目覚めたら怪物皇太子の妻でした

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【103話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。

今回は103をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 



 

ある日、目を覚ますと『野獣と令嬢』という成人向け小説のキャラクター、アンシアになっていた私。

原作のストーリーでは、婚約者である皇太子ブレイクの顔にショックを受け自殺をしてしまい、その後ブレイクも心を閉ざしてしまうという救いようのないものだったが・・・

作中での一番の推しはブレイクだったんだから・・!

これって私がブレイクの暗い幼少期を変えるチャンスかも??

しかし、そう意気込んだ先で待っていたのは・・・?

 

アンシア・ベラシアン:物語の主人公。皇太子妃。ダイアナの腹違いの姉。

ブレイク:呪われた怪物皇太子。

リチャード:小説の主人公。

ダイアナ・ベラシアン:物語のヒロイン。

メリッサ:アンシアの専属メイド。

エドワード:ブレイクの護衛騎士。

テステオン:皇帝。

カシル:公爵。ブレイクの叔父であり、リチャードの父親。

銀漢:皇帝直属の密偵。猫に変身できる。

【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...

 




 

103話 ネタバレ

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【102話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は102話をまと...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 勉強

「ローズ、あなたはとても速くかき混ぜていますね」

ブレイクの言葉の意味が分からないまま、私は彼を見つめた。

彼は微笑んで茶碗を指差す。

「アンシアもそうでした。彼女は角砂糖が溶けるのを待つことができませんでした。彼女はいつも大人のように振る舞っていましたが、子供のように感じたのはこのような時でした」

日本では、のんびりしていると言われていた。

けれど、この世界の基準だと、私はせっかちのようだ。

そして、せっかちであることが子供だと意味するわけではない・・・。

話せないので説明できないけど。

『私は彼女ではありません』

それが私に言える唯一の言葉。

ブレイクは何も言わず、レモンジャムを私のお茶に加える。

「飲みたいものを飲んでください。無理に行動する必要はありません」

『そんなことはありません』

「ローズ、あなたはいつもそう言います。私に誤解してほしいのですか?」

『いいえ・・・』

ブレイクはスプーンを使ってかき混ぜながら、微笑んで私の手を握る。

「急いでかき混ぜてください。すぐに溶けますよ」

彼は私を頻繁にからかう。

若い頃、からかうのは私の方だったのに。

「書き方を学んでもらいましょう。ローズ、あなたのことをもっと聞きたいです」

私はうなずいた。

早く書く方法も学びたい。

ブレイクの元を離れる前に、少なくともさようならの手紙を書きたいから。

 



 

翌日、一人の女性が宮殿を訪れた。

彼女の名前はケンドールであり、アカデミーで影響力のある教授。

7年前に彼女の授業を受講したかったのですが、時間がなかった。

彼女の授業を受講した場合、もう一度書くことができるのでしょうか?

セルは私の言語能力を奪った。

だから勉強したとしても、二度と話したり書いたりできないかもしれない。

ケンドール教授が訪れるのを、私は興奮と不安を抱きながら待っていた。

しかし、私が彼女に会った瞬間、私の期待は打ち砕かれることに。

「私にこの女の子を教えるように言ってるの?」

ケンドールは私を見るやいなやメリッサに不平を言う。

「ケンドール教授、ミスローズは皇太子の重要なゲストです。礼儀正しくしてください」

「彼女が重要なゲスト?リード夫人、あなたは彼女の乳母ではなく、宮殿の女中です。あなたは皇太子をできる限り助けなければなりません」

ケンドールはメリッサをまるで学生のように叱責した。

メリッサはまた、彼女が不快であるかのように見える。

「言葉が過ぎると思います」

「そうは思わないわ。殿下は普通の人ですか?彼が女神の呪いから解放されてからどれくらい経ちましたか?そして今、彼は彼の隣にこのような女の子を置いているのですか?こんな怪物に近づきすぎて女神を怒らせた場合、あなたは呪いの再発に対して責任を負うことができますか?私には黙って見過ごすことはできません!」

「じゃあどうするつもりだ?」

突然、後ろから声が聞こえた。

驚いて振り返ると、ブレイクが立っている。

彼は身をかがめて私に近づく。

「あなたは賢いかもしれませんが、礼儀正しくはありませんね」

彼の声は穏やかだったが、私は彼の声に少しの怒りを感じることができた。

ケンドールは、その言葉が何を意味するのか理解できるかのように身震いしただけ。

「私は真実を話しているだけです。その女の子を殿下のそばに置いておくようにさせたら、あなたの評判はどうなるでしょうか?」

「あなたの魂はとても醜い」

「殿下、どうしてそんなことを言うのですか・・・」

「ここから出て行ってください。二度と会わないことを願っています」

「で、殿下、ちょっと待ってください!私はそんなつもりで言ったわけでは・・・!」

ケンドールが言い訳をする前に、メリッサとチェルシーが彼女を退出させる。

それから、ブレイクと私だけが研究室に残された。

「ローズ、ごめんなさい。もっと注意を払うべきでした」

首を横に振る。

『気にしていません』

ケンドールは評判の良い学者。

ブレイクは私に最高の先生を与えようとしただけなのだから。

「ローズ、私があなたに自分で教えます」

『殿下が?』

「ええ」

ブレイクは微笑んでうなずく。

『大丈夫です。あなたは忙しいですから』

ブレイクは今や立派な帝国の皇太子。

彼は皇帝を助けるなど、やるべきことが多くあるはずだ。

「心配しないでください、私はあなたのための時間を持っていますから」

彼は本棚から本を何冊か引き出して私の机に置く。

「今日はこれを学んでみてください。明日から、適切な教科書を使いましょう」

彼が椅子に座ったとき、私は彼の反対側に座った。

そして授業が始まる。

 



