目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【105話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は105をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

105話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は104話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 広場でデート

私たちは再び広場を見回した。

祭りのためにたくさんの新しい屋台が建てられていたが、既存の店も祭りの準備、店先の装飾、特別なイベントの設定で忙しそうだ。

本屋に入ると、ここは他の場所とは異なり比較的静かだった。

まだ読書に慣れていないので、おとぎ話の本に自然に注意が向けられる。

一番近くにあるおとぎ話の本を手に取った。

それは「祝福された王女」と題されている。

私はその本を開いてすぐに後悔した。

最初のページには、結婚式の日の金髪の少女と獣の顔をした少年の写真が。

『昔々、祝福された王女と隣国の怪物王子が結婚していました』

これは私とブレイクについてのおとぎ話のようだ。

本を戻そうとすると、偶然にも最後のページを見てしまう。

『呪いから解放された王子はハンサムな男性になりました』

『しかし、その見返りに、祝福された王女は命を失ったのです』

おとぎ話の最後は、王子が一人で残されたシーンで終わる。

一人で泣いている男の子のイメージは、心が痛くなるくらいブレイクに似ていた。

「ローズ、あなたが読んでいる本は何ですか?」

ブレイクの質問に、私は急いで首を横に振って本を隠した。

『何でもありません。行きましょう』

 



 

しばらく静かに歩いた後、ブレイクがどこかを指さす。

「ローズ、あそこに行きませんか?」

ブレイクが指摘した場所は、帝国で最も高価な宝石を扱っていた有名な宝石店。

急いで首を横に振る。

私が宮殿に来たとき、ブレイクは私にたくさんの服と宝石をくれた。

当時、私は拒否しようとしたけれど、彼はすでにお金を払い終えていたので、それを受け入れるしかありませんでした。

『前に言いました。宝石は必要ありません』

彼の前から消えようとしているので、宝石は重荷だった。

自分の痕跡を残したくない。

静かに消えたかったから。

「ローズ、見てみるだけですから」

『見るだけでしたら・・・』

それは嘘だった。

宝石店に入るとすぐに、ブレイクは私にできる限り何でも買おうとした。

「プレゼントを買いたかったのです。ローズ、私が選ぶのを手伝ってください」

『今ですか?』

「はい。女性へのプレゼントです」

メイドたちは、ブレイクとダイアナの結婚の噂は間違っていたと言っていた。

宮殿に戻って以来、ブレイクはいつも私と一緒にいる。

皇帝の仕事を手伝わなければならなかったときを除いて、彼は常に私と一緒にいた。

もし本当に婚約者がいるのなら、結婚式の発表があるはずだが、そのような話は聞いていない。

けれど、ブレイクは女性へのプレゼントだと言いました。

誰に?

ダイアナ?

『・・・婚約者にあげるのですか?』

「私には婚約者がいません。これは私の妻のためです」

『・・・二人目の?』

「私の妻は一人だけです。妻の名前はアンシア。アンシア・ラエル・ベラシアンです」

ブレイクは決心した声で宣言し、私を見つめる。

「私の妻はアンシアだけです。他の誰も違います」

「・・・」

目の前にはすでに10個以上の指輪があるが、宝石職人はさらに多くの指輪を持ってきて私の前に置き続けた。

ダイヤモンドで飾られた豪華な指輪は、一見結婚指輪のように見えた。

「ローズ、どれが一番好きですか?」

ブレイクは時々、私の薬指に触れていた。

そして彼は今でもそれをしている。

セルの体に入った後、私の結婚指輪は消えた。

何も着けていないので、彼はしばしば指でリングがあった場所に円を描く。

私はすぐに首を横に振った。

『ありません』

「ない?」

『ええ、ですから戻りましょう。もう遅い時間ですから』

「分かりました。それなら全部買わなきゃいけませんね」

『全部・・・?』

ブレイクが本気で全てを購入するように見えたので、私は慌てて彼を止めた。

「どうして?」

『買う必要はありません』

「ローズ、あなたは選ぶことができないと言いました」

『それはあなたがすべてを買わなければならないという意味ではありません!』

「それなら選んでください」

ブレイクは美しく微笑んだ。

彼は本当にブレイクなのでしょうか?

私はブレイクをこのように育てた覚えがありません!

私の覚えているブレイクはとても素敵で可愛い男の子。

以前なら、彼はこんな行動をしなかったはずです!

過去を思い出しながら、大人のブレイクをちらっと見た。

ブレイクは頭を少し横に傾け、無邪気に私を見つめる。

「ローズ、私のために1つ選んでください」

『・・・』

「気に入らなければ、どこかに行きましょうか?」

『いいえ、選ばせてください』

 



 

「メリッサ、殿下はどこに?」

ハンスはメリッサに尋ねた。

「殿下はミスローズと一緒に広場に行ったわ」

「広場に?」

ブレイクが広場に行ったことに、ハンスは驚く。

重要な出来事、政治問題、およびアンシアに関する情報を除いて、彼は個人的な理由で外出したことがないのだから。

それにもかかわらず、ミスローズと広場に?

