悪女なのにママになりました

悪女なのにママになりました【141話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。

今回は141をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

あの小説の中の悪女に生まれ変わった?

だったら裏切られる前に、彼のもとを去らなきゃ!

カリックス、この結婚…破談にしましょ」

「私からは逃げられませんよ、ルール」

いつかは別の女のもとに行ってしまうくせに…どうして私に付きまとうの?

そしてカリックスの子をみごもってしまうという予想外の展開…再び幸せな日々を送れるかと思ったのもつかの間。

カリックスが他の女とキスする姿を目撃。

お腹の赤ちゃんを守るため、すべてを捨てて遙か遠くへ旅立った。

理性を失うほど執着し始めたカリックスに気づかないまま…

 

ルール・エクレイ:本作の主人公。侯爵家。

カリックス・ロチェスター:原作の男主人公。公爵家。

ラティーシャ:ルールとカリックスの娘。

セア:原作の女主人公。神女。

アリス:魔法使い。ルールの良き相談相手。

アクエルド:ロチェスター家専属の魔法使い。

エドワード:アバロニア皇太子。

アレクシーナ:アバロニア皇女。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

141話 ネタバレ

悪女なのにママになりました【140話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は140話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 真の記憶

私はその場で立ち止まった。

「え?」

「これは全部あなたのせいよ。あなたが・・・、私をこんなふうにしたのよ。全部あなたのせいよ。私は何の過ちもないわ」

「何を言っているの!?」

セアにもっと近づこうとしたが、追い詰めようとすると魔気がさらに強くなり、一歩も踏み出せなかった。

真っ黒な嵐の中でセアが泣き叫ぶ。

「私はこのまま死なない!お前に復讐して、お前が住んでいるこの世を完全に壊して死ぬ・・・!」

私は彼女の憎しみが全く理解できない。

どうしてセアは前世の私を知っているのだろうか?

そして、どうしてあんなにまで私を憎むの?

「お前も一度悪を選んでみたら分かるだろう。一度奈落に落ちたら・・・、二度と上がれない。憎しみに食われて、憎むことしかできなくなるのよ!」

激しく吹き荒れる暗黒の中で、私はセアの涙を見た。

彼女は泣いていた。

自分が置かれている状況が悔しいように。

そして私は瞬間的に回帰前の記憶を思い出す。

私が悪を選択して、その後どのように変わっていったのかを。

一度憎悪し始めると、そして憎悪する心を離さずに抱きしめ続けているので、憎むことに終わりがなかった。

全てが憎かった。

たった二人、ラティーシャとアリスを除いた世界の全てが憎かった。

すべて破壊して燃やしたかった。

憎悪とはそれほどに恐ろしい感情だ。

世間で気性が悪く行動が正しくない女に「悪女」と称するのがおかしい。

憎悪を抱き続ける者は怪物と称する方が正しいだろう。

「あなたも・・・」

私は暗闇に覆われているセアを見た。

別に憐憫に思ったわけではない。

私は相変わらず、彼女が憎かった。

私の全てを奪った彼女が憎く、無邪気な顔で世の中を欺いてきた彼女が憎かった。

私が驚いたのは、私たち二人こそお互いに最も似ている人間だという事実に気づいたからだ。

 



 

私の前世をどうして知っているのかセアに聞きたい。

しかし、そのような機会は二度と与えられないようだった。

扉越しの深淵、果てしない暗黒で目を覚ました悪がセアに向かって手を伸ばす。

セアは結局、鍵の役割を完璧に果たしたのだ。

鍵は扉を開けて世の中に地獄または天上を呼び起こす者。

セアは回帰前の私でさえできなかったことを犯してしまった。

世の中が地獄に変われば、すなわち地獄の王が世の中に君臨するのだ。

「あれは・・・、なんだ?」

恐怖に包まれた声が聞こえて来た。

セアの体が石炭のように真っ黒に燃え上がり、火山のように割れてその間に地獄の溶岩がうねっていた。

セアが目を開ける。

瞳孔が縦に裂けた赤い目だった。

「あれはもう神女様ではありません」

ブリルが落ち着きのない声で呟き、彼の視線はラティーに向けられていた。

「聖霊よ・・・、愚かな私たちをどうか哀れに思ってください」

彼は涙を流しながら跪く。

神官たちは絶望した表情で座り込んだ。

世の中の終末が目前に迫っていた。

まもなく、影の神がセアを器にして世に君臨するだろう。

しかし、ラティーは一抹の揺れさえない穏やかな表情でブリルを見下ろして言った。

「あそこを見てください」

ラティーの小さな指が空を指差す。

天地が割れ、空が二つに割れた。

光が煌めくように見えたが、4組の翼を持つ7人の天使が世の中に降臨する。

彼らが持っている輝く槍が次々とセアの体に刺さった。

胎動しようとしたばかりの影は、そのせいで伸び悩んだ。

「ママ」

ラティーが私の方を振り返り、そっと呼ぶ。

「ママの番だよ」

娘は私の前に近づき、額を当てるように腕を高く伸ばした。

私は自然と跪いて頭を下げる。

ラティーの指先が私の額に軽く触れると、ピリピリした痛覚とともに記憶が溢れ始めた。

満ち潮のように押し寄せる幾多の時間。

これまで忘れていた、私の真の記憶が。

 



 

「今日から一緒に過ごすことになった、この家の娘よ。礼儀正しく行動しなければならないから、分かった?」

母は片手で私の肩を撫でながら言った。

私は目の前の綺麗な女の子を小心な目で見つめる。

私は同年代と遊んだことがあまりない。

それで少しときめいたし、もしかしたら友達になれるかもしれないと思って嬉しかった。

「こ、こんにちは」

「・・・」

しかし、慎重に渡した私の挨拶は壮烈に無視されてしまう。

女の子は虫を見るように私をチラリと見て、振り向いて立ち去っていった。

「ちょっと、セア!」

夫人が慌てたように女の子を呼んだが、その子は振り返らずに階段を上がっていく。

「はあ、ごめんなさいね。あの子はちょっと気難しいから・・・」

「いいえ、大丈夫です。ありがとうございます」

私は習慣のようにペコリと挨拶する。

夫人はにこやかに笑って私の頭を撫でてくれた。

セアという子供とは違って、優しい性格のようだ。

とにかく、そうして母と私は会長の家で過ごすことになった。

 



 

ここからルールの前世の記憶が明らかに!

セアとの因縁も見えてきますね。

悪女なのにママになりました【142話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は142話をまとめま...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...