悪女なのにママになりました

悪女なのにママになりました【145話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。

今回は145をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

あの小説の中の悪女に生まれ変わった?

だったら裏切られる前に、彼のもとを去らなきゃ!

カリックス、この結婚…破談にしましょ」

「私からは逃げられませんよ、ルール」

いつかは別の女のもとに行ってしまうくせに…どうして私に付きまとうの?

そしてカリックスの子をみごもってしまうという予想外の展開…再び幸せな日々を送れるかと思ったのもつかの間。

カリックスが他の女とキスする姿を目撃。

お腹の赤ちゃんを守るため、すべてを捨てて遙か遠くへ旅立った。

理性を失うほど執着し始めたカリックスに気づかないまま…

 

ルール・エクレイ:本作の主人公。侯爵家。

カリックス・ロチェスター:原作の男主人公。公爵家。

ラティーシャ:ルールとカリックスの娘。

セア:原作の女主人公。神女。

アリス:魔法使い。ルールの良き相談相手。

アクエルド:ロチェスター家専属の魔法使い。

エドワード:アバロニア皇太子。

アレクシーナ:アバロニア皇女。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

145話 ネタバレ

悪女なのにママになりました【144話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は144話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 真の記憶⑤

セアはしばらく私を睨みつけ、ちくちく聞いた。

「それで、何?」

「何が?」

「あなた、今私の前で元気に暮らしていると自慢してるの?私に?私が誰なのか知らないの?」

私は質問の意図に気づいてニヤリと笑う。

セアは自分の家が破産したことを私が知らないと思ったのか、虚勢を張っているようだ。

私は今が勝機を握るタイミングであることを理解した。

「知ってるよ、会長の一人娘セアでしょ?」

「そう、よく知ってるわね」

「ええ、よく知ってるよ。あなたのお父さんの会社が倒産したんだって?」

その瞬間、セアの表情が目に見えて固まる。

努めて強いふりをしていた表情がガラリと崩れるのが鮮明に見えた。

私はついにセアに勝ったという勝利感と、どうしていいか分からない良心の呵責を同時に感じた。

しかし、良心の声より勝利による歓喜の方が大きい。

「たまたま聞いたの。本当に残念ね、あなたの家は凄く裕福だったのに。もう借金が数十億だって?それを全部返そうと思ったら一生かかっても残るわね・・・。あなたは結婚しない方がいいわね。子供に残すのは借金だけなんだから。まあ、相続放棄すればいいんだろうけど・・、債務業者はそれでも追いかけてくるんだってね?あ、ところで、数十億の借金がある女性と結婚してくれる男性もいないでしょうね。どうするの、セア・・・、あなたこれからどう生きるの?誰か助けてくれる人はいないの?」

「・・・」

セアの顔が青ざめて震えていた。

一瞬、私は信じられなかった。

あれほど高いところから私を見下ろしていた彼女が、いつも堂々と君臨していた暴君がこんなに無力な姿だなんて。

私は自分が悪魔になったような気分になる。

しかし、この程度の報復は正当だと考えた。

私が虐められた歳月は何年もあるのに。

(しかも私のお父さんは会長のせいで死んだのだから)

セアと私は確かに悪縁だった。

私はこの辺でその縁を完全に断ち切らなければならないと判断する。

「じゃあ、私はもう行くわ。現金を置いていくから、飢えずにご飯を買って食べてね。よく食べてこそ借金も返せるんだから」

私は席を立ってニッコリと笑う。

そして鞄から財布を取り出し、その中に入っていた現金を全てテーブルの上に置いた。

「元気でね。これから二度と会うことはなさそうだから、最後の挨拶よ」

最後に見たセアの顔は固まっていた。

今にも涙を流すように目頭が赤くなっていたが、唇をギュッと我慢したまま意地を張って我慢しているのが、本当に自尊心の強いセアらしかった。

その後、私はセアのことをほとんど忘れて生きていた。

時々不便な感情と共にセアの最後の顔が浮かび上がったが、因果応報だと思いながら頭の片隅に片付けてしまう。

そうして新しい知らせを聞いたのは、雪が降ったある冬の日だった。

 



 

<ねえ、大事件・・・!あなた、セアの消息を聞いた?>

朝から飛んできたメールを見下ろしながら、私は道を歩いていたのを止めた。

セアの消息なんて、気になってもあまり聞きたくない。

なんとなく不吉な感じもするし。

私は少し迷って返事をした。

<どうしたの?>

<・・・話を聞いて凄く驚いたよ。セア、彼女・・・、自殺したって・・・>

その瞬間、心臓がドンドンと崖に墜落するような気持ちに。

 



 

私は震える手で急いでメッセージを入力した。

<本当に?いつそんなことに?>

<うん、本当だよ。セアが通っていた大学の指導教授が同期たちと一緒に葬式に行ったんだって>

「・・・」

私は衝撃に凍りついて、しばらくその場から動けなかった。

セアが自ら命を絶ったなんて。

そんなことが起こるとは一度も考えたことがなかった。

セアは世の中の誰よりも自分自身を大切にしていた。

そんな彼女がまさか悲惨な死を選択するなんて・・・。

セアの死を聞いて、私は一日中心が痛かった。

もしこの前会った時、私が言った言葉は原因になったのではないか、そのような疑惑を払拭することができなかった。

図書館から帰る途中、私はぼんやりと道を歩いていた。

頭の中では過去、セアが私に言った言葉がやたらに入り混じって鳴っている。

そうするうちにふと、誰かが大声で叫ぶ声に私は気がついた。

「赤信号だよ!危ない!」

広い交差点道路の横断歩道の上、私は赤信号だと気づかずに渡っていたのだ。

バーン!

大きなクラクションと共に、車のヘッドライトが点滅する。

避けるにはもう手遅れだ。

視界に入り込む光の中で、私は揺れる幻覚を見た。

あるいは幽霊?

「セア・・・?」

バン!

やがて、私の体は重いトラックにぶつかり、上に浮いた。

宙を飛んでいるような刹那、揺れる視界から夜空が見えた。

 



 

ルールがセアに行った行為は褒められるものではありませんが、彼女も長年苦しめられた被害者ですので・・・。

セアが自殺をした原因とは?

本当にルールが関係している?

交通事故に遭ったルールは、今の世界に転生したのでしょうか?

悪女なのにママになりました【146話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は146話をまとめま...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...