悪女なのにママになりました

悪女なのにママになりました【121話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。

今回は121をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

あの小説の中の悪女に生まれ変わった?

だったら裏切られる前に、彼のもとを去らなきゃ!

カリックス、この結婚…破談にしましょ」

「私からは逃げられませんよ、ルール」

いつかは別の女のもとに行ってしまうくせに…どうして私に付きまとうの?

そしてカリックスの子をみごもってしまうという予想外の展開…再び幸せな日々を送れるかと思ったのもつかの間。

カリックスが他の女とキスする姿を目撃。

お腹の赤ちゃんを守るため、すべてを捨てて遙か遠くへ旅立った。

理性を失うほど執着し始めたカリックスに気づかないまま…

 

ルール・エクレイ:本作の主人公。侯爵家。

カリックス・ロチェスター:原作の男主人公。公爵家。

ラティーシャ:ルールとカリックスの娘。

セア:原作の女主人公。神女。

アリス:魔法使い。ルールの良き相談相手。

アクエルド:ロチェスター家専属の魔法使い。

エドワード:アバロニア皇太子。

アレクシーナ:アバロニア皇女。

【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

121話 ネタバレ

悪女なのにママになりました【120話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は120話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 今すぐ出来ることと、出来ないこと

カリックス自身は過去に属していなかった悲劇を見るように、全てを見守ることができた。

この時間帯では、彼は存在しない幽霊だ。

彼が宙に浮いていても、誰も彼に気づいていない。

「悪女だ!」

「あの悪女が火刑台に上がるぞ!」

人々が揶揄して指差す方向に首を向けると、ひどく壊れたルールの姿が見えた。

「ルール・・・」

彼女を見た瞬間にピリッとした苦痛が感じられた。

「悪女、悪女だ!」

「お前のせいで家族がみんな死んだんだ!」

「地獄に落ちろ!」

観衆は大声で悪口を言いながら、ルールに向かって石を投げる。

たまに腐った卵や柔らかい果物のようなものも混ざっていた。

カリックスは、すぐにそこからルールを救いたかった。

しかし、彼は実体のない幽霊。

ここでできることは何もない。

どこかからラッパの音が聞こえてきて、神聖な火を持った司祭が壇上にゆっくりと上がる。

司祭は青い炎を高く持ち上げたまま叫んだ。

「あえて神女様に危害を加えようとした天下の極悪人、『深淵の門』を開いて世の中に悪を解き放ったルール・エクレイは、神聖な炎で燃やして浄化しなければならない!さもなければ神の怒りを買うだろう!」

そうだ!そうだ!

観衆が拳を振りながら大声で叫ぶ。

「火刑を執行せよ!」

大神官の許可が下りると、神官はルールが縛られた荊の枝に火をつける。

青い炎は待っていたかのように燃え上がり、虚しくルールの体を飲み込み始めた。

 



 

わあ!

待ち侘びていた悪女の死に観衆が歓呼した。

カリックスは凍りついたままルールの死を見守る。

青い炎の中で彼女はふと頭を上げた。

彼女のエメラルド色の瞳に不吉な赤色が混じっている。

世に悪を解き放った者の証。

数百の命を収めた罪の烙印。

ますます血のように赤くなる瞳が向いたところに、「カリックス・ロチェスター」がいた。

忘れた過去の自分が。

神女、セアと一緒に。

また、彼らのそばには絶望した表情のラティーシャが立っていた。

カリックスは胸が張り裂けるような感覚を感じながら、再びルールに視線を移す。

彼女の赤い目に吹き荒れる裏切り、恨み、憎しみ。

彼女は燃えていく中で何かを叫んでいた。

それが何を言っているのか正確に理解できなかったが、カリックスは分かるような気がした。

彼女が最後に叫んだ言葉は、彼自身と神女への呪い。

世に対する憎しみ。

それに気づいた瞬間、そしてルールの鮮やかな恨みを切実に感じた瞬間、カリックスはこれ以上耐えられず力なく倒れ始めた。

実体のない彼の体が破片のように散らばっていく。

青空に浸かりながら、彼はゆっくりと目を閉じて開けた。

そして一瞬、ラティーシャと視線が合う。

ここに存在しない自分が見えるわけがないのに。

でも、たしかに。

ラティーシャの新緑色の瞳はカリックスに向かっていた。

そして小さな唇が動く。

「忘れないで」と。

 



 

帰ってきた現実から目覚めた瞬間、カリックスは涙を流した。

今見てきた過去の破片が脳裏に刺さると。散らばっていた他の破片がその場に集まり始める。

ついに一つになった記憶の欠片は、カリックス・ロチェスターを素早く倒した。

もう全てを思い出した。

自分がいかに馬鹿げたトリックにあったかも理解する。

それがルールを傷つけ、ついに彼らを破滅させたことも。

彼を食い荒らし始めたのは、怒りと自壊感。

すぐに剣を持って走っていき、神女の首を切ってしまいたかった。

同時に急いでルールに駆けつけ、跪いて謝罪したい。

今すぐ出来ることと、出来ないこと。

決断は難しくなかった。

「殿下!」

カリックスは自分を呼ぶ声を後にして部屋を飛び出す。

雨がやんだ薄暗い夜明け。

晴れてきた暗雲の間に日光が染み込むような気がした。

彼は休まず走る。

走って、ようやく目的地に着いた。

固く閉ざされたドアは、決して彼のために開かれないようだ。

彼女を見て何を話せばいいのだろう?

自問して、内心で嘲笑を流す。

考えることが何の役に立つだろうか。

目が合った瞬間、自分は彼女の前に跪くことになるだろう。

カリックスが慎重にドアを開けると、ドアの隙間から暖かい灯籠の光が漏れた。

ルールは眠ったラティーシャのそばで静かに座っている。

彼女は自分が来ることを予感していたようだ。

カリックスは、とぼとぼ歩いて彼女の前にひざまずく。

「私は・・・」

苦労して絞り出した声は震えていた。

「あなたに許されないことをしました」

それが神女の凶計による過ちだとしても、結果的には自分の罪だ。

自分がルールを傷つけたという事実は変わらないのだから。

いいや、単純に傷つけたという言葉でまとめることができるだろうか?

彼女はラティーシャを持ったまま裏切られ、すべてを奪われたまま寂しく耐えなければならず、唯一の幸せだったラティーシャさえ奪われたのだ。

そして、ついに苦痛の末に死んだ。

彼女が悪を選んだとしても、カリックスは彼女を非難することはできなかった。

崖っぷちで自分に突き出された手を振り払う者が、世の中に何人いるだろうか?

だから、許しを請うしかない。

「ルール、あなたが下すどんな罰でも甘んじて受けます」

贖罪する以外にできることはなかった。

頬を伝って涙が流れる。

カリックスは両手で床をついて頭を下げた。

 



 

カリックスも全てを思い出したようです。

過去の彼はセアに操られていたようですね。

それは魅惑の毒ででしょうか?

悪女なのにママになりました【122話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 今回は122話をまとめま...
【悪女なのにママになりました】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女なのにママになりました】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【結婚商売】まとめ こんにちは、ツバサです。 【結婚商売】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...