目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【106話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は106をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

106話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【105話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は105話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 7年ぶりのアモリア宮殿

私たちは馬車で宮殿に戻る。

馬車は止まるが、フォレンス宮殿の前ではない。

「ローズ、さあ出ましょう」

私はうなずいて、ブレイクの助けを借りて馬車から降りた。

7年ぶりのアモリア宮殿・・・。

闇の扉の中にいたとき、ここに戻るのにそんなに時間がかかるとは思いもしなかった。

「入りましょうか?」

『はい』

アモリア宮殿に入ると、この場所はあまり変わっていない。

まるで時間の流れそのものがここで止まったかのよう。

千年前、私はここに住んでいた。

そして私が亡くなった後、フィリップはこの場所を愛を意味する「アモリア」と名付ける。

愛。

なんて皮肉なのでしょうか。

フィリップが私に対して感じたのは愛ではなかった。

酷い場所だけれど、ブレイクと過ごした時間のせいでこの場所を嫌いになることはできない。

だから、フィリップの「アモリア」という名前は私にとって意味のあるものだ。

この場所は私とブレイクの愛と思い出に満ちているのだから。

アモリア宮殿を見回していると、ブレイクが仮面を外す。

「ローズ、私と一緒にいるときは使用しないでください」

『分かりました』

彼の私への配慮に感謝してうなずいた。

最初にガラス温室に入る。

ここは美しいバラで満ちていた。

しかし一方で、豆、コショウ、ペリラの葉、カボチャなどの野菜も植えられており、上品な雰囲気とは相性が悪い。

それは私が原因だ。

温室に野菜を植えて、新鮮な野菜を食べていたから。

ブレイクは私が去ってからも、ずっとそれらの野菜を育てていた。

それらの野菜を見て、すぐに視線をそらす。

私がそれを気にかけたら、彼は私がアンシアだと思うでしょう。

彼はすでに疑っていたので、注意しなければなりません。

『バラが綺麗ですね』

「野菜は?今年も野菜がよく育ちました。必要に応じて、入って見てみることができますよ」

『いいえ、私は花が好きです』

私は花を見つめ、野菜を見さえしない。

赤いバラは綺麗だ。

私がアンシアだったとき、ブレイクは赤いバラから始まりたくさんの贈り物をくれた。

「ローズ、あなたはどんな花が好きですか?」

『バラ。赤いバラが好きです』

彼に真実を言っても大丈夫でしたか?

赤いバラが好きな人はたくさんいる。

「私も同じです」

ブレイクはそう言って微笑む。

温室を出た後、アモリア宮殿を一緒に歩く。

温室のように、大釜とかまどはまだ無傷のまま。

長い間使われていなかったので埃っぽいと思っていたけれど、綺麗なままだ。

「これは東からのかまどです。私の妻は鍛冶屋にそれを作るように頼んだ。彼女は東洋料理を作るのが好きでしたから」

ブレイクがアンシアについて話している時、彼はとても幸せそうに見えたので、私はどう反応すればいいか分からなくなる。

大きな美しい木。

当時、私たちは自分の身長を測るためにマークを使用していた。

マークは今でも無傷のまま。

「ローズ、なぜ私があなたをここに連れてきたのか分かりますか?」

首を横に振る。

「本当に分からない?」

ブレイクが私を見つめている。

頭をそらすことができず、体が凍っているように感じた。

「私は初めて自分が相手の唇を読む能力があることを知りましたが、他の人には読唇術をすることができませんでした。私はあなたの唇しか読めません、ローズ」

ブレイクが私の唇に触れる。

彼の手の体温は私の唇を温め、私の体の残りの部分に浸透した。

「あなたはその理由を知っていますか?」

首を横に振る。

「あなたの口の形、あなたの習慣、あなたが話すとき、それらは私の妻と同じです。それが私が読むことができる方法です」

「・・・」

「あなたが私を見る目、あなたの表情、あなたが歩く方法、あなたが好きな食べ物、すべてが彼女と同じです。私があなたを見れば見るほど、私はより確信しています」

『・・・皇太子妃様に似ていることを光栄に思いますが、私は彼女ではありません』

「嘘です。私の直感は、あなたがアンシアだと教えてくれます」

『・・・』

「ローズ、あなたはアンシアです。アンシア、本当のことを教えてください」

ブレイクが懇願する。

彼は私に本当のことを言うように懇願していた。

真実を伝えたい。

未来を気にするのを止めて、全てを彼に話したかった。

けれど、それはダメ。

私は彼のためにそれを否定しなければなりません。

それなのに・・・。

『私は・・・』

ブレイクの嘆願するような視線に屈服した瞬間、エドンの緊急の叫びが突然鳴った。

「殿下!」

「どうした?」

ブレイクが無関心に尋ねる。

彼がいつも私に話しかける方法とは異なり、彼の口調は不快感を明らかにしていた。

しかし、エドンは関係なく叫んだ。

「皇太子妃殿下が見つかりました!」

 



