悪女なのにママになりました

悪女なのにママになりました【136話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。

今回は136をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

あの小説の中の悪女に生まれ変わった?

だったら裏切られる前に、彼のもとを去らなきゃ!

カリックス、この結婚…破談にしましょ」

「私からは逃げられませんよ、ルール」

いつかは別の女のもとに行ってしまうくせに…どうして私に付きまとうの?

そしてカリックスの子をみごもってしまうという予想外の展開…再び幸せな日々を送れるかと思ったのもつかの間。

カリックスが他の女とキスする姿を目撃。

お腹の赤ちゃんを守るため、すべてを捨てて遙か遠くへ旅立った。

理性を失うほど執着し始めたカリックスに気づかないまま…

 

ルール・エクレイ:本作の主人公。侯爵家。

カリックス・ロチェスター:原作の男主人公。公爵家。

ラティーシャ:ルールとカリックスの娘。

セア:原作の女主人公。神女。

アリス:魔法使い。ルールの良き相談相手。

アクエルド:ロチェスター家専属の魔法使い。

エドワード:アバロニア皇太子。

アレクシーナ:アバロニア皇女。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

136話 ネタバレ

悪女なのにママになりました【135話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は135話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 自作自演②

異変を感じたのは魔物討伐を始めて間もなくだった。

私は空虚魔法と鍵の力でかなり活躍したが、私よりラティーの方が凄い。

手振り一度で魔物を砕くあの存在が本当に私の娘だなんて、夢の中にいるようだった。

ラティーは、もはや保護されるべき脆弱な子供ではない。

自らを守ることはもちろん、私たち皆を守ってくれる強力な存在だった。

娘と呼吸を合わせて魔物を一つずつ整理しながら人々を救っていく途中、私はふとある違和感を感じる。

(魔物たちの行動が、どこか作為的な・・・)

「どれだけ消してもキリがないですね。それにこいつら、ちょっとパターンがおかしくないですか?」

疑惑が明らかになったのはエクアルドの口を聞いてから。

私はラティーが負傷者を癒す間、魔物の接近を阻止していた。

それと同時に、エクアルドの言葉に答える。

「私もそう思います」

「おそらく神女が魔物たちに広域洗脳をかけて仕掛けているのでしょう!」

「私もそう思います。首都の中心部に行くほど弱い魔物が現れます。パターンも単純になっていますし、中心部が怪しいので、とりあえずそちらに行ってみましょう!」

そうして、私たちは首都中心部に向かう。

向かいながら魔物を処理し、人々を救うのに多少時間がかかった。

そしてついに到着してみると、そこには華麗な活躍を見せているセアと皇太子の姿が。

「・・・何、この下らないショーは」

私は冷たい表情で彼らを睨みつける。

彼らの周りには貴族と平民が入り混じって、「神女様!」や「皇太子!」と叫んでいた。

顔が涙まみれであることから見て演技ではないようだ。

おそらく神殿に避難していたあの群れを魔物が襲撃させた後、劇的な瞬間に現れて助けたのだろう。

 



 

「遊んでいるわね」

私たち一行はセアと皇太子を助けず見守った。

セアと皇太子が魔物をすべて処理する頃、皇帝の軍隊と貴族の私兵、そして神殿騎士団が一緒に現れる。

時計塔から派遣されたとみられる魔法使いもいた。

これも意図したことなら、とても素晴らしいタイミングだ。

ちょうど馬に乗り込んで先頭を率いる重要人物たちが、セアと皇太子の活躍を見たからだ。

その中にはアレクシーナ皇女の姿も。

「神女様、私たち神殿騎士団の護衛なしで動いては困ります!」

真っ先に馬から降りてきたのは、神殿騎士団の団長とみられる人だった。

セアは彼に向かって照れくさそうに笑いながら答える。

「ごめんなさい。でも、彼らの助けてほしいという声が絶えず聞こえてくるのに、到底無視することはできませんでした」

「神女様・・・」

神殿騎士団長と騎士たち、そして貴族と避難民たちが深く感動した目でセアを眺めた。

「そして、ここにいらっしゃる皇太子殿下も、私を助けて魔物たちを退けて皆を救ってくれました」

セアは手を叩きながら皇太子を見る。

彼女が両手を祈るように集めて人々に向かって笑うと、みんな暖かい笑みを浮かべた。

一方、私たち一行を取り巻く空気はますます冷たくなるばかり。

私たちの中でただ一人、ラティーだけが淡々とした表情だった。

 



 

「あ、そういえば!」

セアは目を大きく開けて、大げさな動きで私たちに向き直った。

「ロチェスター大公殿下とレディー・エクレイも来ていましたね!なぜか助けてくれずに見守ってばかりいたのですが・・・」

セアは声を曇らせ、がっかりした表情を見せる。

すると、座中の視線が一気に私たちに向けられた。

ゆっくりと彼らを振り返り、私は少しも気後れする様子もなく堂々と口を開く。

「手伝わないのは当然ではないでしょうか?神女様?」

「え?それはどういう意味ですか?レディー・エクレイ?」

セアは本当に分からないかのように呆然と瞬きをする。

私はクスクス笑って、もう一度行った。

「神女様の演劇で引き受けた役割がないのに、私たちがどのように助けるかということです」

瞬間、雰囲気が冷たくなり、人々がざわめき始める。

「今、何を言ったんだ?」

「レディー・エクレイ、神女様に無礼なのではないか・・・」

「演劇って?」

セアは人々をチラリと見て、自然な表情で私に問い返した。

「演劇とは、どういうことでしょうか?到底理解できませんね。もしかして魔物に精神被害でも受けたのですか?」

私は穏やかに笑う。

「そんなはずがありませんよ、神女様。私はいたって正気です。私はもちろん、婚約者と彼の魔法使い、私の娘も極めて正常です」

「それじゃあ一体どうして演劇という言葉で私を陥れるのですか?」

「ああ、もうこんな偽物の芝居はやめましょう。神女様」

私は首を横に振り、それから彼女の前に近づいた。

「神女様。ずっと芝居をやりたければ、本当に配役に戻らなければなりません。アハリ・・・」

「アハリマン」と、影の神の数多くの名前の一つを言おうとした瞬間。

「や、やめて!おかしくなったの!?」

セアは大声で叫び、慌てて私の口を塞いだ。

 



 

自作自演で自分たちを英雄に見せようとしたセアたち。

いよいよ彼女の化けの皮が剥がれるのでしょうか?

悪女なのにママになりました【137話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は137話をまとめま...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...