 

「これが「ローズ」の綴り方です。書いてみませんか?」

私はうなずいて、紙に自分の名前を書こうとする。

右手には火傷の跡はないが、ペンを持つと震えてしまう。

ローズ。

少し大変だけど、綴りは正しい。

小学生のような字だが、自分の名前を書くことができて満足する。

言語能力を失ったが、幸いなことに、それを学ぶのに問題はないようだ。

ブレイクは私の執筆から目を離さない。

アンシアとは違って、私はずさんな手書きをしていたので、彼はがっかりしたのでしょうか?

私はこの機会を利用して、私がアンシアであるという彼の疑いを完全に払拭する必要がある。

「ローズ、よくできました。次に挨拶を書いてみましょう」

彼は微笑みながら続けた。

ブレイクが最近何を考えているのか分からない。

彼はまだ私がアンシアだと思っているのだろうか?

「こんにちは、このように書かれています。それを試してみてください」

私は7年前に彼に教えていた人だが、今は彼に教えられている。

こんにちは。

「合っています」

ブレイクが私の頭を撫でる。

このようなことで簡単に褒められることに不満を感じた。

書き方を学ぶのはとても楽しい。

最初は知っていることを再び学んでいたので少し不公平に感じたが、今では本当に楽しかった。

以前に学んだことについての漠然とした記憶のおかげで、私は非常に速く学び、今では簡単な本を読むことができた。

ブレイクがいなくても一人で勉強をする。

その時、メイドの声が聞こえてきた。

「私はまだドレスを選んでいません」

「ええ、選択肢が多すぎます」

「しかし、それは千年紀を記念する歴史的な日です!私は殿下に付き添われるでしょう!」

シャーロットの言葉に、他のメイドは彼女を嘲笑した。

「あり得ないわ。彼はいつも一人でやってくるのですから」

「彼が誰かと一緒に来たとしても、それは私たちではありません。彼はダイアナを持っています」

「発言に注意してください。私たちは皇太子のメイドです。無謀なことは何も言わないでください」

カミラは他のメイドに言った。

「ですが事実でしょう。皇太子殿下は今や成人です。彼はきっと再婚するでしょう。先日、約束なしに宮殿に来たダイアナを非難しませんでした」

「その通りです。彼女は実際に殿下の部屋に入ったわ」

雰囲気がさらに不快になると、会話の間ずっと沈黙を守っていたチェルシーは、次のように述べる。

「私たちの間でこの種のことについて戦うことのポイントは何ですか?」

「噂は訂正されるべきです」

「それが噂なら、いずれ消えます。ああ、ローズさん!」

カミラを落ち着かせようとしていたチェルシーは私を見て、私に向かってきた。

「どうしたのですか?」

自分のノートに文字を書く。

『本を探しています』

書斎に行くにはこの廊下を通り抜けなければならないが、メイドがいたので行けなかったのだ。

「それは何の本ですか?私もお手伝いします」

私たちが話している間、メイドたちはその場を去っていく。

チェルシーを除いて誰もが私を避けた。

そのような反応にすでに慣れている。

私は、私を好きな人を大切にするだけなのだから。

チェルシーと私は一緒に勉強に行く。

「もともと創立祭は5日間の祝祭でしたが、今回は帝国建国1,000年目ですから10日以上開催されます。ローズさんは行きますか?」

首を横に振る。

混雑した場所は疲れるから。

それに、最近はめまいや咳が頻繁に出ている。

混雑した場所に行って気を失ったら大問題でしょう。

ブレイクと一緒にお祭りに行くと約束したけど、それは実現できないでしょう。

「楽しいと思いますよ」

私が再び首を横に振ったとき、彼女はもう私を説得しなかった。

「ですが、ローズさんが来たら、殿下があなたと一緒に来るかもしれません」

ブレイクが?

彼女の言葉が何を意味するのか分からなかったので、私はチェルシーを見つめる。

「殿下は、祭りの間だけアモリア宮殿に滞在しています」

「・・・」

「ああ、アモリア宮殿は南にある小さな宮殿です。殿下は子供時代をそこで過ごしました」

「・・・」

 



 

言語能力は失いましたが、学ぶ能力は残されていて良かったです。

これで自分がアンシアだと説明してほしいのですが・・・。

お祭りも近づいてきましたが、ブレイクはどのように過ごすのか注目ですね!

目覚めたら怪物皇太子の妻でした【104話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 今回は104話をまと...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...