一緒に寝る?」

ブレイクの視線は固まり、彼は寒気を放ち始めた。

しかし、セルはアンシアのふりを続け、手をしっかりと握る。

「私たちはいつもこのように手を絡み合わせて寝ていましたよね?」

セルファニアは闇の扉に閉じ込められていたが、フィリップとラオンテルに与えた光の力を通して世界を見ることができた。

しかし、彼女はそれらを完全には覚えていない。

彼女の記憶は粉々に砕けたガラスの破片のよう。

しかし、彼女はブレイクとアンシアが毎日手を繋いで眠りに落ちたことをはっきりと覚えていた。

「・・・」

ブレイクは目の前の女性を見る。

彼が何も言わなかったとき、アンシアの口角が上がった。

ブレイクは手を振り払おうとしたが、彼女の首に指輪のネックレスがぶら下がっているのを見つける。

それは間違いなく彼とアンシアの指輪。

「ダイアナは少し遅れるでしょう」

「ダイアナ?」

「はい、アンシアの妹です」

「ああ・・・」

「覚えてないのですか?」

「思い出は少しずつ戻っています」

セルはを本当に思い出せなかった。

アンシアの妹・・・。

ダイアナ、ダイアナ・・・。

分からない。

「試験シーズンは終わり、彼女は7年ぶりに戻ってきます。彼女に会いたくないのですか?」

「・・・いいえ、私は彼女に連絡しようとしました。幸い、学校に戻ってからは成績が良かったので、今はトップを目指していると思いました。試験後に彼女が私に連絡すると思っていたので」

疑惑を避けるために、彼女は本当にダイアナに連絡しなければならないでしょう。

「ダイアナにとっては試験がもっと重要だということですか?」

ブレイクは尋ねた。

アンシアはそうは言わなかっただろう。

彼女が本当のアンシアだったら彼女は悲嘆に暮れるはず。

彼女は記憶を失っているが、ブレイクはまだ何かが彼女に正しくないと感じていた。

それはただの失望ではない。

むしろ、彼の中に根本的な疑問が生じた。

(彼女は本当にアンシアですか?)

彼女が本当にアンシアだったら、ブレイクは彼女の突然の性格の変化を気にしないでしょう。

生き返ってくれた彼女に感謝しただけ。

彼女の性格が本当に変わったとしたら、彼は罪悪感を感じ、あの場所で7年間生き残るのはどれほど大変だったに違いないかと考えたはず。

外見が変わったのか、性格が変わったのかは関係ない。

あるいは、たとえ彼女が許されない罪を犯したとしても。

彼女が本当にアンシアだったら、彼はこのようには感じないでしょう。

しかし、彼女を見れば見るほど、ブレイクはいらいらした。

「殿下、ダイアナは嫉妬しているのかもしれません」

「嫉妬?」

「はい、彼女は私の代わりをする機会がありましたが、それは私のせいでは起こらなかったので、彼女は意地悪になると思います。彼女はあなたと結婚することになっていたはずですから」

「彼女はそのような人ではありません、そしてそれは誤った噂です」

ブレイクとダイアナは幼なじみだ。

アンシアが二人を紹介した後、彼らは親友になる。

彼女の単なる言葉は彼を怒らせた。

ダイアナが嫉妬して意地悪になる?

これは彼女への侮辱だ。

「本当に?ですが、もっと注意する必要があります。ダイアナがあなたに興味がなかったら、彼女はあなたに戻ってき続けることはなかったでしょう。噂が広まるのも不思議ではありません」

「・・・ダイアナはそのような人ではありません」

「陛下もそう思いましたか?」

ブレイクはため息をつく。

アンシアの顔をしている何者かと話しているような気分になってしまったから。

「私は何も言うことはありません。あなたが病気でなければ、私は帰ります」

「待って、殿下!」

セルは急いでブレイクに声をかける。

しかし、彼は振り返らずに去っていった。

 



 

私は読書のために研究室に入る。

読解力が落ちてしまうのではないかと心配していたが、幸いにも普通に読めた。

椅子に座って、紙を取り、ペンを掴む。

—私は殿下より2歳年上です。

—私は20歳です。

—私はローズです。

「私の名前はアンシアです」

そう書き込もうとすると、また頭が真っ白になって何も書けなくなる。

「私はあなたの妻です」

そう書こうとしたが、私の心は再び空白に。

身元を明かすことができない場合、別の方法を探す必要があるのでしょうか?

「闇の扉に落ちた」と書こうとしたが、やはり頭が真っ白に。

「私は光の後継者、ラオンテル・ベラシアンです」と試してみる。

しかし、この試みも失敗した。

では、普通のコンテンツは?

「私は女性です」

「髪が長い」

問題ない。

「私はバラが好きです」

「私はペリラの葉が好きです」

「レモンジャムを加えると、お茶の味が最高になります」

好きなことを書いたのですが、すぐに二度と書けなくなる。

「私はブレイクが大好きです」

それも書けない。

去る前に最後の手紙に書くつもりだったのに、書けなかった。

 



 

メイドたちのアンシアへの印象が変わって嬉しいですね!

一方で、ブレイクも偽物のアンシアに疑惑を抱いている様子。

ブレイクが騙されることはないでしょう。

アンシアは自分の正体を伝えようとしていますが、中々難しそうですね・・・。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【111話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は111話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...