目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【108話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は108をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

108話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は107話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇太子妃の帰還②

エドンがドアを開けると、美しい女性が現れる。

その女性を見た瞬間、私は表情が固まった。

彼女は偽物ではない。

あれは私の体だ。

彼女に会った瞬間、本能的にそう感じた。

「皆さんに会えて嬉しいです。私の名前はアンシアと申します」

彼女が彼らに挨拶したとき、人々は騒ぎ始める。

「彼女は本物ですか?」

「ああ、彼女は美しいです」

「彼女はとても美しいので、彼女の顔は簡単に忘れられませんでした」

使用人たちはその女性の姿を賞賛した。

シャーロットも幸せに飛び跳ねるしかない。

メリッサはぼんやりと女性を見つめた。

「殿下・・・、あなたは本当に皇太子妃殿下ですか?」

偽のアンシアは彼らに微笑んだ。

しかし、それは形だけの微笑みで、口角が持ち上げられただけ。

女性の空っぽの瞳を見て、メリッサとハンスは疑問に思う。

エドンは彼らの表情を見て、慎重に説明した。

「皇太子妃殿下は記憶を失ったと言います」

その瞬間、メリッサの目から涙がこぼれる。

彼女は微笑んで、急いで涙を拭き取った。

「皇太子妃殿下、あなたの思い出は徐々に戻ってくるはずです」

「その通りです。これからゆっくりと集めることができます。」

「あなたがとても健康であることを神に感謝しま___」

「あなた誰?あなたと会うのは初めてよね?」

偽のアンシアは泣いているメリッサの言葉を断ち切って尋ねた。

まるで感情のない人形のように。

「え・・・?」

「宮殿を見学したいのですが」

「すぐにご案内します。」

「私は彼女に案内してほしいわ」

偽のアンシアが私を指さす。

彼女は私を見て、口角を上げた。

私も彼女を見つめ返す。

彼女の笑顔を見て、私は確信した。

その女性はセルファニアだと。

彼女は私たちの体を入れ替えたのだ。

「皇太子妃殿下、申し訳ありません。ローズ様はメイドではありません」

「私はあの子が気に入ったの」

メリッサは当惑したが、セルは動揺することを拒否した。

「ですが・・・」

「あなたは私の言葉を無視するのですか?皇太子妃の私に?」

「ミスローズはゲストです」

「少なくとも彼女は私よりも多くのことを知っているはずよ」

メリッサが途方に暮れていたので、私はセルを見上げて手を挙げる。

みんなの視線が私に集中したので、私は自分のノートに書いた。

『彼女を案内します』と。

チェルシーはすぐに私の側に来て、メモをチェックし、彼女はみんなにその言葉を伝えた。

「ミスローズは彼女が皇太子妃殿下を導くと言っています」

 



 

彼女を案内すると言ったが、メリッサとチェルシーも心配しているかのように私たちを追いかけた。

「ここは皇太子の寝室ですか?」

「はい、殿下」

メリッサが答えたとき、セルは無邪気に話す。

「中を見てみたいわ」

「・・・入場する許可が必要です」

「じゃあ、私の部屋はどこ?」

「3階です」

「彼女の部屋は?」

メリッサはセルが私を指さしたので躊躇する。

すると、チェルシーはすぐに答えた。

「ミスローズはVIPゲストのための部屋を使用しています」

「VIPルームはどこ?」

「あちらです」

「2階?」

セルは眉をひそめ、私の部屋のドアを開ける。

「殿下、待って・・・!」

チェルシーは彼女を止めようとしたが、セルは彼女の言葉を無視して私を見た。

「見せてくれませんか?」

私はうなずいた。

「他の人を入れないでください。私はあなたと個人的に話したいです」

「ですが、殿下。ローズ様は話すことができません」

「あなたは今、私の命令に反対しているのですか?」

セルが鋭く話すと、メリッサとチェルシーは頭を下げた。

「・・・いいえ。私はあなたの命令に従います」

 



 

『セル』

部屋に入ってすぐに彼女の名前を呼んだ。

声が出ないので唇を動かしただけだが。

「気づいた?面白いでしょ」

セルは微笑んだ。

彼女は私の唇を見ていなかったので、私の心を読んだに違いない。

「この部屋はとても素敵です。これはあなたがあなたの体とあなたの人生を諦めることを選んだ後にあなたが受けている種類の治療ですか?哀れですね」

『あなたは何を考えているのですか?なぜ私たちの体を交換したのですか?』

「ラオンテル、私はあなたに見捨てられることの苦痛を知らせたかったのです」

『え?』

「今、あなたは見捨てられるでしょう。本物のアンシアがここにいるので、彼らはもうあなたのことを気にしません」

セルは身を乗り出して微笑みながらお腹を押さえた。

「私があなたにチャンスを与えたのに、あなたは私を無視しました!今私に物乞いをしても無駄です!この体は私のものです!私はこれを返しません!皇太子に見捨てられた後、あなたは惨めな死を遂げるでしょう!」

『ブレイクに何をするつもり?』

彼女は何を考えているのでしょうか?