 

ブレイクはエドンからアンシアを見つけたと言われたとき、皇帝の宮殿に向かう。

アンシアが行方不明になった後、無数の人々が自分が王女であると主張した。

それらは扱う価値のない偽物。

ブロンドの髪と緑色の目をしていたが、ただそれだけ。

見た目も似ていない人もいれば、不器用な魔法で目や髪の色を変えた人もいた。

テステオンはいつも、ブレイクに見せずに処分してきた。

しかし、彼は今日初めてブレイクに連絡をする。

そして、皇帝の呼びかけを受けるとすぐに、ブレイクはその理由に気づいた。

「アンシア」

アンシアが皇帝の隣に座っている。

彼女はアンシア。

ブレイクは彼女を見た瞬間にそう感じることができた。

エレガントで大きな緑色の瞳、優雅な鼻、そして赤い唇。

彼女の顔は美しく彫刻されていた。

ブレイクはかつてアンシアが今どのように見えるかを考えていたが、想像できなかった。

しかし、彼は彼女を見た瞬間にそう感じたのだ。

「こちらに来なさい、ブレイク」

テステオンはアンシアを救うことができなかったので罪悪感に満ちていたが、彼は今日アンシアを見つけた。

ようやく、息子の目を見ることができた。

しかし、ブレイクはじっと立ったまま。

すると、皇帝の隣の女性が椅子から飛び出してきた。

「殿下!」

女性は大きく笑ってブレイクに近づく。

テステオンはまろやかな心で彼らを見つめる。

それは7年後の彼らの最初の再会だから。

アンシアが帰ってきた。

しかし、ブレイクの反応は、テステオンが予想したものとはまったく異なる。

ブレイクは固い表情で女性の顔を見て、それから彼女の向かいに座っているリチャードを見た。

「陛下、なぜ彼がここにいるのですか?」

「リチャードがアンシアを連れてきました」

「彼が?」

 



 

ブレイクは敵意を隠さなかった。

女神の呪いの解放を祝った日、カシル公爵は宴会場を襲撃した。

テステオンと帝国騎士が彼らを圧倒し、ブレイクは負傷者を治す。

誰もが安心したとき、宮殿の片側から炎が上がった。

リチャードとフランクが閉じ込められた東側の刑務所が炎に包まれていたのだ。

彼らは火を消すのに成功したが、カシル公爵の長男であるフランクが殺され、リチャードも重傷を負う。

カシル公爵は彼のすべての罪を認めた。

皇帝と皇太子を攻撃して彼を恥じたリチャードを殺すために火をつけたと。

しかし、命を失ったのは彼の息子であるフランクのみ。

愛する息子を自分の手で殺したアーノルド・カシルはパニックに陥った。

テステオンは、黒魔法使いのドミラムを含む、カシル公爵の残党をすべて捕らえる。

しかし、彼は自分がリチャードではなくカシル公爵の魔法使いであり、公爵の命令の下で刑務所に火を放ったと主張した。

彼はまた、カシル公爵の命令の下で女神の呪いを移すことができる黒魔術についての噂を広めたと自白する。

カシル公爵も彼のすべての罪を認めた。

結局、公爵は死刑を宣告されることに。

彼に続く貴族も粛清される。

しかし、彼らはリチャードの扱い方について意見が分かれていた。

リチャードの母親はロウム族であり、誤って殺害されたと報告されている。

さらに、リチャードは使用人として扱われていた。

公爵家の人々からの証言と証拠は、彼が軽蔑と虐待に苦しんでいたと述べた。

リチャードは火事の1か月後に目を覚まし、父親が自分を殺そうとしたという事実にショックを受けて涙を流す。

彼は自分が受けた虐待について証言した。

その言葉は彼の周りの人々の証言と正確に一致する。

リチャードは父親に殺されそうになった犠牲者。

いくつかの小さな罪を犯したが、それらはすべてカシル公爵の命令の下にあり、彼は
計画において決定的な役割を果たしていない。

さらに、カシル公爵が処刑された日、末っ子のネオンは自殺する。

今、リチャードはカシル公爵の血を持った最後の人物。

次第に、彼に対する国民の共感が高まり始めた。

 



 

アンシアが告白しようとした瞬間、偽物の登場。

アンシアの姿をしている人物とは?

テステオンも分からないくらいに似ていますが、ブレイクの目は誤魔化せていません。

さらにリチャードも登場しているので、怪しすぎます!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【107話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は107話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...