理由が何であれ、ハンスは大喜びした。

実はとても心配していたのだ。

ブレイクは闇の扉が消えたと言われ、すぐに混沌の谷に向かった。

宮殿を出発する直前、彼の顔が青ざめていたのを今でも覚えている。

その表情は、アンシアが7年前に行方不明になったと聞いた時と同じ。

そしてブレイクは3ヶ月以上宮殿に戻らなかったので、ハンスは彼がさらに深い絶望に陥るのではないかと心配していた。

しかし今、ブレイクは宮殿にいて、彼は明るく笑っている。

もちろん、そのように微笑んだのはローズを見たときだけだったが、ハンスはそれでも幸せだった。

その上、彼は今日広場に行っていると聞く。

殿下はついに気持ちを切り替えてくれたのだろうか?

しかし、幸せだったハンスとは異なり、メリッサの表情は悲惨だった。

「メリッサ、何か心配ですか?」

「ハンス、殿下はミスローズに心を入れ替えたのでしょうか?」

「・・・おそらくは」

メリッサはブレイクとローズを思い出しながら深い息を吐く。

皇太子は長い間苦しんでいた。

呪いが解かれて外見が変わっても、内心は絶望を抱えていた。

だからこそ、ブレイクは今までずっとアンシアを探していたのだ。

ハンスのように、メリッサもブレイクが悲しみから抜け出すことを望んでいた。

彼らはブレイクが再び笑顔になるのを見たかったのだ。

かなりの時間が経過している。

今、彼らはブレイクにアンシアのことを忘れて、別の素晴らしい女性に会い、幸せに暮らせることを望んでいた。

けれど、ミスローズは適切な人物ではない。

「ミスローズはいい人だと思います。なぜ殿下が彼女にとても親切なのか分かりますが・・・」

「私たちは彼女の身元を知りません、そして彼女は話すことができませんでした。言うまでもなく、彼女の傷は酷いものでした。殿下が彼女を選ぶなら、人々は間違いなく彼らについて噂話をするでしょう」

貴族であろうと庶民であろうと、高学歴で学生を公平に扱ったケンダール教授でさえ、ローズを見たとき、言葉で虐待したのだ。

他の誰かは言うまでもないでしょう。

ローズの外見のために、彼女が怪物として嘲笑されることは明らかだった。

ブレイクがローズと一緒にいることを選んだ場合、誰もが心配するふりをしますが、呪いの再発について噂話をされることは避けられない。

「ハンス、私は殿下に元気に暮らし続けてほしいわ」

メリッサは、ブレイクが再び人々の軽蔑の下で嘲笑され、苦しむことがないことを望んでいた。

彼女はローズを嫌いではない。

ローズは素晴らしい女性だ。

ローズが過去に何を経験したかを知らないが、話すことができず、酷い火傷を負ったことさえあったので、メリッサは彼女を気の毒に思っている。

しかし、ブレイクがローズを選んだ場合、彼は経験する必要がなかった多くのことを経験するでしょう。

「ハンス、私は利己的すぎる・・・」

ブレイクが呪われたとき、メリッサは外見を差別する人々を悪だと思っていた。

しかし今、彼女は外見のためにローズを認められていない。

「メリッサ、私はあなたが何に腹を立てているか知っています」

ハンスは彼女を慰めながら彼女の肩に触れた。

「皇太子妃殿下がここにいたなら、どれほど素晴らしかったでしょう」

「アンシア様以上の女性はいません・・・」

ブレイクの呪いが解かれたとき、ハンスは皇太子への貢献を称えられた。

メリッサも彼の妻になり、エドンはまた彼自身の称号を与えられた。

しかし、彼らは幸せになることができなかった。

誰もが愛した王女がいないから。

アンシアの失踪は、ブレイクだけでなく他の人々にとっても大きな傷を残している。

アンシアが消えていなかったら、彼らは大衆を羨ましがらせた夫婦になっていたでしょう。

メリッサは、アンシアとブレイクが一緒に大人になったときのイメージを想像して、すすり泣く。

メリッサはアンシアが亡くなったと思ったので、ブレイクが別の女性に会い、再び幸せを見つけることを望んでいた。

しかし、彼が別の女性に親切であるのを見たとき、彼女はモヤモヤを抱えてしまう。

「殿下に相応しい方は、アンシア王女以外にいません」

メリッサは自分の気持ちに気づき、ハンカチで流れた涙をぬぐい去った。

 



 

おとぎ話で自分が故人になっているのを見るのは辛いですね・・・。

アンシアが生きていると信じているのはブレイクだけ。

ハンスもメリッサもローズがアンシアだとは気づいていません。

アンシアの喪失は多くの人へ影響を及ぼしています。

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【106話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は106話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...