私の命は長くない。

それでも、ブレイクを守ることができると信じていたので、私は落ち着いて死を受け入れていたのだ。

けれど、セルが現れた。

彼女は私になりすまして皆を騙している。

「このような状況でも、王子様のことを心配しているのですか?」

『セル、あなたは私が死んだ後は誰にも触れないことを約束したはずです』

「そんな事は忘れました!ラオンテル、私に懇願しなさい!命を救ってくださいって!そうすれば___」

セルは狂気の発作で叫んだが、彼女は突然口を閉じた。

しばらくすると、ドアが開き、ブレイクが中に入ってくる。

セルは大きな笑顔でブレイクに近づいた。

「殿下、私に会いに来てくれたのですね!」

セルがブレイクに抱きつこうとした瞬間、彼はセルの手を軽く叩いた。

「なぜあなたがここに?」

「ミスローズが私を招待してくれました!ああ、殿下、私はあなたの部屋を見たかったのですが、メイドたちが私を止めたのです!彼女たちに罰を与えてください!」

セルはすぐに話題を変えたが、ブレイクの視線はさらに冷たくなる。

「罰?皇太子の寝室は誰にでも開かれているわけではありません。彼らは正しいことをしているのです」

ブレイクの視線は氷のようだ。

彼がとても冷たく答えたとき、セルはしばらく当惑したが、すぐに彼女はニヤリと笑った。

「殿下、私の部屋に行きたいのですが?もちろん、この部屋よりずっと素晴らしいですよね?」

「あなたはセフィア宮殿に行ったほうがいい」

「・・・え?どうしてですか?私はあなたから離れたくありません」

「アンシアはよくそこにいました。本当に記憶を失った場合は、セフィア宮殿に滞在することで、もう一度思い出すことができます」

ブレイクは非常にフォーマルな口調で話していた。

彼はまだ彼女がアンシアだと完全には信じていないようだ。

セルもおそらく同じことを感じて、焦りで叫び出す。

「ですが、ミスローズはここにいます。彼女は皇太子と同じ宮殿を使用しています。私もここにいたいです!」

「セフィア宮殿に行きなさい」

「・・・」

それは命令であり、提案ではない。

ブレイクはとても冷たく答えたので、彼女はもはや頑固でいられなかった。

「殿下、それなら私をそこに連れて行ってください」

「騎士があなたを護衛します。」

セルは再び腕を組んだ。

「私はあの騎士が好きではありません。私は彼がとても怖いのです・・・」

ブレイクは手を振り払おうとしたが、セルはしっかりと腕を掴む。

「私が闇の扉を通り抜けたとき、私はすべてをとても恐れていました。全世界が暗く、何もありませんでした。・・・怖いです、殿下。私はあなたから離れたくありません」

「・・・」

「殿下、お願いします」

「・・・分かりました」

「ありがとうございます、殿下」

セルはブレイクに微笑んだ後、しばらく私をちらっと見た。

セルの視線を見た瞬間、心が沈んだ。

セルはブレイクと一緒にセフィア宮殿に行った。

部屋を出る前に、セルは私に向かってニヤニヤ笑いを浮かべていた。

彼女は私を嫉妬させようとしていたのでしょうか?

けれど、私は嫉妬よりも心配している。

チェルシーによると、彼女を皇居に連れてきたのはリチャード。

どうして?

リチャードはフィリップの生まれ変わり。

彼はセルの力を奪い、暗闇の扉に彼女を封印した。

彼はセルの敵。

彼女は何を考えているのでしょうか?

どんなに苦しんでも答えが思いつかない。

確かなことは1つだけ。

ブレイクが危険に晒されているということだ。

セルは欺瞞的でずる賢い。

私は彼女をただ黙って暴走させることはできない。

席から立ち上がる。

私は彼らにセルが偽物であることを知らせなければなりません。

私が亡くなった後、彼が一人にされるときのブレイクの痛みと悲しみを考えると、私がアンシアであったという事実を明らかにすることはできなかった。

しかし、今はそのような心配をする時ではない。

ブレイクは危険に晒されているのだ。

黙ったままではいられない。

 



 

アンシアの正体は予想通りセルでしたね。

メリッサとエドンも違和感を覚えています。

ブレイクが危険に晒された今、アンシアは自分の正体を告げるのでしょうか?

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【109話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は109話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...